初めて訪問された方用のお勧め記事メニュー


・ 「合同講演会」   国民を縛る 自民党改憲案
  〜 平和憲法を捨てていいのか 〜

講師:長谷川一裕 弁護士    


 戦前の家制度では家長が権限を持ち、女性は無権利状態に置かれていました。この封建的束縛から個人の自立、自由という原理に移行したのが今日の個人主義の意義です。これは国家主義と対立するもので、国民は生まれながらに不可侵の自由・権利を持つと云う天賦人権思想に基づいています。  これが自民党には気に入らない。国家と対立する個人と云う考えを排除するため「個人として尊重される」が「人として尊重される」に代わっています。


・ 「秋の学習講演会」   メディアリテラシー
  〜 報道の奥にある真実を見抜く 〜

講師:大西五郎 元CBC記者    


  歴史に残る事件として菅生事件というのがあります。九州の菅生村(現大分県竹田市菅生)で巡査駐在所がダイナマイトで爆破されると云う事件が起こります。警察が証拠をでっち上げて、地元の共産党員を一斉検挙しました。警察の発表でいろんな証拠が揃い、これは共産党が起こした事件だと云うことがほぼ定着していました。その中で、事件現場に居合わせた毎日新聞の記者がおかしいと思って丹念に事実を積み上げていくと…


・ 「合同講演会」   戦争法は廃止できる!
  〜 主権者は私たち国民だ 〜

講師:中谷雄二 弁護士    


 もう一つの改憲手順があると私は思っています。
 世論動向のなかで明文改憲が難しそうだとみたら、先に既成事実を作ってしまう。自衛隊員が暴虐なテロリストたちの犠牲になった。これを許しておくのかと国民感情に訴える。戦争の道に引きずりこんでから、もう平和憲法なんか無意味だ、憲法を改正してしまえと世論を誘導します。先に戦争に引きずりこんで既成事実を作り憲法改正を狙う道です。
 この2本柱の戦略を持っているじゃないかと思います。


・ 「共催講演会」   自衛隊の戦争準備・米軍との一体化
  〜 安保法制に先行していたその実態とは 〜

講師:飯島滋明 名古屋学院大学准教授    


 自衛隊がどう変わり、どれだけ海外で戦える組織になったのかと云う話をするにはやはり装備を含めて自衛隊がどう変わってきたのかを話すべきだと思い、兵器などの具体的なことも話すようにしています。
 海外での米軍との共同武力行使の訓練を何度もやっています。負傷した自衛隊員をオスプレイで護衛艦「ひゅうが」に輸送する訓練もやっています。「捜索・救助活動」というと負傷した人の輸送だけかと思われがちですが、敵に捕まった人を奪還する作戦も含みます。それはアメリカと4月の段階で約束しています。


・ 「合同講演会」   NHKと政治支配
  〜 ジャーナリズムは誰のものか 〜

講師:飯室勝彦 元中日新聞論説副主幹    


 なぜ安倍首相は、制度上の権限を巧みに使ったNHK支配を考えたのか。それは2001年の失敗からです。従軍慰安婦に関する番組をNHKが制作している最中に、安倍さんと中川昭一さんが圧力を掛けた。
 安倍さんは圧力なんか掛けてないと言ったんですが、スクープした朝日新聞の記者は密かに安倍さんと中川さんの取材内容を録音していました。その取材資料がフリーライターに流れ、その録音を元に取材の内幕が雑誌「月刊現代」に載りました。読みますと、明らかに圧力を掛けています。安倍さんはたいへん厳しい批判を受けた。
 安倍首相は、いくら政治家に力があると云っても、政治的な圧力は危ない、足元をすくわれると学んだのだろうと思います。


・ 「共催講演会」   九条改憲と沖縄
  〜 集団的自衛権は何をもたらすか 〜

講師:小林武 沖縄大学客員教授    


 安倍首相の憲法解釈はどこから来ているのかということです。
 彼は、1945年の敗戦から52年のサンフランシスコ講和条約までの間を屈辱的な時期だというふうに考えています。その間、占領下で出来た日本国憲法は、戦争に反省を加え、自虐的な歴史観を持った憲法であって、みっともない憲法だ。占領下だったから押し付けられたので、独立を回復したこんにちでは、速やかに自主憲法に直すべきだ。その自主憲法は美しい国の憲法にすべきで、美しい国と云うのは戦争の出来る国なんだ。こういう論理を彼は持っています。私の要約ですがこれ以上のイデオロギーは出て来ないと思います。


・ 「学習講演会」   NHKはこれでいいのか!!

講師:津田正夫 元立命館大学教授      


 3月21日の放送記念日にNHKスペシャルで「ネットでテレビはどう変わるか」と云う番組を生放送でやってました。
 番組が終わりかけたときライターでもあり、作家でもある吉岡忍さんが「私、これ言おうかどうかとても考えたんですけど」と時計をみながら発言しだしました。「NHKの会長の問題ですよね」。
 会長の問題ですと言った途端にカメラとかスタジオがピーンと静かになった。吉岡さんは「考えたんですけど、やっぱり言わなくちゃ」と。
 それはとても感動的で、ふつうに見てる人は別にどうとも思わず、当たり前だと思ったでしょうけど、もの言えない職場の人から見ると、ああ吉岡さん、よくぞ言ってくれたという思いです。
 ただ、NHKの人が言わないというのは情けないことではあります。


・ 「合同講演会」   世界の平和と未来の礎 日本国憲法9条
  〜 許されざる集団的自衛権行使の危険性 〜

講師:長峯信彦 愛知大学教授    


 集団的自衛権は、基本的には戦争禁止の方針を掲げている国連憲章のもとで、あくまでガキ大将が弱いもの虐めしているときに、仕方ないから弱いもの同士で手を組んでもいいよと書いているにすぎないのです。
 ところが今日本で語られてる集団的自衛権はまったく違っていて、世界最強のガキ大将であるアメリカが「おらんところに攻めて来たんだよね、ちょっと助けてくれよ。ちょっとおまえ顔貸せや」と言ってるようなものです。
 だからそもそも集団的自衛権の話自体が根本的におかしいわけです。


・ 「学習会」   戦前の再現を狙う 自民党の改憲草案

講師:大西五郎 JCJ東海代表幹事      

 安倍首相は、国会で3分の1の反対があるからと云って、国民が憲法改正を出来ないのはおかしいと云う欺瞞的な発言をしています。
 しかし、ほんらい憲法とは、主権者国民が国家権力に自分たちの権利を保障させたものです。だから96条で国会の発議には、衆参両院で3分の2の賛成が必要だと規定しているのです。
 国家権力を握る与党が過半数で憲法改正を出来たら、国家権力を縛ることが出来ません。つまり、96条は憲法の城郭なのです。
 この講義では、大西五郎代表委員が憲法をめぐるこの1年の経過と情勢から説き起こし、96条の改憲が9条改悪の突破口であることを判りやすく解説しています。
 安倍首相は、アメリカでは何度も憲法の修正が行われているとも言います。しかしこのカラクリもこのDVDを見れば、アメリカを知らないのは安倍首相の方だと判ります。


・ 「合同講演会」   本土の問題としての沖縄

講師:小林武沖縄大学客員教授    


 米軍基地と日米安保体制、これをどう考えるかです。6月17日に宜野湾市民集会が開かれました。参加者は5千2百人。 宜野湾市民の人口からすると高い比率です。それから9・9県民大会。これは10万人を超えました。有権者比では10人に1人です。海浜公園で行われ私も炎天下の砂の上に座っていました。強く印象に残ったのは一人ひとりが一生懸命だということです。雑談がなく真面目さが伝わってくる雰囲気。
 ここに来ている人たちは全員がオスプレイの配備や訓練に反対だし、米兵による暴行事件は許せないという点では一致しています。ただ、ではどうするのかという点では4つくらいの流れがあるようです。


・ 「春の学習講演会」   歴史の目でマスコミを検証する

講師:沖野晧一さん (元NHKアナ)      


 沖野さんは大学で教えていたときに学生に問いかけました。ヒットラーのような宣伝がなされたときに果たして自分たちはその中に巻き込まれずいられるだろうかと。
 ヒットラーの卓越した演説。将来に希望の持てない社会。国民はヒットラーの指し示す先に新しい未来を期待したのです。
 ヒットラーの演説の凄さは、民族の問題や、国家の問題を誰かがやってくれるのでなく、自分たちで変えていかなければならないという、一つひとつでは間違っていないのに、それが組み合わさったときにファシズムを生み出したところにあります。


・ 「春の学習講演会」   テレビは今後どうなるのか?

講師:野原仁さん (岐阜大准教授)      


 10年3月、政府が「放送法等の一部を改正する法律案」を実際に国会に提出しました。ところが、ここで「情報通信審議会」の検討委員会ではまったく検討もされず、報告書にもまったく記載されなかった2つのことがこの法律案の中に入っていました。入れたのは総務官僚です。


・ 「4周年記念講演」   迷走する普天間問題

講師:半田滋さん (東京新聞編集委員)      


 普天間基地の周辺に住宅が密集しているのはなぜでしょう。飛行場のあるところにもともと住民が住んでいたからです。1945年4月1日、沖縄中部に上陸した米軍は宜野湾市に侵攻し、嘉数台地の激戦を経てあの辺一帯を制圧する。その後、本土を空襲するために飛行場をつくります。
 国際法から云えば、戦争が終わったら、戦争のために造った施設は現状復帰して戻すのが当然です。だが、戦後ずっとアメリカが沖縄を支配したことで米軍基地になってしまいました。


・ 「4周年記念講演」   指針なき日本の安全保障

講師:半田滋さん (東京新聞編集委員)      


 いま、新しい防衛計画の大綱が防衛省で検討されています。
 今年の夏、首相の諮問機関「新安防懇」が出した報告書が新しい大綱の叩き台になっています。その報告書にはビックリすることが書かれています。
 集団的自衛権の行使が憲法違反だというのを見直し、武器輸出三原則を緩和し、非核三原則については、アメリカの手足を縛るべきではないと云っています。そしてこれまでの基盤的防衛力という考え方を廃して「動的抑止」という概念を持ち込んでいます。
 この報告書をほぼ盛り込んだ新大綱が今週閣議決定され、安全保障会議でもそれが決まります。この大綱に基づいて自衛隊の防衛力が整備され、自衛隊のあり方が規定されていくことになります。


・ 「学習会」   マスコミは政治をどう伝えているか

講師:大西五郎 JCJ東海代表幹事      

   2003年には「新しい21世紀臨調」に名称を変更し、マスコミ各社からの参加者を一斉に増やすということを行います。
 財界と21世紀臨調は「二大政党制」を唱えています。自民党も民主党も財界からみると安心出来る政党なわけです。で、どっちが政権をとっても財界にとってはそれほど心配することはない。むしろ他の政党、社民党だとか共産党だとかそういうところが政権のなかで力を持つ方が怖い。というので二大政党制こそ政治のあり方、ということをこの臨調も唱えるわけです。
 そのころから、マスコミが二大政党制、二大政党制ということを言いだし、小選挙区制反対論を引っ込めちゃうわけです。これは完全にマスコミが財界のなかに取り込まれたことになる、と僕は見ています。


・ 「学習会」   田母神発言と15年戦争への道

講師:下島光男 元CBC論説委員      

  田母神氏が曖昧に辞任させられたのと似た状況が旧陸軍時代にもあった。
   1931年に3月事件、10月事件という未遂に終わったクーデターが陸軍部隊内で起こっています。事件が曖昧に処理されたために、軍首脳が若手将校を統制する力が弱まり、中堅将校たちが独走しだす。関東軍の独走で満州事変の戦火が拡がり、上海に飛び火する。そしてその後日中戦争になり、太平洋戦争になるのです。


・ 「講演会」   戦争とメディア

講師:大西五郎 JCJ東海代表幹事      

  ベトナム戦争のころは記者が自由に戦場に出入り出来ました。アメリカ本土では、テレビを見た母親たちが自分たちの息子をそんな戦争にやるわけにはいかないと云って反戦運動が起こります。それで、アメリカは撤退せざるを得なくなった。
  アメリカはそこから学びました。湾岸戦争のときには記者を自由に戦場に行かせない方法をとります。


・ 『二周年記念講演』  メディアの憲法報道を問う

講師:飯室勝彦中京大学教授      

  田母神論文が問題になったきっかけは、アパグループがニュースリリースを自慢げに防衛省の記者クラブに持ってきたことです。防衛省にいた記者たちはそれを見て、これは問題だと言って動き出して当日のあの記事になった。その初動を僕は、非常に立ち上がりは良かったと思って、さすがだなぁと思ってます。
   ただ、ちょっと踏み込みが浅いんじゃないかと思うのは、文民統制に反しているんだという集約の仕方が非常に弱かった。


・ 私の戦後体験

CBC−OB  阿部富五郎     

  これは満州国での敗戦体験です。私達一家は、敗戦を機に起きた蒋介石国民党軍と毛沢東中国共産党軍の内戦に巻き込まれ、毛沢東軍の野戦病院の看護婦として妹2人が拉致されました。それを、兄妹3人が力を合わせて父母の元に戻ることが出来たのは、思えば奇跡でした。中国人から面白半分に小銃の的にされたり、身代金目当ての拉致にも遭いました。思い返せば、私が生きて今日あるのは不思議なくらいです。


・ 大西文一郎さんに聞く

「あやまち… 1970年夏 四日市」 を中心に     

  一般的には大気汚染といえば、陰鬱なスモッグで曇った光景を思い浮かべるのだろうけれど、実際は違うんです。 透明な空気の中に、目には見えない毒があるんだということを、知ってもらいたかったんです。
   コンビナートについても、土地の人たちは悪い物だとは思っていなかったわけですからね。


・ 戦時中の地下工場跡と航空自衛隊基地見学会

NHK−OB  安田昭雄     

  畑や荒れ地を少し歩くと丘陵地にぶつかり、正面に洞窟のような地下壕の入り口がありました。横幅・高さとも3〜4mほどです。ここからは長靴と懐中電灯を持って恐るおそる入って行きました。大小の石がごろごろして、ぬかるみあり、段差あり、頭上も頭をぶつけそうな所がありました。
   可児市久々利の三菱発動機工場跡の地下壕は谷を挟んで2か所あり、その総延長は8km。松代大本営にも匹敵する巨大なもので、中国人捕虜や強制連行された朝鮮人、そして徴用された多くの人々の犠牲のうえに築かれたものです。


・ 九条の生命力を示すイラク派兵違憲判決

愛大大学院  小林武教授     

  「派兵は違憲」と判決文の朗読が進むにつれて、原告の人々からは、抑えたものながら拍手が起き、閉廷となるや満場握手と抱擁で沸き返りました。主文は「控訴棄却」、つまり原告側が敗訴したのに、喜びであふれたわけです。


・ 池住義憲原告団長の講演を聴く      〜イラク派兵違憲判決〜


  私は法廷のなかにいまして身体が震えるくらいに、我が耳をうたぐるぐらいにビックリしました。ふたりの弁護士が、いま私が持っているのが実物ですけれども、これを持ちましてですね、法廷の外で待っている120名ぐらいの方々のところに走っていきました。


・ 中谷雄二原告団弁護士の講演を聴く      〜イラク派兵違憲判決〜


  政府の憲法解釈を前提にし、しかも、イラク特措法まで合憲だとしても、いまのイラクで行っている活動というのはイラク特措法違反、憲法9条1項違反、こういうふうに言っているわけですから、これは政府と全然違う立場から判決を下しているわけではありません。


・ 人間の眼で戦争を見る日本国憲法      〜品川正治さん〜


  隊長がその新聞を受け取って、『品川、大きな声で皆に読んでくれ』そうおっしゃって私に渡されたんです。日本国憲法の前文から始まって、九条のところまで来ましたときに全員が泣き出したんです。私も声が詰まって読めなくなりました。


・ <愛知憲法会議学習会>  愛知の驚くべき軍事状況について


  小牧基地の全国的な位置づけとしては、輸送部隊が配備され、中枢的な兵站基地としての役割があります。戦闘機などはありませんが、米軍の支援拠点基地としてはC130が全国で唯一置かれている基地であり、特筆すべき役割を果たしています。


・ 「学習会」   日本国憲法の原点がここにある

講師:大西五郎代表運営委員      

  GHQ案の基になったのは憲法研究会の「憲法草案要綱」でした。憲法研究会は高野岩三郎、森戸辰男、鈴木安蔵ら憲法学者や社会科学研究者による民間の組織で、完成した「憲法草案要綱」は、政府の憲法改定案より早く45年12月26日に発表され、政府とGHQに提出されました。


 中京テレビ制作  「法服の枷」の再放送を願う

  <ナレ> 福島重雄元裁判官。35年前、自衛隊の憲法9条違反を言い渡した最初の裁判官です。胸に秘めた想いを語り始めました。この違憲判決の陰には組織という名の呪縛に囚われまいとする必死の抵抗がありました。その結果、翻弄された1人の裁判官。かつては、胸躍らせ初めての法服を身にまといました。















    DVD「田母神発言と15年戦
    争への道」「戦争とメディア」
    「メディアの憲法報道を問う」
        などの 紹介へ





4.17名高裁判決    
          全文紹介





蓮の花