慰安婦講演会と「保守団体」

2010.4.17  加藤 剛 (CBC-OB)     



 「保守団体抗議で中止/名古屋・慰安婦講演会の会場」 こんな見出しの記事が4月16日朝日新聞朝刊の社会面で報道された。

カタクリの花

カタクリの花

講演会は韓国在住のもと慰安婦の女性を招いて証言を聞こうというもので、新日本婦人の会愛知県本部が主催して4月17日名古屋市中区の桜花会館で開かれる予定だった。

 ところが今月10日保守系団体メンバーを名乗る10人ほどが会館を訪れ「なぜ開催を認めたのか」と詰問し「やめさせろ」と要求、その後も別のメンバーが訪れ、会館職員に「自決するか、会場使用を断るか」と迫ったという。会館側は当日結婚式も予定されており混乱が懸念されるとして主催者(新婦人)にその旨を伝えた。このため新婦人は「慰安婦の生の声を静かな環境で聞きたい」という思いからやむなく会場キャンセルを決断、別の会場で講演会を開くという。

 言論や集会の自由は憲法で保障されているが、日教組の教研集会のように右翼の抗議行動で言論・集会の自由が踏みにじられることもよくある。 カタクリの花 今回も教研集会と同様の妨害である。韓国からのお客さんを招くだけに「妨害を乗り越えての強行開催」は難しい。私は「保守系団体」の妨害に断固抗議する。そして、別会場での講演会の成功を期待する。

 ところでそれに先立つ3月21日真宗大谷派名古屋別院(東別院)で開かれていた平和展の会場に「愛国クラブ」を名乗る数人がハンドマイクを持って押しかけ平和展のリーダーの僧侶が中国の博物館に南京大虐殺の資料16点を寄贈したことに抗議し、その後もしつこく抗議の電話を続けている。ひょっとすると関連があるかも知れない。

 いまひとつ気になるのは朝日新聞の記事が「保守系団体」とあるだけで団体名が伏せられていることである。団体名(代表者名)という形ではっきり書くのが普通だ。それに「保守団体」という表現もいただけない。自民党や今度出来た「立ち上がれ日本」も保守系団体ではないか。右翼や極右と一緒にされては自民党なども困るのではないか。「右翼団体」と書かずに「保守団体」と書いた。どこで線を引いたのか。それとも「右翼」と知りながらあえて「保守」としたのか。色々と考えてしまう。団体名が書かれていればすっきりするのに・・・




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ