韓国海軍の軍艦が北朝鮮の魚雷で
撃沈されたというのは本当ですか

2010.8.11  佐藤隆三 (THK-OB)     



 韓国の民主的新聞「ハンギョレ新聞」7月27日付けのネットニュースによると、韓国海軍の天安艦が沈没した原因について、 クマゼミ ロシアの調査団は「艦船が海岸と隣接した水深の浅い海域を航行し、偶然にプロペラが網に絡み、水深の深い海域へ抜け出す間に艦船下部が機雷アンテナに触れ、起爆装置を作動させ爆発が起きた」と推定した、と伝えています。

 報告書は詳細に原因を分析していますが、ここではそれを省略します。問題は、このことが日本のマスコミではあまり報じられていないように思われることです。私はそれほど熱心に新聞を読んだり、テレビを見ているわけではないので、ひょっとしたら私の勘違いかもしれません。しかし、このような重大なニュース、ロシア調査団の報告は誰にも判るように報じる責任がマスコミにはあるのではないでしょうか。

 民主党鳩山内閣が沖縄の普天間基地の県外移設先探しをしているときにこの事件は起こりました。最初は事故扱いの記事がいつの間にか北朝鮮の潜水艦による魚雷攻撃に変わっていき、新聞、テレビを賑わしました。その影響もあって、鳩山首相は普天間の最低でも県外移設という公約を投げ捨て、抑止力のために辺野古への移設を決断したと思われます。
 だから、もし、ハンギョレ新聞が報じたように天安艦の沈没原因が韓国の機雷によるものであるのならば、その後のマスコミ報道はアメリカの情報操作に乗ったと云わざるを得ないのではないではないでしょうか。
睡蓮  ここでは、ロシア調査団の見解が正しいかどうかは問題ではありません。アメリカや韓国の調査を大々的に報じたのですから、それに反する見解にも十分な報道が保障されることが大切だと云っているのです。

 ハンギョレ新聞はロシア調査団の見解として以下のように伝えています。
 韓国海軍の天安艦を沈没させた「決定的証拠」として出された「1番魚雷」と関連して「提示された魚雷の破片は北韓で製作されたものであるかもしれないが、インクで書かれた表示は一般的な標準 (位置、表記方法) に合わない」として「1番」表示に疑問を提起した。調査団は続けて 「提示された魚雷の破片を肉眼で分析してみる時、破片が6ヶ月以上、水中にあったと見られる」という意見を出した。

 つまり、重大証拠は6ヶ月も前から海水に曝されていたということで、なぜこれが天安艦沈没の魚雷なのかという疑問なのです。
 これほど報道価値のあるものが、なぜ日本のマスコミでは大きく報道されないのでしょう。


 詳しくはここをクリックして「ハンギョレサランバン」をご覧下さい。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ