『中日春秋』の鋭い指摘

2010.4.28  大西五郎 (CBC-OB)     



 中日新聞(一面)に『中日春秋』というコラムがあります。4月28日の『中日春秋』は、今焦点となっている沖縄・普天間飛行場の移転問題を取上げていましたが、他の新聞にはない視点で論じていました。 多くの人が読み過ごしていると思いますので、紹介したいと思います。



<4月28日『中日春秋』>


藤の花

 多分、交渉ごとで最も重要なのは、正しい交渉相手と交渉する、ということだ。米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相はそこを誤った気がする▼首相は先に衆院選で、日米合意を見直すにつき、新たな移転先は「国外、少なくとも県外」と言った。そもそもこの後段、「少なくとも県外」が余分だったかもしれない▼妙な合意修正案を含め、沖縄はもちろん、「県内」ノーだ。首相の「腹案」とも目された「県外」候補、鹿児島県・徳之島も明確にノー。各地の人々の怒りは、政権に向かっている▼すっかり"国内問題"になってしまったが、政府にとって、この問題の本来の交渉相手は米国のはずだ。しかも、三月の世論調査によれば、移転先として最多の回答は「国外」なのである▼米国は猛反発しようが、あの後段がなく、端から「国外」に的を絞っていれば、政府は少なくとも本来の「日本対米国」の構図で、世論の後押しも受けた交渉ができただろう。まだ遅くない、かどうか微妙だが、妙案がない以上、今からでも「国外」で腹をくくってはどうか▼かりそめにも国民が決断した歴史的政権交代で最初に誕生した首相だ。"国内問題"に終始し、肝心の米国には、国民の本音ひとつ言えぬまま詰め腹を切らされることになってはいかにも惨めではないか。鳩山さんが、ではない。われわれ国民が、である。

 私は、かねてからアメリカ軍の現在の日本駐留の状況は日米安保条約の規定(条文)をはみ出し、憲法第9条に違反(アメリカと一緒になって戦争行為)していると指摘してきました。しかし日本のマスコミは「アメリカがどう思うか」ということばかりに焦点を当てた報道をしてきました。そうした中で、この『中日春秋』は一つの見識を示していると思います。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ