普天間基地問題 赤嶺議員の質問

2010.2.1  佐藤隆三 (THK-OB)     



 1月22日の衆院予算委員会で赤嶺政賢議員(日本共産党)が行った沖縄米軍基地問題に関する質問は、深い感動を呼び、基地問題の教科書ともなるものでした。そこで、ご覧になっていない方のために沖縄の基地の過酷な歴史の部分を以下にご紹介します。




銃剣で殴り土地を奪ってできた沖縄の基地


菜の花

 沖縄は、先の大戦で国内で唯一住民を巻き込んだ地上戦を体験しました。米軍が上陸し、住民が収容所に強制的に収容され、戦争がまだ終わらないときに、軍用地、民有地を問わず接収して、米軍基地を建設をしました。住民が収容所から帰ってきたら、鉄条網が張られ、自分たちの土地が基地に変えられていたわけです。

 普天間基地がつくられた場所には、民家も、役所も、郵便局も、墓地も、そして沖縄でいうサーターヤーですね、サトウキビを搾って黒糖をつくる製造所、そういうのも、普天間基地のなかにありました。米軍占領のもとで、そういうすべてのものを奪ってつくったのが米軍基地なのです。
 それだけではありません。サンフランシスコ条約が締結された1951年以降、米軍は銃剣とブルドーザーによって、抵抗する住民を強制的に排除して基地をさらに拡張いたしました。

ブーゲンビレア  私は、那覇市の飛行場の近くの小禄(おろく)の生まれです。そこに、具志という地域があります。その具志地域では、サンフランシスコ講和条約が発効したかしなかったかという時期に、米軍が水道タンクをつくってやるという理由で、8000坪の土地を奪いました。実際に設置されたのは、水道タンクではなく、米軍のガソリンタンクでした。土がかぶせられ、芝が植えられ、こんもりした緑の丘に見せかけたそのガソリンタンクの丘に抱かれるように少年時代をすごしました。
 住民をだまし討ちにして、ガソリンタンクをつくった後に、米軍は大勢の武装米兵、そして装甲車、トラックで押し寄せ、土地取り上げに反対して座り込む住民を銃剣で殴り、軍靴でけり、頭から毛布をかぶせて、片っ端から追放していきました。こういう土地強奪によって、米軍基地は拡張されたのです。
 1カ所ではありません。宜野湾市の伊佐浜や、伊江島や、県下各地で銃剣とブルドーザーによる基地の拡張が強行されました。

 こういう土地の強奪というのは、当時の国際法にも違反する行為であります。最低限守るべき基準を定めたハーグ陸戦法規は、占領下における略奪や私有財産の没収を禁止しています。
 ですから普天間基地は、生まれながらにして、国際法違反の基地なのです。

ロウバイ  こうしてつくられた米軍基地によって、戦後65年間、県民は耐え難い苦しみを背負わされてきました。戦闘機の墜落、爆音、演習による原野火災、流弾、米兵による殺人、暴行など、基地あるがゆえに起こるさまざまの被害や、そして沖縄に生まれ育ったものにとっては生涯忘れることのできない多くの悲劇を経験してきました。

 私が小学校に入学した年には、由美子ちゃん事件という、6歳の少女が米兵に拉致され、嘉手納基地内で暴行された揚げ句に殺され、米軍のゴミ捨て場に捨てられるという痛ましい事件が起こりました。
 さらに小学校6年のときには、当時の石川市・宮森小学校に嘉手納基地の戦闘機が墜落しました。パイロットは脱出装置で逃げる一方、機体は学校に突っ込んで、児童を含む17名が死亡し、多数の負傷者を出しました。
 高校の入学の前には、青信号のときに横断歩道を渡っていた中学生の国場(こくば)君、いまでも名前を忘れることはできません。その国場君が、米兵の車両にひき殺されながら、犯人の米兵は軍法会議で無罪になり、何のとがめも受けずに、本国に帰りました。
 大学に入学したら、ベトナム戦争に出撃のために飛び立ったB52爆撃機が嘉手納基地の滑走路の端に墜落をいたしました。
サザンカ  米軍による直接占領下、事件、事故は繰り返され、県民は虫けらのように扱われてきました。普天間基地だけが例外的に無法に取り上げられて基地を形成したわけではないんです。こういうやり方で沖縄全体の米軍基地がつくり上げられてきた、こういう事件が繰り返されてきた、そして、県民は共通の、忘れられない悲劇をいま胸に秘めながら、基地問題を考えているのです。

 米軍は圧政下のもと、米軍の統治、民政がいかに県民に役立つものであるかと宣伝していました。米軍が出していた雑誌、『守礼の光』のなかには、「極東の平和と安全保障を考えるのであれば、沖縄県民は日本に復帰することなど考えてはいけない」、このように書いてあるんです。こういう雑誌によって、祖国に帰ることさえ安全保障の名前で、われわれは押さえつけられてきたんです。

 きょう私は、当時学生(旧東京教育大学)時代に私自身が使っていたパスポートを持ってまいりました。このパスポートの中にですね、「琉球住民 赤嶺政賢は、日本へ旅行するものであることを証明する」「琉球列島高等弁務官」、このように書いております。
 大学の授業が始まって、故郷の沖縄から東京へ戻るときには、「日本国への帰国を証する」。日本国への帰国だったんです。東京から故郷へ戻るときは「日本国からの出国を証する」。つまり沖縄は外国だったんですね。米国の施政下にありますから。

 この私にパスポートを発行した琉球列島高等弁務官というのはどういう立場の人かといいますと、琉球列島米国民政府の最高責任者で絶大な権力をもって県民に君臨をしておりました。当時、琉球立法院という、県議会のような議会がありました。定例日の開会日にだけ正面玄関が開くんです。何のためか。この高等弁務官が沖縄県民にメッセージを送るために。そして沖縄県民から選ばれた琉球立法院の議員は高等弁務官のメッセージを聞かなければいけない。
 その神聖な県民の代表である立法院で、米軍の高等弁務官のメッセージという行動をやめさせるために、沖縄県民は激しいたたかいをやりました。「県民の上に君臨するな」というたたかいでありました。すべては軍事が優先されていたんです。高等弁務官は現役の軍人であり、アメリカ本国の国防総省から任命されていたんです。だから県民は軍事優先の無権利状態でした。



復帰しても基地の現実は変わらなかった


 そして1972年、沖縄県が祖国に復帰をいたしました。
 平和憲法がある日本に復帰を果たしたら、当然米軍基地はなくなる、少なくとも米軍基地は縮小される、このように思っていました。ところが、基地の島、沖縄の現実は何も変わらなかったわけです。憲法の上に安保があったからです。ですから、あの米軍の直接占領下に起きたようなことがいまでも繰り返されている。

シロモジの芽  95年に、米軍による少女暴行事件が起きました。そのときに沖縄県民はあの由美子ちゃん事件を思い出していたんです。04年に沖縄国際大学にヘリが墜落しました。そのときに沖縄県民は宮森小学校への戦闘機墜落事件を思い起こしていました。
 こんな不条理なことが復帰後のいまでも繰り返されている。
 復帰のときに政府は沖縄県民に、「いまからは沖縄の米軍基地も安保条約のもとに置かれますから、日本の防衛のために使われるんですから、アメリカの勝手な基地の使い方は改善されると思います。当然、基地も整理・縮小します」といって、71年の沖縄国会では沖縄の基地の整理・縮小決議もあげたんです。そういう期待も持っていたんです。
 ところが日米安保優先の自公政権のもとで、県民の声は押しつぶされてまいりました。県民の声にこたえる政治ではありませんでした。政権は交代したんです。そして、政権が代わったいまだからこそ、政府の当初の約束どおり、米軍基地の縮小・撤去、ここに取り組むべきではありませんか。

95年の県民大会で、当時、普天間高校3年生だった仲村清子さんは次のように訴えています。

梅の花  「このような痛ましい事件が起こったことで、沖縄は全国に訴えかけています。決してあきらめてはいけないと思います。私たちがここであきらめてしまうことは、次の悲しい出来事を生み出してしまうからです。いつまでも米兵におびえ、事故におびえ、危機にさらされながら生活を続けていくのは私はいやです。未来の自分の子どもたちにもこんな生活はさせたくありません。私たち子ども、女性に犠牲を強いるのはもうやめてください」「若い世代に新しい沖縄をスタートさせてほしい。沖縄を本当の意味で平和な島にしてほしいと願います。そのために私も一歩一歩行動していきたい。私たちに静かな沖縄を返してください。軍隊のない悲劇のない平和な島を返してください」
 これは95年の少女暴行事件に抗議して、8万5千人の県民が立ち上がった大会会場での訴えです。原点は、「基地のない静かな沖縄を返してほしい」であり、そこから普天間基地問題が大きな世論になっていったんです。

 普天間基地は、沖縄県宜野湾市にあるアメリカ海兵隊の航空基地です。市のど真ん中に位置し、市民はその周辺を取り囲むようにして生活することを余儀なくされています。米軍ヘリや空中給油機、戦闘機が日常的にその上空を旋回し、訓練を行っており、危険極まりない基地です。
ブーゲンビレア  一方、辺野古はジュゴンがすみ、その餌である海草(うみくさ)、藻場が広がり、世界最大規模のサンゴ群落や貴重な動植物の発見が相次ぐなど、沖縄の自然環境保全指針でもランク1に位置づけられた地域であり、美ら海(ちゅらうみ)であります。

 沖縄復帰のときに、基地を減らしますと日本政府は約束したんです。復帰後も減ってなくてこういう事件が繰り返されているんです。返還をしますといったが「移設」先を探さなければいけないといって、この13年間、負担は何も軽減していないんです。今までの自公政権がやってきた同じ失敗を民主党政権も繰り返すんですか。鳩山総理が野党のころに、沖縄の基地の現状を私と一緒に見て、その結論として本会議場で、「代替施設なき返還」を求めた。この立場に立つことを繰り返し私は訴えたいと思います。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ