田母神の核保有発言にメディアの鈍感さ

2009.8.7    大西五郎(CBC-OB)     



  7日の朝日新聞によりますと、日本は侵略国家ではないという論文を発表して解任された田母神元空幕長が、こともあろうに広島原爆の日の6日、広島で講演し、日本は核武装すべきだと述べたということです。
アサガオ   講演は日本会議広島が主催し、タイトルは「ヒロシマの平和を疑う!」でしたが、田母神元空幕長はオバマ米大統領を支持し共に核廃絶に取り組むとした秋葉広島市長の平和宣言を「夢物語」と批判。「核兵器を持っているかどうかで国際政治(で)の発言力は天と地ほど違う。日本が大国として生きていくなら核武装を追求すべきだと思う」などと述べたということです。
   原爆の日の広島での田母神氏の講演は遠慮してほしいと被爆者から主催者に日程変更を求められていましたが、日本会議広島はあえてこの日に講演会を実施しました。
   日本会議は保守派の政治運動団体で、憲法改定、靖国神社への首相参拝、女系天皇への道を開く皇室典範改正反対などを唱え、麻生首相、安倍元首相、中川昭一前財務相らが役員に名を連ねています。
   田母神講演の内容は核廃絶を望み、平和国家であることを念願する国民の願いを真っ向から否定するもので、もっと大きく取上げて警鐘を鳴らすべき事柄にもかかわらず、朝日新聞の報道は、第ニ社会面に一段見出しでわずか22行の目立たない記事でした。
   朝日新聞のほかは(名古屋で配達されている)毎日も中日もこのことは報道していませんでした。勿論読売も勿論です。
   田母神氏が被爆者の延期要請を蹴って講演するというのですから、メディアは講演内容を注視すべきだったと思います。私にはメディアの鈍感さが歯がゆくてなりませんでした。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ