放送の使命を忘れゆくNHKを
元ディレクターが小説で告発

2009.12.15    大西五郎 (CBC-OB)     



 私の友人で、作家・脚本家(NHK「中学生日記」など)の竹内日出男さんが、このほど角川学芸出版から「夜景 1974」という小説を出版しました。
南天の実    1974年というのは田中角栄首相が金脈問題で辞任に追い込まれ、一方企業爆弾テロ事件が頻発した年でもありますが、放送の世界でも1960年代の後半から70年代にかけていわゆる「合理化問題」が吹き荒れ、放送の質よりも視聴率が重視されて、ジャーナリズム性を失っていく時代でした。
   竹内さんはNHKでラジオドラマのディレクター、途中からテレビの演出に変わりましたが、当時のNHKでは社会的に問題になりそうな番組は避けるという風潮が強まり、「ありきたりの番組つくり」が主流のなっていく傾向がありました。竹内さんはそんなNHKに辞表をだし、脚本家・作家として独立する道を選びました。
   「夜景 1974」の中につぎのような一節があります。
   「たしかにこの放送局は、情報や娯楽の発信基地としての社会的役割を果たしてきた。すぐれた人材もすくなくはなく、ぼく自身も微力で不器用ながら、ここでの仕事の可能性に賭けて入局し、働いてきたのだった。ところが、年々テレビの業務量がふくれあがるにつれ、効率化の名のもとにのさばる管理優先の風潮がぼくたちを搦めとり、仕事をとりまく環境は窮屈になる一方だった。当然、それに背丈を合わせた番組が増え、手間暇のかかる試みはわずかしか認められない。 四季桜 (中略)だが、そういう状態だけが問題なのではなかった。大多数の局員たちがその状況に不満を抱きながらも大勢に従おうとしていることが、いちばんの問題だった。その結果として肥大する無難志向と、番組の均一化に伴う異質なものの排除こそが、なによりおぞましく思えた。」
   NHKのラジオからテレビの仕事に変わった小説の主人公のディレクターが、テレビの中にラジオ的手法を取り込んで新しい番組をつくることを企画したりしますが、当時のNHKの風潮からその企画は無視されます。このディレクターがテレビのように表面的でない(作者の評価です)、心の奥底に触れる番組を企し、内容を構想する過程を通して作者はNHKが前述したような状況に陥っていく様を告発しています。
   放送関係者には是非一読してほしい、そして放送のあり方についての議論を捲き起こしてほしいと思い、紹介しました。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ