基地問題と日本のメディア

2010.8.7  坪井龍雄 (CBC-OB)     



先日、図書館である文章に眼がとまりました。一読するとそれは私がこのところ強く思い続けていたこととピッタリ一致する内容でした。
そこで、これをそのまま転載させていただきます。




基地問題と日本のメディア

保本龍一


 普天間海兵隊基地の移転先問題は、ますます混迷しているようである。
ひまわり  辺野古か、それ以外の沖縄県内か、沖縄以外の国内か。マスコミの報道で知る限り、鳩山内閣のこの問題にたいする無定見さと米国にたいする弱腰が目につく。民主党の性格からして予測はしていたが、そのことは別に論ずることとして、私はこの基地問題でどうしても納得できないことが一つある。
 それは米国追従しかアタマにない政府や官僚は埒外としても、メディアまでが代替基地探しのニュースをタレ流すのみ、そこには米軍基地の存在について根底から考えてみようという姿勢がみられないことだ。
 米軍への基地提供は条約や法律で規定されていることだから、と言えばそれまでのことだが、そのレールに乗っては、メディアとしての職務を放棄してしまったに等しい。あまつさえ米国の要求を呑まないと日米関係が悪化するかのような論調に至っては論外であろうと思う。
 多くの国民が死地に追いやられた先の大戦では、大新聞がなんの批判もなく戦争を容認、協力して、終戦後自己批判を余儀なくされたが、今回の基地問題に対するメディアの態度はそれに近いような気がする。
 今更述べるまでもなく、日本国内に存在する米軍基地を根拠づけているのは日米安保条約であるが、その条約が発効して以来、日本が他国から侵略を受けそうになって駐留米軍が出動したというケースがあったであろうか。あったのであればその証を挙げてもらいたいのだが、わたしの記憶しているのは、ベトナム、朝鮮、湾岸、イラクなどの各戦争において、沖縄をはじめ日本の基地が米軍の出撃に利用されたことである。
ひまわりの群生  安保条約や米軍基地を容認する人たちは、一つ覚えのごとく「抑止力」を挙げるが、過去の冷戦時代はいざしらず、平和というものは決して力の対決ではかちとれるものではないことは歴史が証明していることに思いを馳せるべきであると思う。
 また、米軍基地建設のために土地を強制的に奪われ、日夜の轟音、さらには米兵による暴行、強姦、殺人、交通事故など、沖縄の人々は長年にわたって多大の被害を受けているが、それほど「抑止力」は大事なのだろうか。「抑止力」という金科玉条の為に、いったい何人の日本人がかけがえのない命を奪われてきたことか。
 日本には世界に先駆けた平和憲法があるが、この立場に立つならば、いかに商業メディアと言えども、基地問題の根源にまで肉薄し、国民に問題提起すべきであろう。隔靴掻痒の報道はもうウンザリである。

(和歌山県有田郡・68歳・庭師)



 これは、雑誌「世界」5月号「読者談話室」への投稿文です。筆者の主張には、強く共感します。「抑止力」それは、冷戦期の古臭いゲーム理論からつくられた言葉かもしれませんが、戦後65年を経過し、いま世界の構造は政治的にも、経済的にも、文化的にも大きく変動しています。さらに未来は、より速いピッチで激動が予想されます。10年先、20年先は、想像することもできません。そんななかで、米国に従属した「抑止力」にしがみついていて良いのでしょうか? いま殆どのメディアは、そのことに触れていません。さらにいま焦点である沖縄の人々の深刻な苦悩について正確な報道がされていません。沖縄に真正面から向き合い真摯に取組んでほしいと願います。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ