ネット時代に報道はどう生き残るか?

2010.7.4  坪井龍雄 (CBC-OB)     



 7月1日夜、NHK BS hi の「プレミアム8<人物>未来への提言▽ワシントン・ポスト副社長 レナード・ダウニー」を視ました。次のような内容です。

蓮の花  アメリカで今、新聞やテレビといった既存メディアが、読者や視聴者、広告収入をインターネットに奪われ、経営難に陥るケースが相次いでいます。こうした中、 米有力紙ワシントン・ポストの副社長でジャーナリストのレナード・ダウニー氏は、岐路に立つ報道の現状を調査し、論文「米ジャーナリズムの再建」を発表。ジャーナリズムがネット時代にどこに向かうのか、その活路と可能性を聞くというものです。聞き手は、作家で映画監督の森達也さんです。

 2003年アメリカがイラク戦争に突入したころ、私はワシントンポストなどメディアは、この戦争をどう捉えているのか興味があり、ワシントンポストの電子版を申し込みました。以来、今日までずっと毎日配信があります。毎日2、3通多いときには数通の配信があります。内容は写真、動画を含め質量ともなかなか充実したもので、これがなんと無料のサービスとは驚きでした。

 ただ私の英語の読解力が貧しく、大半が読めないでいるのが実態で残念です。いまとくに印象に残っているのは、2004年イラクのアブグレーグ刑務所での虐待事件、2007年アメリカ大統領選の予備選の過熱ぶりなどがあります。

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ

 この番組のなかで、レナード・ダウニー氏は「イラク戦開戦時の判断ミスはジャーナリストとして最大の失敗」と深く反省していると、その経緯を述べています。

 番組は、レナード・ダウニー氏と森達也氏とのインタビューを中心に構成されていますが、森氏が日本語で話し、裏で同時通訳され、これにダウニー氏が英語で応え、編集時に日本語に吹替えられています。最近この種の外国人とのインタビュー番組をよく目にし、その多くでは言葉の壁は巧みに処理されていますが、この番組はこの点でもとくに良くできていると思いました。裏で通訳に当たった人のその高い能力には感嘆します。

 レナード・ダウニー氏の提唱するジャーナリズムの未来は、柔軟かつ大胆なもので、殆どの部分で理解し、共感できるものです。アメリカと日本では、環境が異なりますが、大いに参考にすべき内容だと思いました。
 7月8日(木)12時30分から13時45分 NHK BS hi で再放送されます。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ