科学者と憲法9条

2009.10.13    坪井龍雄 (CBC-OB)     



  中日新聞(8月14日)の「あの人に迫る 戦争をさせない9条は日本の宝」と、雑誌「世界」7月号の「科学者と憲法9条」、いずれもノーベル賞受賞者益川敏英先生へのインタービュー記事です。すでにお読みになった方も多いことと思いますが、私は大変強い感銘をうけました。なかでも次の文です。以下「世界」の記事から一部転載します。
ナナカマド
戦争のない社会という展望
益川   私は「これから200年たったら戦争はなくなる」と言っています。いろんな人から「本気か」と言われますが、もちろん本気です。50年前のアメリカは本当に野蛮で、人種差別によって多くの黒人が殺されていきました。しかし60年の公民権運動を経て、今や黒人の大統領が誕生しています。奴隷制は姿を消しました。かつて地球の至るところにあった植民地も表面上は存在しなくなりました。かつてアメリカの裏庭と言われたラテンアメリカでは自主的な政治を行なう政府が多数派になっています。
   もちろん、まだまだ多くの問題があることは事実です。しかし、これまでの100年間に進歩がなかったとは誰も言えないでしょう。これからの100年でもそれなりの進歩があると思います。いつでもゆり戻しはあると思いますよ。変革を恐れる勢力は値切ろうとします。そうやって右に行ったり左に行ったりしながらも、人類はここまで進んできたんです。
   私は、人間に対して思い入れがあります。個々の人間をみると実に嫌な面もありますが(笑)、人間という存在そのものは非常に素晴らしいと思います。    以上
ムラサキシキブ
   あの超難解な問題を解明された頭脳の先生のお話には、重みを感じます。私は同感です。
   実は、10年ほど前、私はある会のある議論の場で「最近のアメリカの社会の状況をみていると人種差別などで大きな変化がみられる」と発言しました。 そのとき「それは全然甘いよ」と一斉に強い反発を買ったことがあります。でもそのとき程なく黒人大統領が誕生するということは予想できませんでした。

   ところで先日、放送の中で、9条改正、日本は核武装すべきだと声高に言う人がいて唖然としました。まったく油断できない現状であります。9条を守る会の運動の強化発展がもとめられるときです。
   憲法公布63周年記念 11.3県民のつどい(名大豊田講堂)で益川敏英先生の記念講演が予定されていますが、今年2月に同じ豊田講堂でノーベル賞受賞記念名古屋大学レクチャーという催しがありました。宇宙と物質の根源「対称性の破れ」のかなたに、というタイトルでした。益川、小林先生のお話を直接聞きたいと予約をとりました。当日時間的に余裕をみて行った積もりでしたが、満席で最後尾の列の席に辛うじて座ることが出来ました。大変大きな講堂で階段状で後部はぐっと高くなっているので、先生たちのお姿はなんとか遠くから拝見できましたが、もっと前の席がとれたらと少々不満が残りました。
   講演終了後、会場をあとにしようとしていたとき、急ぎ足で移動する人の集団にぶつかりそうになりました。吃驚しました。肩が触れるぐらいのごく至近距離のところを益川、小林先生が通り過ぎていかれました。すぐ近くの会場でのNHKの子供番組の収録に向かわれるとのことでした。
皇帝ダリア
   ところで、いまインターネットで、授賞直後ストックホルム大学での益川先生の記念講演を視聴することができます。この場での日本語での講演は大変珍しいことだと思います。
   37分のかなり長時間のもので、素粒子の理論など難しい話もありますが、興味深いエピソードがいくつか紹介されています。先生は名古屋生まれですが、その生い立ち、お父さんのことなど。京都大学に移られてから、ノーベル賞授賞の対象となった研究に没頭されていたころ、労働組合の書記長を勤められていました。当時職員の解雇事件があり、そのため午前中は、小林先生との議論、午後は労働組合の仕事という生活を送られていたそうです。またあの研究の成果の重大なヒントがひらめいたのは、家で入浴して出るときだったとの話もあります。興味のある方は次のところをアクセスしてください。

http://nobelprize.org/mediaplayer/index.php?id=1064

11月3日豊田講堂に出掛けるつもりでいます。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ