129名の参加で

東海放送人9条の会を結成


  安部内閣になってからさらに強まってきた憲法改悪の動きを、何とか食い止めたいという唯それだけの思いで、放送に関わりまた関わって来た人たちで、ついに9条の会結成に漕ぎ着けました。
   11月11日(土)午後3時過ぎ、名古屋市中区の愛知県青年会館には34名の入会者が出席、記念講演に続いて東海放送人9条の会結成総会が開かれました。
   司会兼議長役の高橋俊次さんが開会を宣言し、議事を進行しました。
   まず最初に、会結成を呼びかけてきた76名の呼びかけ人を代表して大西五郎さんが挨拶を行いました。
結成総会風景   続いて櫛田稔さんが、5月に有志で会結成の必要性を話し合ってから、結成準備会を発足させ呼びかけ人の依頼や入会を訴えて来た経過やこの総会までに129名の入会があったことを報告。
   憲法9条をめぐる動きや結成する会の活動方針、会則の提案を行いました。
   この提案に対して、「会結成に向けて呼びかけ人となって来た人の役割は今後どうな るのか」「署名用紙の扱いや集約方法は」などの質問が出席された方から出されましたが、会結成や活動方針、会則などに対しては異論なく、全会一致で提案を承認しました。


18人の運営委員(代表3人)を選出

  続いて総会では、今後会を運営して行く中心となる運営委員として代表3名、事務局6名を含む、次の18人の方を選出しました。


・ 代表運営委員 :大西 五郎、沖野 晧一、野原 仁
・ 運営委員 : 大西文一郎、 下島 光男、穴澤 仂、
              吉野 源一、水野 磯子、 大木 捷代、石丸 宏光
              諏訪 誠彦、西山 雅啓
・ 事務局員 : 安田昭雄、水谷 芳孝、浅倉敬幸、
              立松 清隆、高橋 俊次、櫛田 稔



事務局長に櫛田稔さんを選出

  なお、後日事務局会議を開き役割分担を次のように決めました。 みなさんのご協力をお願いします。


・事務局長(組織兼任) : 櫛田 稔
・事務局次長 : 高橋俊次(総務・企画)
・会 計 : 浅倉敬幸(櫛田)
・署名推進 : 安田昭雄、水谷芳孝
・広 報 : 立松清隆 ※馬渕英行

注※(馬渕さんは、後日の運営委員会で運営委員及び事務局員に選出されました)





あたしは、憲法を背負って生きてきました

〜大木提代さんが閉会であいさつ〜


   総会では、運営委員を代表して穴澤仂さんが挨拶、続いて大木捷代さんが閉会の挨拶を行いました。
    大木捷代さんは、かつて名古屋テレビの女子30歳定年制で解雇され6年間の闘いを経て30歳定年制を廃止させ、解雇撤回と復職を勝ち取った経歴の持ち主。
    愛知年金者大学の「ひゃくさい」という冊子に、最近このたたかいのことが紹介されていたが、そこには憲法14条、25条、27条を基礎にした民法90条違反ということで勝利を勝ち取った、とあった。
    自分では自覚していなかったが「あなたは憲法を背負って生きてきたのだね」と言われ、ああそうなんだなと改めて思う。運動を大きく広げて、これからも憲法を守って行きたい。
    大木さんの閉会挨拶に大きな拍手で、出席者全員が決意を新たにしました。






各人の思い語り合った懇親会

   総会終了後、会館1階にあるレストランあさまに19名の方が参加して懇親会を持ちました。自己紹介、経歴、憲法に対する思い入れなど思い思いに語り合いました。
    阿部富五郎さんの、臨検と称して寝ている布団を憲兵に剥がされた体験談は、戦争の恐ろしさを改めて教えてくれました。
総会後の懇親会    栗谷俊男さんのCBCラジオ草創期の番組作りの話は興味深くうかがえました。
   80歳というお歳にもかかわらず歯切れの良い綺麗な声での話は、さすがマイクの前で鍛えた喉だと感心させられましたが、それもその筈、お名前も「クリヤー」さんでした。
    懇親会には、講演をしていただいた長峯先生も参加されましたが、放送に携わってきた人の生の話を聞くことが出来て大変有意義であった、と感想を語っておられました。

総会「目次」に戻る