普天間基地返還で軍事的空白が心配か

2009.12.22    佐藤隆三 (THK-OB)     



 久し振りにNHKの日曜討論を見ました。 すすき チャンネルを切り換えていると普天間基地のことを討論しているのでチャンネルをそのままにして見ることにしました。これまでは「討論」といいながら、お互いに言い尽くす時間が与えられず、言いっぱなしの消化不良番組だからほとんど見ませんでした。それが「政権交代」後はときどき気にするようになりました。

 今日は、政党関係者は出ず、大学教授が3人。そのうち1人は自衛隊から政治の世界に入りその後、大学教授に転身した人です。外に、北朝鮮の拉致問題で小泉内閣の時に活躍した元外交官でした。
 途中から見ただけですが、すべての人が日米同盟絶対の立場の人で、鳩山内閣が「日米関係を対等なものにする」という公約を掲げたことに対してすら、「対等」とはこれまで不平等だったということが前提だとクレームをつける人がいる始末だ。あげくは、鳩山首相がかつて駐留なき安保を提案し、今は封じていると言うことに対して、社民党や共産党的な体質という批判が出ると、鳩山内閣に肯定的な評価をしていた人も、社民党や共産党的な考えで言っているわけではないと、まるで、社民党や共産党的なものが間違っているかのような討論の雰囲気には驚いてしまった。
四季桜のひとつ、子福桜  自衛隊出の教授は、普天間から米軍が出て行って日本の安全は守れるのかと何度も発言していた。特徴的だったのは、米軍が出て行って、その分日本が軍事力を増強するのならいいが、そうでないなら日本にとってとんでも無いことになると主張していたことだ。
 このことで、思いだすのは、大阪の橋下徹知事が共産党の小谷みすず府議に「小谷議員が核武装論者だということは初めて知った」と暴言を吐いたことです。
 この発言は、橋下知事が沖縄県の米軍普天間基地移設問題で関西空港などでの受け入れを示唆するかのような発言をしていることに対し、小谷府議が「県内、国内のたらいまわしでなく即時撤去が県民大多数の声だ」として発言の撤回を求めたのに対して行ったものです。
 知事は、「撤回はしない」と言明し、「僕らはアメリカの核の傘のなかで守ってもらい、アメリカの原子力潜水艦、原子力空母に守ってもらっている。これをすべて国外に撤去せよということは自分たちで核を持てということだ」と発言した。
南天の実  防衛とは軍事力で日本を守ることだと考えている人には、アメリカが出て行くとその分軍事力の空白が生じる。だから、日本が自力で守るほかないという考え方が根付いているということか。
 しかし、超大国アメリカと軍事費でいうと世界5位の日本が「軍事同盟」を結んでいて、普天間基地一つがなくなって軍事空白が出来るというものではあるまい。むしろ、この日米同盟の強さが中国や北朝鮮に脅威を与え、軍備増強を強いていると考えるべきではないか。
 さすがに今日出席した自衛隊出身の大学教授は北朝鮮の脅威は言わなかった。しかし、彼は中国の脅威は誇大に主張していた。しかし、2006年の軍事費でみると、中国は514億ドル、日本は417億ドルで4位と5位にいる。アメリカは5,460億ドルで10倍以上の軍事費を使っているのだ。
 誰が誰を脅しつけているかは明白ではないか。
 それにしても、NHKの政治関係の番組は均衡を欠き、少数者の意見をないがしろにしすぎだ。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ