竹内行夫最高裁判事に不信任を!

2009.8.23    佐藤隆三 (THK-OB)     



  私宛にCBC−OBの阿部富五郎さんから、「元外務事務次官で現最高裁の竹内行夫判事に国民審査で×印を」というアピールをして欲しいとメールが資料とともに送られてきました。以下はその資料を基に作った竹内最高裁判事の国民審査で不信任をお勧めする文章です。是非お読み下さい。



政府による司法への介入


  昨年10月21日、麻生内閣は竹内行夫元外務事務次官を最高裁の裁判官に任命しました。 アサガオ 竹内行夫氏は、インドネシア大使などを歴任後、2002年から2006年まで外務事務次官を務めた人物です。
   小泉政権がイラク戦争を支持し、イラク派兵を進めたときの外務事務次官であり、イラク戦争支持の日本政府に抗議した天木直人元レバノン大使をクビにした人物です。
   また、2004年4月、イラクで日本人3名が武装勢力によって誘拐されたとき、「安全、生命の問題ということになりますと自己責任の原則を自覚して、自らの安全を自らで守ることを改めて考えて頂きたい。」と言った外務事務次官でもある。

   イラク派兵については、2008年4月17日、名古屋高等裁判所において違憲判決が下され、昨年末には航空自衛隊もイラクから撤退しています。
   竹内氏はまさに、憲法違反と断罪されたイラク派兵を進めた行政のトップだった人物です。
   そのような人物を、違憲判決が出た直後に憲法の番人たる最高裁の判事にすえるということは、政府による司法への介入であり、平和憲法への「挑戦」そのものです。その先には明文改憲も視野に入っています。このような人事を絶対に許してはなりません。
釣鐘草   そもそも、行政組織のトップだった人物が司法府のトップになること自体、三権分立から許されることではありません。

   外務省から過去に6名(栗山茂元駐ベルギー大使、下田武三元駐米大使、藤崎萬里元駐タイ大使、高島益郎元駐ソ大使、中島敏次郎元駐中国大使、福田博元駐マレーシア大使)が最高裁裁判官になっています。

(「ETV2001 〜女性国際戦犯法廷〜 」の不当改変事件を審理した最高裁の裁判長、横尾和子氏もアイルランド大使を務めていますが、本籍は厚労省・社保庁です)



  これまで、外務事務次官経験者で最高裁判事となったのは下田武三氏ただ一人です。
薔薇   下田氏は、青年法律家協会系の裁判官を排除した石田和外最高裁長官の「司法反動」を支えるために最高裁に送り込まれた人物で、最高裁判事任官直後に「裁判官は体制を批判してはならない」と「体制絶対擁護発言」を堂々と行った人物です。
  公務員の労働基本権の制約を正当化した全農林警職法事件判決で、多数意見に賛同。全逓名古屋中郵事件では労働者を弾圧する内容の少数意見を示しています。他にも、いわゆる尊属殺人罪規定違憲判決について、裁判官15人中ただ一人合憲の反対意見を出しています。
   極端な「体制擁護」の立場が批判され、1972年の国民審査において不信任率が15.17%となっています。これはこれまで最高の不信任率です。
   今回の最高裁人事は平和憲法破壊を目的に、竹内氏を「第二の下田」として送り込む「新たな司法反動シフト」と見るべきではないでしょうか。



竹内行夫判事に×印運動を!


1.国民投票で×印を!


  近く衆議院選挙が行われます。その投票の際に、竹内行夫裁判官に対する「国民審査」が行われます。
   投票会場で裁判官の名前が書かれている用紙を渡されますが、信任の場合は白票のまま、不信任の場合はその不信任の裁判官の名前に×印を書き込んで投票することになっています。
   ここで、是非、一人でも多くの方に、竹内裁判官に「×」を記して欲しいと願っています。この不信任率は選挙区毎にはっきり数字となって出てきます。
   もし、下田武三氏を超える「過去最高」の「不信任率」となれば、竹内裁判官の発言力も低下するでしょう。



2.公選法上の縛りはありません


  選挙運動については、公選法上の厳しい制限があります。
   しかし、最高裁判事に対する国民審査に関しては縛りがありません。ですから、事前運動も可能ですし、衆議院の選挙期間中でも自由に街宣やビラ配りなども出来ます。
   投票日の投票会場前でも、最高裁裁判官国民審査に関する街宣行動であれば、道交法にならない限り自由に出来ます。
   遠慮なく各自自由にビラを作り、全国で大いに宣伝し、拡げ、平和への意志を国民審査で示しましょう。



3.アピールの仕方はそれぞれ自由に


「平和への意志を」ということでも、「平和憲法を守るために」ということでも、或いは「三権分立に反する」という点でも良いと思います。 「対米盲従の小泉外交を支えた張本人へ批判」という点でも良いと思います。 いろいろな観点があると思いますので、それぞれの取り組み方で、分かりやすい、伝わりやすいものを作ってどんどん拡げていって欲しいと思います。 不信任率は数値に出ますので、成果もはっきりと分かります。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ