田母神の広島講演会に関連して

2009.8.15    井土真杉 (SF-OB)     



  退職金7千万円の田母神某が、こともあろうに広島の平和記念式典のすぐそばで核武装を主張する講演会を開いたというニュースは大いに癪に障るものでしたが、彼の講演会に関してひとつ興味深いことがわかりましたので紹介します。
蓮の花
  彼は6月中旬、三重県尾鷲市で「日本がいい国だったと言って何が悪い」と題する講演をおこない、地元紙によれば約700人が聞いたとあります。
  内容はいつもの調子で「私は日本がいい国だったと言ったら、大臣から日本はろくでもない国だったといわれて公職を追放された。」「いまの日本は言論の自由がなく、集団自衛権や核武装の発言もできない」といったもので新味はないのですが、いま尾鷲でこんな催しを主催するのは一体だれかということに興味がわきました。
  記事では環境保全団体「紀州の環境を守る会」(枡田恭典代表)の主催と書いてあるけど一向に聞いたことのない団体。そこでインターネットで調べてみますと枡田という人物は浄化槽の仕事を営むかたわら(?)、大日本神風会という右翼団体の代表者であること、街宣車2台を所有して他の多数の右翼団体とともに各地で街宣パレードなどを繰り広げていることがわかりました。さらに尾鷲だけでなく、沖縄など日本の各地で田母神講演会を主催していることも。
睡蓮   右翼だからといって講演会をやってはいけない理屈はありませんが、いま出版や講演でたいへん忙しいとされる田母神氏のバックはこの辺だということを知ることは大事ではないでしょうか。
   秋葉広島市長の平和宣言では、「オバマジョリティ」という言葉を使って、核廃絶勢力が世界で「多数派」であることが強調されました。ただ少数派も「実力」的には強力で侮れないということを痛感させられます。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ