サラは収容される前、弟を納戸に隠し鍵をかけた
フランスのユダヤ人迫害に迫る映画「サラの鍵」

2011.10. 5  大西五郎 (CBC-OB)     



 先に「黄色い星の少年」という映画を通じて、ドイツだけでなくフランスでもユダヤ人の強制収用があったことを知りましたが、 ノコンギク もう一つのフランスのユダヤ人迫害を描いた映画の試写を見ました。
 前にも紹介しましたように、1942年7月16日、パリに在住していたユダヤ人に対する一斉検束と収容所送りが行われました。ユダヤ人が多く住んでいたマレ地区のサラのアパートにもフランス警察が押しかけ激しくドアを叩き、「身の回りの物を持ってすぐに家を出ろ」と告げます。危険を感じたサラ(10歳)は咄嗟に弟のミシェルを納戸に隠し「必ず迎えに来るから」と言って鍵をかけます。
 一家は一旦屋内競輪場のヴェルディブに収容された後、親子が引き裂かれて別の収容所に移されます。大人はアウシュビッツに送られました。サラは弟を助け出さなければならないと、収容所から脱走します。納戸の鍵を握り締めて。
 一方、フランス人の夫と暮すアメリカ人女性記者のジュリアは、雑誌の企画でヴェルディブ事件を調べることになります。こういう形でサラとジュリアのつながりが生まれますが、ジュリアは調べていくうちに、夫の祖父から譲り受けたマレ地区の家がフランス政府がユダヤ人から取り上げた家であることを知ります。そこに住んでいたユダヤ人家族はどうなったのか、ジュリアは真実を知ろうと調べます。正当な金を払って手に入れた家ではありますが、夫や義父は「過去をほじくるな」といいます。しかしジュリアのジャーナリスト魂は真実を追究することをやめません。
 映画はこの間、1942年とジュリアが取材を始めた2009年とを交互に織り交ぜながら進行します。
 その演出の巧さで観客はジュリアの気持ちと一体になって次の展開を求めます。だからこの映画は東京国際映画祭で監督賞と観客賞をダブル受賞しました。
 収容所を脱出したサラは近くの村の老夫婦に助けられます。 キンモクセイ この家の主人が話を聞いて弟のミシェルがどうなったか、サラを連れてパリに行きます。元の家に着いてサラは急いで納戸の鍵を開けますが、そこで見たものは・・・。やがてサラは成人するまで老夫婦と一緒に暮すようになります
 戦争中に脱走した少女を助けたという老人がいたということを取材で知ったジュリアは老夫婦を訪ねますが、サラはいません。しかしアメリカからの1枚のハガキが残されていました。サラは結婚したらしく夫婦2人の名前が書かれていました。ジュリアはアメリカへ行き、夫婦の名前を頼りにボルチモア(だったと記憶していますが)の街の同じ姓の家を訪ね回ります。終にサラの夫の家に辿り着きますが、サラは交通事故で死んだといいます。
 サラの夫は再婚していましたが、サラの息子がイタリアにいることを教えられ、ジュリアは更にフィレンツェに飛びます。しかし息子はユダヤ人の母親なんか知らないといいます。しかしこの息子は父親に説得され、もう一度ジュリアに会って、自分がサラの子どもであることを明らかにします。
 この映画を通して感動したのは、ジュリアが戦争という異常な事態の中で起きた過去に目をつぶらず、真実をもとめて活動する姿です。ジュリアは45歳で長らく待ち望んでいた2番目の子どもを妊娠しますが、夫は年をとってからの子育てなんかごめんだと生むことに反対します。ジュリアは過去と向き合う中で命を大切にしようと自分の行き方を見つめ、2人目を出産します。

この映画は、名演小劇場で公開予定ですが、まだ日程は決まっていません。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ