目からウロコ ぽろり

改憲論のまやかし、長峯講演でスッキリ



  東海放送人9条の会結成総会に先立ち、愛知大学法学部助教授長峯信彦さんの記念講演がありました。
梅の花    長峯さんの話は、「改憲論のトリックを斬る----憲法9条の普遍的価値」と題するものでしたが、憲法を改悪しようとしている人たちの口実を具体的に分かりやすく切り返す内容で、講演を聞いた方からは「1枚や2枚ではなく目からウロコがポロポロ剥がれ落ちた」(古守恵子さん)と感想が出されたように、憲法を守ろうとする者にとって確信の持てるものでした。
   講演は、1時間余に及びましたので紙面ではとても紹介しきれませんが、一例として次のような話がいっぱい聞かせていただけるものでした



押し付け憲法論のトリック

  「日本国憲法は、アメリカ(GHQ)から押し付けられたものだから、日本固有の憲法を制定しなくては」と言うが、事実は鈴木安蔵らが中心となって作った「憲法研究会」の草案がマッカーサー草案の下敷きになっているのですよ。
   「押し付けが駄目」というなら西洋化された生活(衣食住、七曜表等々)も日本古来のものに戻せと言うのでしょうか?



現実に合わせて変える、のトリック

   「日本にはもう自衛隊が存在しているのだから、9条などは現実に合わせて変えた方がよい」というが、現実は路上駐車や飲酒運転が横行しているからそれに合わせて道路交通法を変えたほうが良い、というのでしょうか? 麻薬や拳銃が満ち溢れたら、現実に合わせて解禁せよと言うのですか?
    現実を、国や社会のあるべき姿(規範、理念)に近づけるようにすることこそが大事なのではないでしょうか。
    長峯さんの話は、<普通の国になるべき論のトリック><アメリカは7回も憲法を変えている論のトリック><憲法は権利ばかりで義務が少ない論のトリック><環境権やプライバシー権など新しい人権必要論のトリック>を次々と斬り倒し、日本国憲法が世界に誇れる内容を沢山持っていることを明らかにした後、戦争放棄・戦力不保持・平和的生存権を謳った9条が、日本全体を戦争から遠ざけた「最大の国際貢献をした功労者」だと強調しました。


総会「目次」に戻る