中国の反日デモと
       戦前の日本の排外運動の姿が重なる

2010.10.27  大西五郎 (CBC-OB)     



 尖閣列島沖での中国漁船と日本の巡視船との衝突(中国漁船が巡視船に体当たりしてきたといわれている)と中国船船長の逮捕をめぐって、 紅葉しだしたナナカマド 中国で反日(抗日)デモが頻発し、一部の地区ではデモ参加者による日系企業に対する破壊活動が行われていると報じられています。
 このデモはインターネットで参加が呼びかけられ、その中心になっているのが学生の組織だと言われています。デモの横断幕に(尖閣列島の)「釣魚島は中国の領土だ」「日本は中国の領土から出ていけ」「日本をやっつけろ」などのスローガンが書かれています。日本の新聞は社説で一斉にこの問題を取上げていますが、「中国が愛国教育を強めており、かつての対戦国(中国人から見ると侵略者)に対する反感が噴出した」と見る一方、「中国では沿海部と内陸部の経済格差が広がっており、また学歴社会になっているが、大学を卒業してもいい仕事に就けないという政府に対する不満が容を変えて噴出したのではないか」という見方で共通していました。
 デモ隊の真意がどこにあるかは今の時点では断定できませんが、排外的なスローガンで民衆の多くが動員されることに、私は戦前の日本の排外主義があの無謀な戦争につながったことと重なって見えて不安を覚えます。

 かつて日本では、日清戦争に勝利して清国から遼東半島や台湾を割譲、賠償金の支払い、通商上の特権の付与を獲得し、 コスモス 朝鮮の独立を清国に約束させましたが(1895年下関条約)、ロシア・フランス・ドイツの三国干渉で遼東半島を清に返還させられました。国民はこれを国辱と受け取りました。特にフランスとドイツに働きかけて三国干渉の中心となったロシアに対する反感を募らせました。ロシアは当時シベリア鉄道の建設を進めており、これが開通すれば中国東北部(当時は満州)や朝鮮に対するロシアの影響力が強まり、日本の脅威になると思われていました。
 日清戦争の後、キリスト教布教に反対する宗教団体の運動に列強の中国進出に反対する民衆の排外運動が結びついて義和団事件(北清事変)が起きますが、列強の軍隊派遣で義和団は消滅させられました。出兵した各国は清国から膨大な賠償金を獲得し、北京の在外公館守護のための駐留(1901年北京議定書)を除いて軍隊を引き揚げましたが、3次に亘って撤兵を約束したロシアが1903年4月の第2次撤兵期限、同10月の第3次撤兵期限になっても軍隊を撤退させませんでした。これに対して日本の国内ではこのままロシアの勝手な行動を放置すれば極東におけるロシアの脅威がますます高まるとして、頭山満らの対外硬同志会などを中心に「ロシア討つべし」論が高まりました。新聞もそれに引き摺られるように「主戦論」に傾いていきます。「万朝報」も当初は「非戦論」でしたが社主の黒岩涙香が「主戦論」に転じました。幸徳秋水や堺利彦らはこれに反対して「万朝報」を退社し、「平民新聞」を発刊して「非戦論」を唱え続けましたが、世論は「主戦論」一色に染まり、やがて日露開戦となりました。

パンパスグラス

パンパスグラス(Pampasgrass)

 日本は日露戦争の結果、ロシアからシベリア鉄道につながる東清鉄道の支線の長春―旅順口間の利権を獲得し、南満州鉄道株式会社を設立し、いわゆる満鉄を経営します。その警護のために関東軍を鉄道沿線に駐留させていましたが、1931年奉天(現在の瀋陽)郊外の柳条湖(溝)付近で南満州鉄道の線路が爆破されました。これは今では関東軍の謀略ということが分っていますが、事件発生と同時に関東軍は中国軍による爆破と発表し、中国軍の兵営を攻撃しました。日本のマスコミは「支那の暴虐」(当時は中国のことを「支那」と呼びました)と報じました。これが発端で満州事変が起きました。
 また、この少し前、中村大尉事件というのも起きました。日本軍参謀の中村大尉が大興安嶺の立ち入り禁止区域に入り込んで調査をしていて中国軍に殺害された事件です。日本軍は殺害犯人を調査しろと要求しましたが、このことが伝えられると、日本国内では中国非難に沸き立ちました。
 さらに、1937年に盧溝橋事件が起きます。義和団事件の処理に関する「北京議定書」で北京への軍隊の駐留権を得て北京郊外に駐留していた日本の「支那駐屯軍」が中国側に通知することなく夜間演習を行いましたが、暗闇の中から発砲があり、日本兵1人の所在が分らなくなりました。(これは後にその兵隊が道に迷ったものとわかり、翌日帰隊しましたが)「支那駐屯軍」は日本兵が犠牲になったと中国軍を攻撃し、日中戦争の原因となりました。
 これらの事件が国内に伝えられると、右翼団体を中心に「暴支膺懲」(暴戻な支那をやっつけて懲らしめよ)の声が挙がり、民衆の間の合言葉にもなりました。丁度世界恐慌が起き、人々が将来への不安を抱いていたこともあって「満蒙権益論」とも結びついて排外思想が高まり、軍部の無謀を許すことになりました。
 排外主義が民衆の間に高まったことが日露戦争や15年戦争の開始へとつながって行ったのだと思っています。そう考えると、今回中国で起きている「排日(抗日)運動」の広がりが平和を脅かすことになる恐れもあると心配なのです。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ