琉球朝日放送制作の「狙われた海」が
10日早朝NBNから放送されます。

2009.9.30    大西五郎 (CBC-OB)     



  琉球朝日放送制作の「狙われた海」が10日早朝NBNから放送されます。憲法九条を踏みにじるような事態が起きていることに理解を深めるため視聴を呼びかけます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

テレメンタリー・琉球朝日放送制作

「狙われた海〜沖縄・大浦湾 幻の軍港計画50年〜」

http://www.qab.co.jp/nerawaretaumi/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


あらすじ


  沖縄本島北部の大浦湾。有数のサンゴの群落もある豊かな海にひしめく生き物たち。 それを糧に生きる海人。その営みを50年越しのアメリカ軍の軍港計画が飲み込もうとしている。
   1962年、米軍が突然、大浦湾を爆破するという事件が起きた。
   「サンゴの浅瀬を爆破して軍港にするのか」と漁師らは直感し、反対に立ち上がったという知られざる歴史があった。
ホトトギス   さらに69年にも爆破が再開し、当時の新聞記者は、原子力潜水艦も寄港できる一大軍港計画があると見抜く。そして1966年に作られた詳細な「大浦湾の軍港計画」がアメリカ軍の資料で明らかになる。
   しかもその計画が現在進行中の「普天間基地代替施設」として、名護市辺野古に造られようとしている新たな基地のベースになったことを示唆するメールも入手。アメリカが50年前から狙っていた軍港を、今度は日本の税金で作るという実態。
   番組では、基地負担軽減をうたった米軍再編の欺瞞とともに、当時立ち上がった老漁師と、あれから50年、基地経済のなかにからめとられて行く現代の漁師たちとを対比させながら、日米の安全保障の犠牲になる地域に必死に生きている人々の心情を描き出す。


  名古屋テレビでは 10月10日 (土)06:00〜06:30の放送です。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ



コスモス