フクシマとチェルノブイリと報道姿勢

2011. 6. 6  坂東弘美 (フリーアナ)     



 私の友人に高世仁さんというニュース制作会社の代表をされている方がおります。

宝鐸草(ほうちゃくそう)

宝鐸草(ほうちゃくそう)

 20年前に初めてチェルノブイリに行った時、同行取材してくださった方なのですが(当時は日本電波ニュース)、この 4月7日から12日まで20年ぶりにチェルノブイリを取材され、その一部はフジテレビの「MRサンデー拡大特番」で報道されました。
 その後、代表的な報道番組に売り込みをしたそうですが、「フクシマがまだ終わっていない今、チェルノブイリの話を流せば、『うちの子も甲状腺がんになるのか!』などといたずらに不安を煽ることになりかねない。チェルノブイリは今、かえってやりにくいんですよ」、などと、全部断られたそうです。

 それで意を決して you tube にアップされました。5本立てになっています。
 http://www.youtube.com/user/takase22?feature=mhee#p/u/0/oSa-DtD8gy0

 プロのジャーナリストが取材してテレビなどのマスコミ以外で、このような公開の仕方をするのは、少なくとも日本では非常にまれではないかと、ご本人は言っています。

 震災に関する報道の姿勢には、本当に憤りを感じています。
 甲状腺癌が4〜5年経って増えた時、「何故教えてくれなかったのだ」と、悲嘆にくれる人も出るでしょう。
 何故真実を報道しないのでしょう。
 1人でも2人でも、今ならまだ子どもたちの病、命を救え、手が打てるかも知れないのに。
 多くの方たちに是非ごらん頂きたいと思ってお知らせしました。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ