中国軍事力増大と「抑止力」論

2010.4.29  大西五郎 (CBC-OB)     



 「最近中国が軍事力(国防費)を増大している。日本の安全保障にとって脅威だ。」という論調がメディアで一斉に報じられた。先日(4月13日)も、北沢防衛相が「キロ級潜水艦2隻を含む中国海軍の艦船10隻が、沖縄本島と宮古島の間の公海を南下した」と発表した。 ツツジ 毎日新聞の記事によると、防衛省が潜水艦が浮上したまま航行するのを視認したのは初めてで、中国海軍の活動の活発化を示しているということで、北沢防衛相は「今までになかった事態。よく調べて対応を検討したい」と述べたという。
 これに関連した毎日新聞の18日の記事は「(潜水艦は)浮上航行し、誇示するように赤い中国国旗をなびかせていた・・・外洋で潜行する潜水艦が姿を見せるのはきわめて異例・・・『庭先』で中国の海軍力増強を見せつけられた」と報じていた。

 ところで毎日新聞はこの4月から、曜日ごとに決った専門編集委員が担当するコラムをスタートさせた。「火論」「水説」「木語」「金言」という具合である。木曜日(木語)は中国問題に詳しい金子秀敏専門編集委員が担当している。29日の木語は「沈まぬ潜水艦」でこの問題を解説していた。
 それによると、「艦隊は、東シナ海から宮古水道を抜け太平洋に出ると、そのまま直進し、沖ノ鳥島周辺に達した。そこで演習をして、同じルートで帰投した。 ニセアカシア (中略)宮古水道は日本の排他的水域だが、中央部は領海ではない。どの国の船舶も自由に航行できる公海である。たとえ領海でも、すべての船舶は『無害航行』の権利がある。ただし潜水艦だけは『領海においては、海面上を航行し、かつ、その旗を掲げなければならない』(国連海洋法条約第20条)というルールがある。潜水艦が浮上して国旗を立てるのは無害通航のサインである。無害通航の条件を守っている外国船舶が領海に入ったとしても、沿岸国は『無害通航を妨害してはならない』(同24条)のだ。」つまり「浮上航行し、誇示するように赤い中国国旗をなびかせていた」としても「日本への示威」と受け取る必要はないのである。普天間飛行場の移転問題で、「米軍は国外へ」論があるのに対して、中国の軍事力増強を日本に対する脅威だとして「米軍がそれへの抑止力になる。日本に駐留する必要がある」との主張を強めている勢力があるが、国際法の関係をもっと冷静に見つめる必要があると思う。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ