フランスでもユダヤ人狩りが
行われたことを知っていますか

2011. 7.11  大西五郎 (CBC-OB)     



 「黄色い星の子供たち」という映画の試写を見ました。「黄色い星」というのはユダヤ教あるいはユダヤ人を象徴する正三角形二つを逆に重ねた「ダビデの星」といわれる印のことです。
アメリカディゴ  ナチスによるユダヤ人迫害、アウシュビッツ収容所のガス室などはよく知られていますが、実はフランスでも大勢のユダヤ人がドイツ占領軍の命令で、フランス警察によって拘束され、アウシュビッツに送られて命を奪われたことをこの映画は告発しています。
 映画では、ドイツ占領下のフランスでユダヤ人はユダヤ人であることを示す黄色いダビデの星を衣服につけることが義務付けられていたことを説明します。そして1942年7月にドイツ占領軍がフランス警察にユダヤ人を一斉検挙して収容所に送ることを命じます。占領軍は当初7月14日を指定しますが、その日はフランス革命記念日です。フランス警察はせめてその日は外して欲しいと抵抗します。その結果16日から17日にかけてパリだけでも1万3000人のユダヤ人が検挙され、冬季競輪場に押し込められます。この収容所の環境は劣悪ですが、検挙されたユダヤ人医師(ダビッド・シェインバウム・演ずるのは「おかしなおかしな訪問者」などで知られるジャン・レノ)が一人で診療に当たっていました。そこへ赤十字から一人の看護師アネット・モノ(演ずるのは「パリ」や「オーケストラ」のメラニー・ロラン)が派遣されてきます。アネットは人間として扱われていないユダヤ人を親身になって世話をします。この看護師の目を通してユダヤ人迫害が明らかにされれるのです。
 ユダヤ人たちはやがて別の収容所へ移送され、そこからまた親子が引き裂かれてはじめに親たちが、後に子供もアウシュビッツに送られます。別れ際に少年の母親が「きっと生きるのよ」と諭します。最後の収容所から脱走したこの少年が戦後アネットと再開します。
ひまわり  脚本を書き、監督したのはジャーナリストのローズ・ボッシュで、彼女は3年かけて記録をしらべ、関係者にインタビューしてこの歴史の暗黒部分を世に出し、「こどもたちにもう一度いのちを与えたい」と真実に迫ったといいます。そして最後に「勇敢なフランス市民は1万人のユダヤ人をかくまった」という字幕が出て、映画は終ります。
 この映画を見るまで私はフランスでもユダヤ人狩りが行われたということをしりませんでした。そこで少し勉強してみました。
 1939年6月にドイツがポーランドに侵攻して始まった第二次世界大戦で、フランスは1940年6月にドイツに降伏し、停戦協定を結びました。その結果、パリを含むフランス北部はドイツが占領し、南部はペダン将軍を首班とするビシー政権が統治する形になりました。
 当時フランスにはフランス国籍を持ったユダヤ人、フランスで生まれたユダヤ人、東欧の国からの移民など30万人のユダヤ人がいたといわれます。ドイツ占領地区でもユダヤ人社会が作られ、4分3は企業経営者、医者、公務員など中産階層の人たちが、穏やかに暮していたといいます。その平穏な生活が戦争のために壊されたのです。平和を守ることの必要性を切実に感じました。

 この映画は9月3日から名演小劇場で公開されます。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ