NHK「世界遺産への招待状」が伝えた
9条の心を示したバルト3国「人間の鎖」

2009.10.27    大西五郎 (CBC-OB)     



 NHKの「世界遺産への招待状 ― リトアニア 十字架への思い」(10月26日22時綜合)を見て、武力に頼らず、3国を貫く600`にも及ぶ「人間の鎖」で独立の意志を表明し、世界に支援を訴えたバルト3国の人々の戦いに感動しました。
皇帝ダリア  番組ではリトアニアの首都ビリニュスの歴史地区、16〜18世紀に栄えたビリニュスは、数多くの聖堂が立ち並び、さまざまな建築様式をまとめて見ることができることを紹介しました。その中でも有名なのが「夜明けの門」にある金色の聖母像で、人々に奇跡の力があると信じられているそうです。
 ついで「十字架の丘」を紹介しました。リトアニアは13世紀にリトアニア大公国が誕生しますが、14世紀にポーランドと合同します。しかし1795年第三次ポーランド分割によってロシア帝国に併合されます。ロシアに対して独立を求めて蜂起しますが弾圧され、その時の犠牲者を慰霊するために巡礼地のシャウレイに十字架が建てられました。その後勢力を伸ばしたドイツの支配下に入りますが、第二次大戦中の1040年にはソビエト連邦に併合されます。この時に多くの若者がシベリアに連行されいわゆるシベリア開発に従事させられますが、多くの犠牲者を出し、「十字架の丘」には十字架が増えていきます。人々は丘に行き、十字架を捧げることで自分たちの祖国への忠誠心と圧制者に対する抵抗を示しました。ソ連は3度にわたってブルドーザーで十字架を撤去しましたが、すぐに元に戻されたそうです。 ムラサキシキブ 今は願い事を託して十字架を立てる人や小さな十字架を大きな十字架に結びつける人もあれば、結婚の報告に丘を訪れて十字架を立て、幸福な未来を祈る習慣も生まれました。そのため十字架の数は5万本を上回るといわれています。
 番組はその後1989年8月23日に行われた「人間の鎖」の運動を紹介しました。当時ソ連の支配下にあったバルト3国(北からエストニア・ラトビア・リトアニア)の人たちが独立運動として「バルトの道」と呼ばれた3国を貫く道に手を繋ぎ合って並びました。8月23日は独ソ不可侵条約が結ばれ、秘密議定書で本人たちの承諾もなく3国のソ連併合が取り決められた日に当たります。
   バルト3国の人たちは3国を貫く道路の端に並び、手を繋いで600`以上にわたって「人間の鎖」を完成させました。これに参加した人はエストニア人70万人、ラトビア人50万人、リトアニア人100万人の合計220万人と言われます。人々は武力に訴えることなく、弾圧をおそれながらも勇気をもって静かに民族の独立の意思を世界に向けてアピールしたのです。
 これがきっかけとなって、3国の独立が実現したのです。まさに九条の心を実行したのです。今年の8月23日にリトニアの人たちはかつての「鎖の道」に集まり、「人間の鎖20周年」を祝いましたが、人々の手に握られていたのが3つの国の国旗でした。3国の人たちが力を併せて独立をかちとったことを示していました。
この経過を画面でみて、強い感動を得ましたので、皆様に報告させていただきます。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ