第2回定期総会開く

気をゆるめず、9条守る取り組みを進めましょう



総会で議長をつとめる穴澤さんと、情勢報告を兼ねて挨拶する大西五郎代表委員

総会で議長をつとめる穴澤さんと、
      情勢報告を兼ねて挨拶する大西五郎代表委員



大西代表委員の挨拶を兼ねた情勢報告



  いよいよ憲法改悪か?!緊張が高まるなかで昨年結成した東海放送人九条の会。早や1年が経ち11月10日(土)午後、愛知大学車道校舎の教室をお借りして2回目の総会を開催しました。
   総会では、議長に穴澤  仂さん、副議長に水谷芳孝さんを選出して議事が進められました。

   冒頭、代表運営委員の大西五郎さんが議事の情勢報告を兼ねて要旨次のような開会のあいさつを行いました。

   東海放送人九条の会は発足以来1年を経過しました。この間、九条を守る署名活動や勉強会を重ね、愛知大学九条の会と協力して講演会を成功させてきました。

   ここで憲法をめぐる最近の情勢についてお話したいと思います。

   憲法改正を公然と宣言した安倍首相が政権を投げ出し、代わって登場した福田首相は現在のところ憲法改正を唱えていませんが、彼は自民党の「新憲法草案」の作成で安全保障小委員会の責任者として九条改悪案を主導した人物です。

   民主党の小沢代表との党首会談では、自衛隊の海外派遣の恒久化法を作ることで合意したとも伝えられています。アメリカ軍などへの新給油法案の成立にこだわっています。

   一方、アメリカの平和のための退役軍人の会が、日本国憲法の第九条の叡智をアメリカの憲法にとり入れるようにという要請運動を行っていたり、昨年スリランカで九条の会が結成され、お隣の韓国でもこの17日に韓国九条の会の結成総会がひらかれます。憲法九条はますます光りを放っています。
   ところで、きょうの読売新聞の社説は「新テロ法案の確実な成立を期せ」であり、日経新聞も「延長国会で給油法案の成立を」でした。産経新聞も同じような論調です。全国紙の半分が憲法違反の自衛隊の海外派遣を推進する立場をとっています。
   マスコミに関係している、あるいは関係していた者として、マスコミがこのような態度をとることを見過ごすことはできません。
   このような情勢から、力を抜くことなく九条を守れという運動を強める必要があります。

総会「目次」に戻る