自衛隊広報に協力した番組
          「敵機撃墜」に喜ぶタレント

2011. 3. 7  大西五郎 (CBC-OB)     



 最近見た番組で、憲法無視もここまできたかと思う番組がありました。

デイジー  6日(3月)の夜、NHK・ETV特集「枯葉剤の傷痕を見つめて」という番組を見ました。父親がベトナム戦争の枯葉剤作戦に参加し、戦後生まれた女性が父から受け継いだ枯葉剤による障害で左足に義足をつけ、右手の中指と薬指が欠損するというアメリカ人女性がベトナムを訪ね、二世代、三世代後の子どもにまで枯葉剤を浴びた後遺症が出ていることを知るという番組でした。

 これを見終わって何気なしにチャンネルを回していたらCTVで「PS」という番組をやっていました。浜松出身の元サッカー日本代表で、現在はタレントとして活動している武田修宏がお笑いタレントの高田純次、モンキッキらに浜松市内を案内するという企画でした。私は今のテレビは"旅とグルメとサスペンス"ばかりだと嘆いていますが、この番組もいわゆる「ご当地グルメ」を紹介する番組でした。
 武田修宏が独特のギョウザの店を紹介したあと、「浜松の小学生が遠足で一度は行く場所を紹介しましょう」と言って、一行を連れていったのは航空自衛隊浜松基地でした。基地には広報館があり、館外には戦闘機や地対空ミサイルも展示されていましたが、館内に戦闘機の操縦シュミレーション施設があり、高田純次とモンキッキが前後の座席に分かれて乗り込みました。交互に操縦桿を操作し、前方の画面に操縦席から見た空の様子が映し出されました。やがて「敵機」と想定した飛行機が現れ、機関銃で掃射すると、画面いっぱいに「敵機撃墜」という表示が出ました。二人はそれぞれ「敵機撃墜」に成功し、大喜びしていました。
 そこでは「武力の行使はしない」という憲法第九条は完全に無視されていましたが、武田修宏が言った「浜松の小学生は一度は遠足で訪れる」という説明にも驚きました。そして広報館見学を奨励するような番組の作り方にも疑問を感じました。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ