米国務省日本部長が日本を侮蔑する発言
      なのに新外相は「日米同盟の深化」謳う

2011. 3.10  大西五郎 (CBC-OB)     



    「沖縄県民はゆすりの名人」
        「日本文化はゆすりの手段で合意を形成」


 アメリカ国務省のメア日本部長が、日本へ研修旅行に行く大学生に日本と沖縄について講義した中で、 枝垂れ梅 沖縄県民と日本・日本政府を侮蔑した発言をしたことが問題になっています。メア氏は


◇ 日本の文化は合意に基づく和の文化だ。ここでいう合意とはゆすりで、日本人は合意文化をゆすりの手段に使う。合意を求めるふりをし、できるだけ多くの金を得ようとする。沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ。
◇ 沖縄の主産業は観光だ。農業もあり、ゴーヤーも栽培しているが、他県の栽培量の方が多い。沖縄の人は怠惰で栽培できないからだ。
◇ 日本に行ったら本音と建前に気を付けるように。沖縄の人はいつも普天間飛行場は世界で最も危険な基地だと言うが、彼らは、それが本当でないことを知っている。(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港だって同じように危険だ。
◇ 日本の民主党政権は(普天間飛行場移転の)実施を遅らせているが、私は現行案が実施されると確信している。日本政府は沖縄の知事に対して「もしお金が欲しいならサインしろ」と言う必要がある。ほかに海兵隊を持っていく場所はない。


 といいました(3月9日中日新聞・スコープ)。
 これが問題になるとメア氏は「私の発言が正確に伝わっていない」と言い訳をしましたが、講義を聴いた学生は「5人でメモを付き合わせたので、内容は正確だ」と言っています。



日本政府の反応の鈍さも問題


 日米外務・防衛当局の局長級会談に出席するため来日したキャンベル国務次官補は成田空港で記者団に「メア氏の発言は米政府の政策や米国民の沖縄県民に対する深い感情とは全くかけ離れている。 水仙の花 米国を代表して心から謝罪したい」といいましたが、アメリカ出発前は「報道によって起きた誤解や影響については深く受け止める」と言っていました。この「誤解」が、メア氏の発言を聞いた学生が誤解したということを言っているのか、メア氏が沖縄県民の心を誤解したといっているのかが分かりません。メディアもその点を追求していないのは問題です。
 メア氏は在日アメリカ大使館の勤務が長く、沖縄総領事も勤めた人物ですが、沖縄の人たちは「占領当時と同じ感覚で、日本を従属国と見ている」と怒っており、名護市議会は全員一致で発言の撤回と謝罪を求める決議を行いました。
 前原外務大臣が外国人(在日韓国人)から献金を受けた問題で辞任した直後でしたが、政府は外務大臣臨時代理の枝野官房長官がアメリカのルース大使に遺憾の意を表明しただけで、発言の撤回と謝罪など強く抗議しませんでした。こうした態度がメア氏の発言を生んだ背景だと言えるのではないでしょうか。



     新外務大臣は親米派として知られ、
           集団的自衛権の行使を主張


 前原外相の辞任に伴って外務副大臣だった松本剛明氏が外務大臣に昇格しましたが、松本新大臣は就任の抱負で「日米の同盟深化を進める」と語りました。外務大臣としては、メア氏の発言に見られるアメリカの日本観を正す方が先で、やみくもに「アメリカと一緒に」ではないと思います。
 松本新大臣は、民主党内では外交・安全保障の政策通で知られています。日米同盟を外交の基軸に据え、同盟の深化を積極的に主張する親米派と言われ、専守防衛の見直しや集団的自衛権の解釈を変更し、集団的自衛権の行使の容認を主張しています。



自民党防衛大臣の秘書から民主党議員に


 松本剛明氏は、自民党政権で防衛大臣を務めた松本十郎氏の子息で、秘書をしていました。一度父親の地盤を継いで無所属で衆議院選挙に立候補しましたが自民党の公認候補に敗れ、次の選挙では民主党から立候補して当選しました。
ミツマタ  民主党の国会議員の中には、小沢一郎元代表がそうであるように、自民党の国会議員から民主党に鞍替えした議員が多く、その他にも、小沢処分に反対して農林水産政務官を辞職した松木けんこう議員も元自民党国会議員の秘書です。同様に民主党の会派を離脱し、衆議院本会議での予算案の採決に欠席した16人のグループの結成の記者会見で「私が幹事長を務めます」と誇らしげに宣言した笠原多見子議員(比例東海ブロック)は自民党参議院議員の息女で、自民党の岐阜県会議員でしたが、小沢一郎当時幹事長にスカウトされ、一昨年の衆議院選挙に民主党に鞍替えして立候補し当選しました。
 このように、民主党は自民党との境目がはっきりしないということが言われていますが、新外務大臣が自民党の党是である憲法九条の放棄をするような活動をしないよう見守り、要請していく必要があると思います。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ