福島原発の事故は想定外で起きたのか

2011. 4. 6  坪井龍雄 (CBC-OB)     



 このたびの東日本大震災は、想像を絶する大災害で、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。 桜
 いまから25年ほど前、チェルノブイリ原発事故で、事故発生の第1報を受けたとき、強い恐怖感をもったことを思い出します。
 あれから長い時間を経過しましたが、いまでも現地では、まだ放射能を出していて、その扱いに苦慮しているとのことです。
 ところで、今回の福島原発事故は想定外のことという話もありますが、このような事故発生の可能性を予見しその対応策を強く訴えている人がいたことを知りました。それは、2006年3月1日衆議院予算委員会での吉井英勝議員(日本共産党)の強い訴えでした。その内容の詳細で具体的な提議は、実に的確なものでした。これに対応して対策がとられていたらと悔やまれます。今後原子力問題は、国政の重大な争点となりそうですが、下記HPの一読をお勧めします。
http://www.441-h.com

 本日(4月6日)衆議院経済産業委員会で、原発問題が取り上げられ、インターネットで吉井議員の発言を生中継で視ることができました。その後現在は録画で視ることができます。
「衆議院TV」で検索、そこから順次入っていくことで視ることができますが、次のURLをクリックすると、簡単にアクセスできます。( Internet Explore 以外は 不可?)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40877&media_type=wb&lang=j&spkid=19697&time=02:40:58.8

 いま現在まだまだ予断を許さない状態が続いていますが一日も早く収拾の目途が立つことを願います。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ