「NHK番組改変事件〜制作者9年目の証言」を刊行

2010.1.14  放送を語る会  小滝 一志 (NHK-OB)     



 2001年1月30日放送、NHK教育TV「ETV2001 シリーズ戦争をどう裁くか 第2回『問われる戦時性暴力』」をめぐる番組改変事件をテーマに、放送を語る会では昨年9月26日シンポジウムを開催しました。
本「NHK番組改変事件」の表紙  事件後8年を経ていたにもかかわらず全国各地から200人を越える方々にご参加いただき盛会で人々の関心の強さが印象的でした。
 昨年3月に相次いでNHKを退職した事件の当事者、永田浩三(当時チーフプロデューサー)、長井暁(当時デスク)両氏が出席して証言、NHK裁判原告VAWW−NETジャパン西野瑠美子氏も議論に加わり熱気溢れた集会になりました。
 その後、集会のまとめをかもがわ出版から刊行する計画が持ち上がり、1月下旬、「NHK番組改変事件〜制作者9年目の証言」として、発売に漕ぎつけたところです。
 番組改変事件については、中川昭一、伊東律子氏などの重要な関係者が相次いで世を去り、NHKも全く検証番組を制作する意図のない今日、真相を少しでも明らかにするとともに多くのメディア関係者に事件を伝えていければと願って出版いたしました。
 よろしくお願い致します。



番組制作者が勇気をもって証言


「放送を語る会」編
「NHK番組改変事件〜制作者9年目の証言」(かもがわ出版)
      A5判 96頁 1050円

<目次>
  はじめに
  第一部 そのとき何が起こったのか
     番組担当プロデューサー・デスク9年目の証言
  第二部 討論「番組改変事件」から何を学ぶか
  事件は終わっていない(松田 浩)



「事件」は終わっていない!


 九年前にNHKが放送した一本の番組(「問われる戦時性暴力」)をめぐって、いまだに議論が続いている。いわゆる「NHK番組改変事件」である。今回、当時の制作担当者(プロデューサーとデスク)の勇気ある証言によって、番組が政治家の圧力で歪められたという、NHKの根幹にかかわる事態が明らかにされた。NHKは依然としてその事実を否定し続けているが、事件は日本のジャーナリズムの現在を鋭く問い続けている



(放送を語る会へ注文されれば著者割引840円+送料。 5部以上送料無料です。 団体、機関でのまとまった注文大歓迎です)

・ 発注先メールアドレス kkotaki@h4.dion.ne.jp 放送を語る会
・ 発注先FAX 048−257−3490 放送を語る会




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ