佐藤さんの「声」ききました。

2010.11.23  加藤 剛 (CBC-OB)     



 佐藤さんの「声」ききました。
 社会保障と税金のNHK番組を見ていないので明快な意見を出せませんが、佐藤さんのおっしゃるような番組構成だったとしたら問題ですね。

十和田湖から見た紅葉

十和田湖遊覧船から見た紅葉

 予算の全体像から見て行くなら、防衛関係、基地関係、思いやり予算、大企業減税、公共事業、政党助成などを含めた全体像、それぞれの大枠が予算全体に占める割合、そしてそれが毎年どう変化してきたかのグラフを出さなければならないでしょう。もし、そういうものを聖域扱いとし、社会保障と赤字国債だけを睨んで追いかけるようではアメリカと財界の顔色を見ながらの意図的なキャンペーンと言うことになります。同じNHKなのにETV特集などで健闘している制作陣との間に恐ろしいほどの乖離がありますね。
  そもそも消費税なんて無くても日本は成り立っていたのですよ。導入の大義名分は「直接税を減らして間接税で」と言うことでした。ところが庶民に対する直接税(所得税、住民税)は減るどころか増えている。じゃあ、何が減ったのか?・・その辺りから見ていく必要がありますね。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ