皆さんにお奨めしたい本

「これでいいのか福島原発事故報道」

各分野の専門家が報道の問題点を指摘

2011. 6.12  大西五郎 (CBC-OB)     



 この欄に「フクシマとチェルノブイリと報道姿勢」を発表された坂東弘美さんも日本のメディアの姿勢を強く批判しておられましたが、 睡蓮 名古屋で行われた北村肇さん(元新聞労連委員長・「週刊金曜日」発行人)の「原発震災 マスメディアの報道を問う」という講演会(5月7日 国民保護法制を考える会主催)や作家・映画監督の森達也さんらによる「検証『原発報道』〜マスメディアの『メルトダウン』」というシンポジウム(5月14日 報道被害者支援ネットワーク・東海主催)は、主催者の予想をはるかに上回る参加者で、椅子が足らず床に座る人も出るほどでした。一般の人たちがメディアの報道にいかに不満と不信を抱いているかということが示されました。
 私も原発報道で東京電力や原子力安全・保安院の「大本営発表」報道が続いたことや、最近は東京電力や政府の対応を批判するようにはなりましたが、原発安全神話を振り撒いて原発政策を推進した「原子力村」への批判が弱く、マスメディアも「安全神話」の一翼を担いだことへの反省が示されないことを不満に思っています。そんな時出遭ったこの本「これでいいのか福島原発報道」は各分野の専門家がメディアの報道を検証し、総合的な問題点の分析とメディアの報道への示唆になっていて、皆さんにお奨めしたいと思いました。

 この本は、共同通信編集局次長・情報システム局長を歴任し、現在は関東学院大学教授の丸山重威さんが編集したもので、元日本原子力研究所員で核・エネルギー問題情報センター事務局長の舘野淳さん、元放射線医学総合研究所主任研究官の崎山比早子さん、元日経新聞論説委員で科学ジャーナリストの塩谷喜雄さん、原発の安全性を求める福島県連絡会副代表の伊東達也さんら編者を含め8人が執筆しています。

 それぞれの筆者のタイトルを紹介しますと、○「想定」されていた原発事故 ○原子力開発における言論抑圧と安全神話の形成 ○低線量被ばく報道はこれでいいのか ○原子力、報道と広報の限りなき同化 ○原発労働者"被曝"の実態 ○「原子力安全キャンペーン」と「がんばろう日本」の仕掛け人 ○「脱原発」の声と運動はどう報道されたのか ○バラ色の原発推進論とメディアの責任、


となっています。また巻末には、「メディアが重視しなかった大切な声明集」として、ノーベル平和賞受賞者による呼びかけ「原子力より再生可能エネルギーを選んでください」や原子力推進科学者による緊急建言、日本学術会議幹事会声明など11の声明が紹介されています。

ガクアジサイ  出版はあけび書房(東京都千代田区九段北1−9−5 пi03)3234−2571)、A5版235頁、¥1,680です。新栄書店で手にはいります。

 編集者の丸山重威さんは、「メディアは何を論じ、何を伝えてこなかったのか、徹底した国民的議論のために、今、大切なことは何かを考えるためにこの本を世に出すことが必要と考えた」と言っておられます。
 メディアの中で仕事をしてきた私たちは、メディアに向けて、後輩たちに向けて、メディアの在るべき姿を問いかける責任があると思います。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ