戦争に向き合うNHK、向き合わない民放

2011. 8.10  大西五郎 (CBC-OB)     



 昨夜(といっても午前0時を過ぎていましたから正確には8月10日)NHKの「証言記録 市民たちの戦争 封印された大震災〜愛知・半田〜」という番組を見ました。 ひまわり 昭和19年12月に起きた東南海地震は大きな被害が出たのに新聞でもラジオでも報道されなかったということを知っていたので、そのことだろうと思いましたし、昨年東海放送人九条の会が行った知多半島の戦跡めぐりに参加し、半田市にあった中島飛行機の工場で地震により大勢の動員学徒が亡くなったことを、案内してくださった半田空襲を記録する会の佐藤明夫さんからお聞きしていたので、眠い目をこすりながら番組を見ました。
 番組では、地震で工場が倒壊して犠牲になったのは全国から動員された中学生、高等女学校生徒だったこと。その時の様子を生き残った人の証言で明らかにしました。そして「地震のあったことは故郷に出す手紙にも書いてはいけない」と言われたことが明らかにされました。報道機関にも「被害ノ写真ハ掲載ゼザルヨウ」という通達も出されたことも紹介されました。それは当時航空機の増産に励んでいた日本の生産能力が落ちたことを敵に知られないようにするためだったといいます。しかし番組は地震のあった数日後にはB29が半田市上空を飛んで被害の模様を写真に撮っていたことも伝えました。私が戦跡めぐりで行った半田市の雁宿公園には「殉難学徒慰霊碑」がありました。
 NHKの戦争証言プロジェクトは、「戦争を体験された方々の高齢化が進んでいます。あの時代、戦場で、あるいは日々の生活の中で、人々は何を思い、どう行動したのか。NHKでは、これまで放送してきた『証言記録 兵士たちの戦争』に加え、本年夏から銃後の体験を『証言記録 市民たちの戦争』として放送。さらに取材で得られた数々の証言を『NHK戦争アーカイブ』として記録してゆきます。未来へ伝えるために。」とホームページで述べています。
すいれん  NHKでは、このところNHKスペシャルやETV特集でも戦争に向き合う番組を積極的に編成しています。それに比べて民放は「旅とグルメとサスペンス」ばかり。最近ではそれに"韓流"が加わりました。ギャラの安い若手のお笑い芸人を集めて内輪話に興じたり、クイズにもならないクイズ問題を出して間違った答えを言わせるお手軽番組ばかりが増えています。衛星デジタル放送では、地上波放送の再放送が多いものの、同じ"旅もの"でも、タレントが観光地に行き、旅館やホテルに泊まって料理に「おいしい」を連発するだけの地上波の旅番組よりはじっくりと見せるものも多いので、最近ではそちらを選択するようになりました。しかし例えば昨夜、NHKが「封印された大震災」を放送していた時間帯に民放の衛星放送は各社横並びでテレビショッピングの番組ばかりでした。
 民放でも以前は戦争に向き合う番組も、「敗戦記念日の前後だけ」と悪口を言われながらも放送していました。最近はあまり見かけなくなりました。戦争に向き合う番組にも力を注いでほしいと思っています。





関連記事

  ・ <報告>  「知多半島戦跡めぐり」に行ってきました




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ