名古屋市議選の結果を新聞はどう見たか

2011. 3.15  大西五郎 (CBC-OB)     


減税日本の躍進を"評価" だが「過半数に達せず」

"素人集団"に懸念も 市民のバランス感覚も指摘



 3月13日に投票が行われた名古屋市の出直し市議選の結果は、 開花の早い河津桜 河村市長が主導する減税日本の候補者が28人当選し、市議会第1党になった。しかし、マスコミ各社が注目(期待?)した議会の過半数を占めることはできなかった。
 既成政党は各党議席を減らしたが、中でも民主党が解散前の27議席の第1党から11議席へと大幅の減り、新聞各紙は惨敗と評した。自民、公明、共産の各党は議席を減らしたものの、減税日本の大勝を予想していた新聞の評価としては「よくがんばった」だった。
 開票直後の14日の紙面は「減税躍進」を称えるような記事の調子だったが、1日おいた15日の記事はやや冷静に今後の市議会の運営を考えるようになった。「市長にフリーハンド与えず」という中日新聞の記者座談会が各新聞の見方を代表していた。
 各紙の記事の見出しから「新聞の市議選評価」を見てみよう。(「当選者の顔ぶれ」は各紙共通)



[中日]


14日

素人旋風 踊る「減税」 地域政党に勢い 当選陣営、祝勝は自粛
河村市長「無から有生じた」 「市民の期待」成果アピール
投票率に震災影響 選挙カー来ず、意識薄れ
新風 勢力図変えた 民主、第4党に転落 自共も減 投票率は43・96%
重鎮 明暗分かれる 公明全員当選 馬場さん「感謝でいっぱい」
民主吉田さん「期待にそえず」涙
「既成」不信 前職散る 「民主隠し」効果なく 自民、善戦強調
どうなる市議会運営 反河村派再び攻勢に転じる?
社説「減税日本が躍進 新生議会の仕事とは」
「議論重ねて合意形成を」森 正・愛知学院大教授(政治学)
確定得票 当選マップ(各区当選者の党派別) 選挙区別党派得票数 選挙区別投票率


15日

選挙戦記者座談会 市長にフリーハンド与えず
自公共組織固め徹底 民主普段の活動不足も
1万票超6人に半減 候補者増え票が分散 全候補の得票ランキング
市長会見 出直し市議選を総括 政治の非家業化「信任」 減税協力個人個人に要請
名古屋市総合計画「市議会修正取り消しを」 河村市長きょう提訴
市幹部 議員一新で対応協議



[朝日]


14日

減税日本28議席 第1党 民主惨敗 第4党 民主「本当に苦しい選挙」
減税過半数に届かず 公約実現に他党と協議 有権者変化を期待 バランス感覚
減税日本 主導権 「市長vs議会」新局面に 党派別当選者数
名古屋市議選の得票  選挙区別当選者の党派


15日

減税日本いま一歩 過半数に届かず 知事「喜び半ば」
下がった投票率、自・公・共が底力 民主、複数擁立区で減 党派別得票数



[毎日]


14日

減税日本躍進 庶民革命へ気勢 新人当選者、前回の2倍35人 肩落とす既成政党
河村チルドレン躍進 「素人集団」力量は未知数
最年少の山田氏「票の重み実感」 最高の結果責任感じる 湯川氏が初当選
唯一の前職、則武氏当選
「河村市政をチェックする」自民・横井氏 「一生懸命やってきたが…」民主・吉田氏
名古屋市議選当選者数 投票率12年ぶり上昇 前回3・99ポイント上回る43・96%
「市長に一任せず」昇 秀樹・名城大教授 「議員同士の対話を」児玉克哉・三重大教授
減税の流れ加速へ 財政事情厳しく批判も


15日

「減税日本が提案を」 河村市長議員報酬半減で呼びかけ 暫定予算審議年度内実施へ
減税日本が34・5%得票 民主半減、自民も前回下回る



[読売]


14日

減税日本 第1党 28議席 過半数は届かず
「減税」勢い止まらず 河村市長勝利宣言 組織票なし 低投票率はね返す
惨敗民主「失望感表れ」 自民第2党「統一選へ弾み」 既成政党への不満鮮明
新名古屋市議に期待の声 防災など注文様々 減税・議会改革・暮らし
「批判受け止め改革」自民横井さん
党派別当選者数 投票率43・96% 前回比3・99ポイント増
対立でなく対話を(小山内晃記者)


15日

新名古屋市議に当選証書 「早速減税に」「是々非々で」 各区別当選者数
「第4党」民主に痛手 減税日本躍進国政への影響懸念 既成政党、つのる危機感
3大公約 河村市長、自公と協議へ 減税の実現 不透明



 選挙の途中で、市民税減税恒久化や市議報酬半減・定数削減の河村市長の公約にすり寄る候補者もいた。 サンシュユ 市長はこういう議員を絡め取って新しい議会で市民税減税恒久化を強引に進める構えだが、読売新聞が「防災など注文様々」と市民の間にも「減税して市政に必要な費用をどう賄うのか」と批判的な意見があることや、減税よりも「若者の就職難は深刻で、議員らも対策を提案してほしい」「安心して遊べる公園が少ない。住みやすい地域づくりに取り組んでほしい」「保育所の待機児童をなくしてほしい」などの要求が強いことを紹介していたが、新しい名古屋市議会のニュースで「河村市長(減税日本)対野党勢力の対立」「市民税減税の行方はどうなるのか」という"政局"だけに市民の興味を誘導するのではなく、「市民の要求をどのように汲み上げ、解決しようとするのか」を新しい市会議員に問いかけ、市会議員の動きを見つめ、市民に報告する姿勢を貫いてほしい。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ