九条を持つ日本に課せられた国際貢献

沖野皓一(NHK-OB)



  『日本のわたしたちは、平和がいつまでもつづくことを強く望みます。人と人との関係にはたらくべき気高い理想を深く心にきざみます。わたしたちは、世界の、平和を愛する人びとは、公正で誠実だと信頼することにします。そして、そうすることにより、わたしたちの安全と命をまもろうと決意しました。
(中略)
   日本のわたしたちは、誓います。わたしたちの国の名誉にかけて、この気高い理想と目的を実現するために、あるゆる力をかたむけることを。』
菜の花
   翻訳家の池田香代子さんが英文の日本国憲法をやさしいことばで日本語に訳し戻した憲法前文の一部です。世界の人々は、日本国憲法をこんな文章で理解しているわけです。

   素晴らしいとは思いませんか。
   日本が国際社会で尊敬されるのは、国際貢献という名目で戦争に協力することではなくて、国際紛争の解決には決して武力を使わないという、憲法前文の精神を世界に広げていくことなのです。
  実際すでに世界各地で日本国憲法が『紛争予防装置』として評価され、お隣の韓国をはじめとしてアジアやアメリカにも九条の会が結成されるようになりました。9条の戦争放棄の思想が世界史の流れの中で形作られて来たことを考えれば、9条の精神を世界に広げていくことこそ、9条を持つ日本に課せられた『国際貢献』の筈です。

     9条だけではなく、『国は、生活のあらゆる分野に、社会としての思いやりと、安心と、すこやかさがいきわたり、それがますます充実するように、努力しなければなりません』という25条も素晴らしい条文です。私たちの暮らしに憲法を生かすために、今年ももっともっと憲法について語って行こうと思います。
  子どもや孫の将来の幸せのために。



こえ「目次」に戻る