8月15日 各紙の社説

2010.8.27  坪井龍雄 (CBC-OB)     



 図書館で、ときどき備付の主要新聞6紙をパラパラと目を通すことがあり、各紙の特徴、傾向を興味深く見ていました。とくに9.11、アメリカのアフガン侵攻、イラク戦争開戦の時期には、よく見ていました。
アサガオ  先日、あるホームページで、全国紙と殆どの地方紙(全41社)の8月15日の社説を纏めて簡単に読めるものがあることを見つけました。8月15日ということで各社それぞれ特別な思いで書かれたものと期待し、興味をもち読んでみました。
 その感想ですが、全国紙については、その主張は冷ややかな傍観者ともとれる印象をもちました。地方紙の中には、戦争の悲惨さ、平和の尊さ、憲法9条の重みについて熱く訴える社がいくつかあり、共感するところが多くありました。なかでも中日新聞の社説は、目を引くものでした。見落としている方もみえるようなので、以下ここに転載します。



(中日新聞 2010.08.15)


社説・歴史は沖縄から変わる  終戦の日に考える



 鳩山由紀夫前首相を退陣させた普天間基地問題は、沖縄の戦後がなお終わっていないことを告げる事件でした。歴史は沖縄から変えねばなりません。

 「米国に依存しつづける安全保障、これから五十年、百年続けていいとは思わない」。前首相の辞任演説。同感なのですが、いったいこの米国依存の体質はどこからきたのでしょうか。
 その疑問に答えてくれたのが岩波現代文庫の「昭和天皇・マッカーサー会見」に収められた豊下楢彦関西学院大学法学部教授の論考で、意外なことに「昭和天皇」というのが回答でした。



昭和天皇の至上課題


 昭和天皇研究は平成になって飛躍的に発展したとされます。「昭和天皇独白録」や元宮内庁長官の「富田メモ」など重要資料の発見が相次いだからです。膨大な未解明資料を解読した豊下教授の研究は従来の昭和天皇像、戦後史観を根底から覆します。
 敗戦で昭和天皇が直面したのは言うまでもなく戦犯としての訴追と憲法改正による天皇制消滅の危機でした。マッカーサー元帥の協力で極東軍事裁判を切り抜け、新憲法で象徴となった天皇が直面した次なる危機が共産主義の脅威。昭和天皇にとり日本を守ることと天皇制を守ることは同義でした。
 非武装が日本の最大の安全保障とする理想主義のマッカーサーに対して昭和天皇はリアリストでした。憲法九条や機能不全の国際連合では日本を守れず、米軍依拠の天皇制防衛の結論に至ったといいます。
 かくして、「米軍駐留の安全保障体制の構築」が昭和天皇の至上課題となり、象徴天皇になって以降も、なりふり構わぬ「天皇外交」が展開されたというのが豊下説の核心部です。
 例えば一九四七年九月、宮内省御用掛寺崎英成を通じてマッカーサーの政治顧問シーボルトに伝えられた有名な天皇の沖縄メッセージは「米国による琉球諸島の軍事占領の継続を望む」「米国による沖縄占領は共産主義の影響を懸念する日本国民の賛同も得られる」などの内容。沖縄の戦後の運命が決定付けられてしまったかもしれません。



安保下の新たな国体


 51年締結の安保条約については、吉田茂首相が米国務省顧問のダレスの再軍備要求を断固拒否、軽武装・経済第一の戦後路線を敷いたというのが通説ですが、ダレスの要求は米軍の基地自由使用権だった。その要請は天皇によって満たされたといいます。
 豊下教授は、もう一つの戦後史・安保体制という新たな「国体」を描き出しますが、独立国をめざす気概が存在した当時の外務省、もし天皇外交がなければ日本外交は選択肢の幅を広げ、より柔軟なダイナミズムを発揮し得たと想像します。安保の呪縛(じゅばく)は戦後の日本外交から矜持(きょうじ)も気概も奪いました。
 沖縄返還は72 年5月でした。ここでも基地負担軽減の県民の悲願は達成されませんでした。佐藤栄作首相の密約を交わしてまでもの核抜き・本土並みの返還要求でしたが、米側はしたたか。核をカードに狙いは基地の自由使用。懸念された通り基地の固定化になってしまいました。誠実、誠意が手玉に取られた格好でした。
 佐藤首相の密使として奔走した国際政治学者若泉敬氏は「他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス」の著書を残して96 年7月、自殺しています。「鋭利な刃で五体を剔(えぐ)られるよう」な自責と結果責任からとされます。無念は引き継がれなければなりません。挫折したとはいえ鳩山前首相の普天間基地問題への取り組みと挑戦は未来につながったかもしれません。
 火が付いた沖縄県民の「県外・国外移設」の要求が消えるとは思えません。冷戦構造が残る東アジアで沖縄の戦略的価値が高いとはいえ、海兵隊の移転が抑止力や日米安保崩壊に至るとも思えないからです。この点について本土の理解も深まっています。ベルリンの壁崩壊と時を同じくした平成も22 年。世界は多極化し、対決から共生の時代へ大きく流れを変えようとしています。ゆっくりでも歴史の進歩を信じたいものです。



沖縄のこころ世界に


 沖縄南部の激戦地、糸満市の摩文仁の丘の平和祈念公園内に、95 年に建立された慰霊碑「平和の礎(いしじ)」には20 余万人の犠牲者の名前が刻まれます。
 沖縄県内と県外、日本人ばかりでなく米国、英国、台湾、韓国、北朝鮮の人々の名も。敵も味方もなく等しく犠牲者だという共生の思想。紺碧(こんぺき)に盛り上がる太平洋、沖縄の「平和のこころ」は世界に伝わっていくでしょう。深い哀(かな)しみを知る者たちこそ、深い共感を広げられるでしょうから。

以上 中日新聞社の許諾を得て転載。



 いま沖縄の人と本土の人の間で、普天間基地問題についての認識に大きなギャップがあるようです。「基地問題を日本国民が自分の問題として考えてほしい」 米軍普天間飛行場の国外・県外移設を求める4.25 県民集会で、2人の高校生が切実に求めたことに、わたしたちは応えてはいません。軍事に偏った「日米同盟」と「抑止力」の中身を検証し、「武力によらない平和」に向けた転換を考えるときです。「歴史は沖縄から変わる」この言葉をかみしめたいと思います。



注 全41紙の8月15日社説は 「マスコミ9条の会」のサイトで読めます。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ