日本を、世界を変えることが出来るか
が問われる年です

2010.1.25  沖野皓一 (NHK-OB)     



 明けましおめでとうございます。 ロウバイ いよいよ国会で憲法についての審議が始められる年、それを控えて参議院選挙が行われる年です。
  『変化』の掛け声で政権が変わり、政治に対する期待が高まったと思ったら、これまでと変わらない「政治と金」の問題が、連日マスコミを騒がせています。この有様に嫌気をさして、政治に対する絶望感が蔓延するとしたらどんな結果が私たちを待ち構えているか、歴史は戦前の政治過程の中に、恐ろしい教訓を示しています。

 二年前、ガンで亡くなったジャーナリストの筑紫哲也さんの「若き友人たちへ」のラスト・メッセージ(集英社新書)が、多くの人たちに読まれています。そこで今回はその紹介を兼ねて、この一年の最初に考えたいことを、お伝えしようと思います。タイトルは「若き友人たちへ」ですが、私たち「日本人」全体に伝えたいこと、ととらえて良いのではないか、と思われるからです。
 筑紫さんはニュースキャスターという忙しい仕事の傍ら、大学で講座を持たれ、学期末の締めくくりに「手紙」を書いて提出するよう求めていました。宛先は自由です。未だ出会っていない将来の恋人に向かって書く人。やはりいちばん多いのは両親など肉親ですが、意外に多いのがおじいちゃん、あばあちゃん。そして親しい友人、筑紫さんでした。
水仙の花
 筑紫さんは、学生たちに書かせた責任を果たすために、「これから『夢』を見たり、この社会を担っていくことになる、若い未知の友人であるあなたへ」手紙を書くことにします。テーマは若者論。
  「ジャーナリストという仕事は一言で表すと『お節介』業であり、自分がしてきたのは、『力を持った者が、その力に任せてやろうとすることや、世の中の大多数の人たちがどっとひとつの方向に向かおうとした時など、そうするとこういうマイナス、危険があるかもしれませんよ、と言い立てる』『心配性のジャーナリズム』」だと定義します。
  そして、「このままだと、この国は相当ひどいことになりそうなのです。そういうことにしたのは主として大人の責任であり、あなたのせいではありません。しかし、その『負の債務』を被らなくてはならないのは次の世代、つまりあなたたちだし、やがてあなたがこの国、社会を担う主役になるのはアッと言う間です。でも、その話は私が『手紙』を書こうとする大きな前提ではあっても主題ではありません。主題はあなたです。
福寿草  あなたは何を考えなくてはならないか。あなたは何をやらねばならないか。あなたは何をやってはならないのか。そういうことについての私の『お節介』が主題と言ってよいかもしれません。昨年(2007年)五月、肺癌を発病していなかったら、ノー天気な私がそんなことを思い立つことはなかったかもしれません。(略)有限の生のなかで、せめてやっておくべきことは何なのか、を考えさせてくれます。
  『近ごろの若い者は…』と大人たちがあげつらっていることのほとんどは的外れか、しばしば逆ではないかと私は思っています。私が心配なのは、にもかかわらず、『近ごろの若い者』があまりにも優しくてナイーブなために、そういう評価にふり回され、自分を見失いかねないことです。こういう世の中を次の世代に引き渡さねばならない者の、最低限の『世代責任』として、伝えたいことを伝える――それがこの『手紙』を思い立った理由です。」
 第一章まず憲法について話してみよう 第十一章そして、この国の行方は… と続きます。



この文章は沖野さんが東海学園大学九条の会ニュースに載せたものを、本人の了解のもとに転載したものです。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ