主催企画
総会と合同講演会の案内


合同講演会は午後1時15分に開場、
総会は午後3時45分から


 東海放送人九条の会は、第11回総会と記念合同講演会を11月26日(土)に開催します。
 今年は都合により講演会を先に行い、その後総会を開催します。
コスモスの花  講演のテーマは「国民を縛る 自民党改憲案 〜平和憲法を捨てていいのか!〜」です。
 7月の参院選挙で自公与党と改憲勢力は衆参両院で3分の2議席を確保しました。これにより、安倍内閣による改憲へ向けた動きは、戦争法の発動と共に急激に進むものと思われます。
 自民党が本当にやりたいのは9条2項を削除し、国防軍を書込み、海外での無制限の武力行使が可能な「戦争できる国」にすることでしょう。日本の軍事大国化を目指す安倍首相とアメリカの思惑が合致します。
 それと同時にお試し改憲などとごまかされていますが緊急事態条項も危険なものです。政府が「緊急事態」と宣言すると、憲法秩序を停止し、自由も人権も制限されます。
 中日新聞の「憲法を考える」という社説で、日本国憲法にこの規定がない理由を紹介しています。憲法審議をした46年7月の帝国議会で担当大臣の金森徳次郎は「精緻なる憲法を作っても、緊急事態という口実で憲法が破壊されるおそれがある」と述べています。
 今日では「ワイマールの教訓」と言われるものです。日本国憲法の先駆けとも言われるほど民主的な憲法だったワイマール共和国憲法下でなぜ、ナチスが政権を握ることが出来たのか。それは、危急時には基本的人権を制限して必要な措置を講じることができる大統領緊急令を認めていたからです。大統領緊急令を乱発し、国会議事堂放火事件を自演しながらそれを口実に反対勢力を弾圧・言論の自由を制限し、政府を批判する集会を禁じた。仕上げは、国会の審議なしに法律を作る全権委任法の制定です。
 なんと、これらは全部自民党草案の「緊急事態」条項で可能なのです。
投票のイメージ  日本会議の現会長と前会長が共同代表を務める「美しい日本の憲法をつくる国民の会」は、各地の神社などで憲法改正署名に取り組んでいます。
 私たちにとって、国民投票で改憲を阻止する草の根での闘いが緊急かつ重要になってきました。
 明治憲法を志向する日本会議に支援された安倍内閣が、野党時代に作成した自民党改憲草案を与党案とする動きを強めています。その一方で改憲草案を「封印」するから憲法審査会を再開したいと云う動きもしています。「封印したが撤回したわけではない」「国民から改憲を求める意見が湧き上がっているわけではない」と批判した社説を中日新聞が載せていました。
 講師は、名古屋北法律事務所所長の長谷川一裕弁護士にお願いしました。長谷川弁護士は現在、愛知県弁護士会で憲法問題委員会の副委員長をしています。
 安倍首相が「(憲法改正の国会発議に向けて)橋はかかったんだろう」と発言。改憲発議が何時行われてもおかしくない状況のいま、自民党の改憲草案のかなめの部分を学び、いまこれを許したらどんな社会になるのか理解を深め合いたいと思います。
 なお、総会は午後3時45分から1時間の予定です。
 ぜひ、都合をつけてご参加ください。一人でも多くの方のご参加を心からお待ちいたします。



  講師紹介

長谷川一裕弁護士     長谷川一裕弁護士
・1982年東京大学法学部 卒業
・1985年、弁護士登録
・名古屋南部法律事務所、名古屋法律事務所を経て、
 2001年3月名古屋北法律事務所を開設
・現在、愛知県弁護士会 憲法問題委員会副委員長
・愛知県弁護士会 紛争解決センターあっせん仲裁人

 



第11回総会議案書



東海放送人九条の会・愛知大学九条の会
合 同 講 演 会

日 時

11月26日(土)
   午後1時30分 〜 3時30分   ( 1時15分開場 )

場 所

名古屋市教育館 講堂
地下鉄「栄」、セントラルパーク10B出口から西へすぐ

参加費

500円 (資料代)
    ただし、学生は無料

どなたでも参加出来ます

主 催
(共催)

東海放送人九条の会
愛知大学九条の会



東海放送人九条の会、
第 11 回 総 会

日 時

11月26日(土)
   午後3時45分 〜 4時45分

場 所

名古屋市教育館 講堂


名古屋市教育館案内図


総会「目次」に戻る