無    戦  

水谷芳孝(NHK-OB)



  第2次世界大戦の話を学校で教わり、両親に「なぜ戦争反対が出来なかったの?」と聞くと「昔の教育ではお上に逆らえない」との返事に、「僕はそんな時代が来たら戦争反対を叫ぶ!」と宣言しました。
シナマンサクの花   憲法九条のおかげで、日本は戦争の出来ない国だと、油断していました。
   改憲に必要な国会議員の三分の二以上というハードルも揺らぎ、国民投票法が成立した今、選挙権を十八歳にするために、成人年齢を引き下げる姑息な手段で、戦争体験のない若年層を増やして、国民投票の過半数を狙っています。
   戦争を知らない若い人の心に響く護憲運動を探してインターネットを検索すると、福井県の若狭高校の生徒の優秀賞の表題が「無戦世代」でした。
   日常の平和学習は実感が湧かないが、修学旅行で沖縄のガマに入ったら自分の身に迫って来た。更に学校で見た白黒の戦争記録は関係の薄い歴史の彼方の出来事と思ったが、平和記念館でのカラーフィルムでは朝のニュースを見るようで身近に感じたと書いています。
水仙の花   無戦主義は田中正造(1841-1913)が最初に提案しています。これを知ったのは今年司馬遼太郎賞を受けた山室信一京都大学教授の「憲法九条の思想水脈(朝日選書)」からです。
   この本の中に田中正造の足尾鉱毒問題解決と軍備撤廃論無戦主義があり、どちらも言論の力で断固闘うと書いてあります。
   ドキュメンタリー映画「赤貧洗うがごとき」――田中正造と野に叫ぶ人々――が昨年作られて「日本の青空」のように各地の上映委員会方式により全国で鑑賞されています。

   無戦主義で戦争を無くし、無戦世代の戦争を知らない子供たちを!  放送は無線、携帯も無線、無線に感謝して、「無戦」を勧めませんか?



こえ「目次」に戻る