用心棒代を考える

2009.12.27    佐藤隆三 (THK-OB)     



   新聞を見ると、25日、2010年度政府予算案が閣議決定されたと報じられている。予算総額が92兆2,992億円で過去最大の予算規模だということだ。歳入のうち、税収は37兆3,960億円で、国債発行が44兆3,030億円、埋蔵金と云われる税外収入が10兆6,002億円だ。
サザンカ
  これを一般のサラリーマン家庭に置き換えてみると、亭主の年収は374万円しかないのに、443万円も借金している。親から106万円仕送りしてもらい何とか生活しているようなものだ。借金も苦しいし、こんな給料では生活できないからとベースアップをお願いしても、会社も苦しいのだから、もっと給料を下げたいと云われる始末だ。ところが会社は実際には儲かっているのだ。
   ところで、わが家の家計でいちばん辛いのは借金の返済が206万円もあることだ。443万円借金しても、そのうち、206万円は借金の返済に当てられるので、生活費として使えるのは、半分強の237万円にすぎない。ところがこれだけ払っても借金は増える一方だ。今年度末には年収の24倍にもなる 9,240万円にもなろうとしている。
   こんなメチャクチャな家計なのに、働き盛りの息子に仕事をさせず、不用心だからと家の見回りをさせ、しかも無頼の用心棒まで頼んで48万円使っていると云うのが日本の現状ということになります。

   その用心棒代というか、軍事費の内訳を見ると、総額で4兆7,903億円。自公政権時とほとんど変わっていません。
水仙の花が咲き出した   どんな兵器が予算化されているのでしょう。
   全長248メートル、基準排水量が1万9,500トン、ヘリ9機搭載可能な巨大ヘリ空母である新型護衛艦の建造に1,208億円。ほかに新型戦車13両で187億円、ミサイル防衛のためのパトリオット・PAC3のミサイル本体は買いませんが、その代わりに能力向上のために127億円、通常の防空を担う、役立つがどうか疑問のPAC2部隊のシステム改修に639億円などが計上されています。
   在日米軍への「思いやり」予算は基本的に維持され、普天間基地の移設に関する在日米軍再編関係経費とSACO(沖縄に関する特別行動委員会)関係経費は1,489億円と、今年度より538億円増となっています。

   政権交代しても軍事費が聖域として扱われていることが予算から明白となっています。
   いまにも破綻しそうな家計でこんな用心棒代を払う家庭を想像すると、いかに日本の予算がおかしなものかが浮かんでくるのではないでしょうか。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ