「週間空輸実績」を黒塗りで隠していたもの

2009.10.10    佐藤隆三 (THK-OB)     



  政権が代わるとはこういうことかと喜びを感じたのが、それまで黒塗りで開示されていた航空自衛隊C130輸送機のイラクでの「週間空輸実績」の全面開示でした。
キンモクセイの花
   新聞などの報道によれば、北沢俊美防衛相名で「現時点で不開示とする理由がない」として、9月24日付の決定書とともに、請求者の岐阜県大垣市の近藤ゆり子さんや「赤旗」記者などに開示されたものです。
   新聞で報道されたものから、航空自衛隊のイラクでの空輸活動の実態を明るみに出す歴史の解明の一歩として、ホームページに記録しておきたいと思いまとめてみました。

   「イラクでの活動を開始した2004年3月3日から、最後の空輸となった昨年12月12日までの全記録によれば、空輸人数は総計約4万5000人。このうち米軍・米軍属が約63%を占めます。次いで多いのがイラク南部サマワで活動していた陸上自衛隊員をはじめ、自衛隊・防衛省関係者で約26%。復興支援を担う国連職員の空輸は全体の約6%にとどまっています。」という記事がイラクでの空自の活動のすべてを示しています。

   この全期間のうち、前半の陸上自衛隊がサマワにいた2006年7月までとその後では、空自C130輸送機が運ぶものの性格が変わっていきます。その辺のところを 『自衛隊海外派遣が呼び込む憲法9条の液状化』という講演で、東京新聞編集委員の半田滋さんが述べたくだりを引用します。
紅葉したナナカマド  「当時アメリカからブーツ・オン・ザ・グラウンド、つまり陸上自衛隊を派遣しろという命令が来ていました。テロ特措法の時にはショー・ザ・フラッグですね。海上自衛隊を派遣しろというふうにアメリカに命令をされてイエス・サーと云って出してきたわけです。だから、ここで出さないという選択肢はない。それなら何をするかで、結局たどり着いたのが人道復興支援です。これなら憲法の制約もないだろうということで活動していたわけです。
   イラクにいた陸上自衛隊の活動は私も1ヶ月ぐらいサマワの宿営地近くにいましたから実際に見ています。政府の云うところの人道復興支援です。これは間違いないんです。
   それは何かっていうと例えば近くに川があったんですが、そこから水を汲み上げて濾過した水を住民に配る。或いは壊れた建物を修復して提供する。特に地域医療センター、いわゆる診療所ですね、診療所の建物が壊れていたのを直して提供しました。また、サマワ総合病院という日本のODAで丸紅が作った病院があるんですが、そこでお医者さんや看護師さんを指導する医療指導。この3つの活動やりましたから陸上自衛隊がやったのは人道復興支援なわけです。
   当時航空自衛隊は陸上自衛隊の交替する人や物を運んでいました。だから航空自衛隊も人道復興支援だったんです。
   ところが、2006年の7月に陸上自衛隊600人全員が帰ったので運ぶものがなくなってしまった。
  それまでずっと防衛省で計画を練っていたのは陸上自衛隊、航空自衛隊の同時撤収でした。ところが、帰るよって言ったらアメリカにダメって云われ、それで航空自衛隊だけは残ったわけです。
コスモス    航空自衛隊はその後、運ぶ物として米軍を運ぶわけです。米兵を運んでバグダッドまで行く。国連の人たちも運ぶけれども、その中身としては1割ぐらい。2万人以上の米兵を運んでいたわけです。運ばれた米兵が武装してバグダッド或いはファルージャに行って、戦闘行為をやると云うのは正に武力行使との一体化で、これは憲法に違反するということが名古屋高裁から認定されました。」という講演でした。今回「週間空輸実績」が開示されたことで、その事実が裏付けられました。

   2006年7月以降に空自C130輸送機が運んだ124週分が今回開示されました。それを中日新聞の報道でたどると、運航日数は467日あり、うち218日、47%が激しい戦闘が行われているバグダッド空輸に充てられました。空輸した人数は2万6384人。そのうち米軍は1万7650人で67%を占め、ほかに、オーストラリア軍が866人、韓国軍138人、ポーランド軍58人など多国籍軍も含めると、兵士が71%になります。一方、国連職員は2564人で10%にとどまりました。ほかに日本の外務省も搭乗しています。
   陸自がサマワにいた2006年7月までの約29ヶ月で、空自C130に搭乗した米軍関係者は7千人程度に過ぎません。それが7月以降の18ヶ月だけで米軍兵士が1万7650名に増えます。
   中日新聞が「週間空輸実績」によって調べたところによると、空自C130輸送機はクウェートのアリ・アルサレム基地を拠点に、月曜日にバグダッドを経由してイラク北部のアルビルへ行く国連のための定期便があり、ほかに週1日から3日、イラク南部のアリ基地へも飛行した。
キンモクセイの花    大半の便に米兵が搭乗。バグダッドや隣接するファルージャで武装勢力と戦っていた陸軍のほか海軍、空軍、海兵隊も利用しました。
   米軍物資の空輸も2回あります。イラク特措法に基づく実施要項には「武器・弾薬の輸送はしない」と明記されていますが、「米軍貨物」「米軍木箱」と記録されただけで、中身は不明です。
   また、オーストラリア軍、韓国軍が撤収した後の2008年3月、バグダッド便は月曜から水曜までの3日間に増えます。国連空輸ゼロが続くなか、米兵は毎週2百人前後も搭乗し、終盤は米兵の大量輸送が常態化したと中日新聞は報じています。

   政権が代わったことや多くの方の努力のおかげで、黒塗りの「週間空輸実績」から墨が取れて隠されていたものが見えてきた。それは、人道復興支援を装って戦争に荷担していた日本の姿でした。航空自衛隊のイラクでの空輸活動は、とくに、陸自のサマワからの撤収以降は、イラクの人たちの復興支援とは無縁の、対イラク軍事作戦への荷担であり、米軍に追随した自公政権による惨めな日本の姿でした。


C130輸送機



こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ