8月の終戦特集番組に思う

2010.8.28  沖野皓一 (NHK-OB)     



 連日の猛暑に、何をする気も起きず家にこもりがちだった8月でしたが、15日を中心に放送されたテレビの終戦特集番組を収録、チェックする度に、だらけていてはいけないと、反省させられていました。新聞も例年以上に番組内容や、(これが大事なのですが)放送日時をまとめて紹介するなど、視聴者への呼び掛けをまめに載せていました。
クマゼミ  「『英霊』『笑い』視点工夫 戦争問う番組、若者向け企画も」の3段抜きの見出しで「体験者の証言や新資料に基づく検証番組は、この夏も健在。戦争を知らない世代との接点を見いだそうと、工夫を凝らした企画も目立っている」(8月5日・朝日夕刊)など、写真、番組表も加えた紹介は視聴者にとって役に立つやり方でした。

 個々の番組でも、NHK総合テレビの『15歳の志願兵』(名古屋局制作)は、私の年齢に近い主人公と時代背景だったこともあり、胸をつまらせて見ました。
 太平洋戦争末期の名古屋、旧制中学校愛知一中で決起集会が開かれ、卒業生の配属将校の呼び掛けに、全校生徒700人が志願してしまう。志願しない生徒は卑怯者であり、反対する教師は非国民とされる熱狂の中で、個人の夢や理想は踏みにじられていく。「お国の子供ではない、私の子供です」と抵抗する母親。戦死した友人の母親が息子の日記を読んでほしいと頼み、夢を断ち切って志願した息子の真情を知り、「私に学問があれば、あの子を死なせないですんだのですかね」と嘆く母親に、「学問がなかったのはこの国です」と言い切る主人公。志願しないでくれと言う英語教師の父親に「僕たちは学校で死ねと教わったのです」と反抗する息子。早く大人になって戦争に行くんだ、と無邪気に言い合っていた自分の姿が重なり合って見えました。まさに私たちは学校で「お国のために死ね」と教わりそのことに疑問を持たなかったのです。
アサガオ
 そして、「戦陣訓」の「生きて虜囚の辱めを受けず」という言葉が、「玉砕」という美名に隠された兵隊の命の切り捨てになり、一般市民の集団自決につながっていったことを、NHKスペシャル「玉砕・隠された真実」は明らかにしていきます。「大本営」に代表される国家の意思は、国民の命を守ることではなく天皇を頂点とする「国体」を護持することでした。国民の大部分もそう思わされていました。靖国神社にこだわる人達の多くは今もそう信じているのでしょう。個人の命より国家が大事だと。

 今年の番組はいずれも声高に「反戦・平和」を叫ぶのではなく、時間をかけた調査、聞き取りによって「事実」を検証しようという姿勢と、「爆笑問題の戦争入門」のように世代間の語り伝えに重きを置いていたように思います。
 『15歳の志願兵』の英語教師の苦しみは、戦後の「再び教え子を戦場に送らない」という教師の決意につながり、生きることの大事さを根底に据えた「憲法」につながって行ったことを、あらためて強く感じました。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ