沖縄返還交渉の米代表証言(NHKスペシャル)

米の外交的勝利は在沖縄基地の自由使用

2010.6.25  大西五郎 (CBC-OB)     



 今月(6月)19日の夜、NHKスペシャル「密使 若泉敬 沖縄返還の代償」というドキュメンタリー番組を視ました。

アガパンサス

アガパンサス

 沖縄返還に当たって佐藤栄作首相の密使としてアメリカと秘密交渉に当たったのが京都産業大学の若泉敬教授でした。この交渉で、沖縄返還にあたりアメリカは沖縄から核兵器を撤去することに合意しましたが、「有事の場合には核の再持込を日本は認める」という密約が交わされました。そして
米軍基地はそのまま残ることになりました。
 若泉教授は、沖縄返還の代償として結んだ密約が、結果として基地の固定化につながったことに苦悩し、「他策ナカリシヲ信ゼント欲ス」と秘密交渉の経過と密約を明らかにする著書を残して自殺しました。

 番組は、これまで明らかにされなかった秘密資料や関係者の証言から密約が結ばれた過程を明らかにしましたが、私がこの番組を見ていて一番気になったのは、若泉教授の交渉相手だったモートン・ヘルペリンというアメリカ国家安全保障会議のスタッフが交渉を振り返って「アメリカの外交的勝利は、アメリカの世界戦略のために、沖縄の基地を自由に使えることにしたことだ」と語ったことです。
睡蓮  日本では、有事の際の核再持込の密約が大きな問題とされていますが、アメリカはそれよりも、沖縄の基地を自由に使えることになったことにより大きな意義を見出しています。
 この密約が、アメリカがベトナム戦争で沖縄を出撃基地として使い、沖縄を基地としてイラク、アフガニスタンでの戦闘を行なう根拠になっていることが、アメリカの交渉の当事者の口から明らかになったのです。
 沖縄に米軍が駐留していることは、日本の安全を脅かす勢力に対する抑止力ではなく、憲法9条に違反する集団的自衛権の発動を日本に強いているのです。
 NHKスペシャルはよく真相を突き止める取材をしたと思いますが、それならば、モートン・ヘルペリンの証言が明らかになった時点で、ニュースとして伝えるべきではなかったかという疑問も残りました。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ