九条の会「秋のアピール行動」に参加してc

2010.10.11  佐藤隆三 (THK-OB)     



 参議院選挙後、改憲を支持する国会議員が増えていますが、目先の政局にとらわれることなく、草の根から九条の会を拡げ、身近にできることから取り組んで行こうと、愛知県下の九条の会は共同で、「まもろう!憲法9条  9条で平和を 10.10秋のアピール行動」に取り組みました。
 以下はそれに参加した私の報告です。

秋のアピール行動の集会風景

 天気予報では今日も昼前までは雨のはずだったが、起きてみると明るい陽射しが眩しいほどだ。
 今日は午後1時半までに若宮広場に行き、九条の会として栄までアピール行進することになっている。
 12時40分ごろ家を出て名鉄バスで若宮広場に行った。会場で最初に会ったのは浅倉さんだった。だが浅倉さんは中区九条の会の列に加わっていた。そのあと、誰も見つけられず、舞台の方を見ていると水谷芳孝さんが声を掛けてくれた。櫛田さんが幟旗を持ちながら大きな段ボール箱に入っているティッシュを小さな袋に小分けしている。だが、参加しているのは他に岩田孝行さんだけだ。こんな小さな袋では全部のティッシュを袋詰めできそうもない。持参したアピタで買い物するときに使う大きなビニール袋を出した。

 大西五郎さんが来ているのを見つけたが、大西さんは本部の取材班なので一緒にテッシュを配ることはできない。東海放送人九条の会はカンパがよく集まるのだが何を企画しても参加者はさびしいかぎりだ。何か運動の進め方に問題があるのだろうか。
 私の手元には水谷さんから貰った小さなビニール袋とアピタの大きな袋に入ったティッシュがある。中区の行列の最前列で横断幕を持っていた浅倉さんに小さなティッシュの袋を渡した。

コスモス  やがて集会が終わってデモ行進が始まった。
 行進は小牧や瀬戸、尾張旭など名古屋市外の九条の会から歩き出し、名古屋市内の九条の会は最後になった。私たちはどこに並べばいいのかはっきりしない。浅倉さんがいる中区九条の会の後ろに入ることにした。  歩き出して間もなく、私は、デモ行進から外れて歩道でテッシュを配っていたがなかなか受け取って貰えない。何しろ、テッシュを配りながら歩道を歩いている人が何人もいるのだ。途中からテッシュを配るのを止めた。栄に着いてから配ることにしてデモ行進の列に加わった。  行進は警察の誘導のもとで粛々と進む。「もっと前に詰めて下さい」と赤信号のたびに言われる。あいち九条の会の人だろうか、行進の幹事も同じことを言う。昔70年安保のころにやったフランスデモに比べると、実に地味な行列だ。行列が長いわけでもない。シュプレヒコールもない。デモをする意義や目的は何処にあるのだろうと思ってしまう。
 栄のデモ解散場所に着いてもそのあと何をしたらいいのか判らない人たちで歩道は動きの取れない状態になっていた。私は、大きなアピタの買い物袋いっぱいのテッシュを持っていたので、みんなを無視して地下鉄の出入口付近に行った。ここならテッシュの受け取りも少しはいいだろう。なにしろ、この辺りは祭りのような人の多さだ。定年退職後、栄を歩くことはほとんどない。この人の多さは驚きだ。テッシュを受け取る人は10人のうち1人か2人といったところだろうか。なかなかテッシュが減らない。
 そのうちに、東海放送人九条の会の仲間がやってきた。みんな小さな袋に入ったテッシュを配り終えていた。「先に帰ったと思った」と岩田さんが私に言った。私の袋にはまだたくさんのティッシュが残っている。みんなが私の袋からティッシュを取りだして再度配り始めた。そしてやっとティッシュ配りは終わった。
 秋らしい爽やかな一日だった。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ