9条こそ日本の安全保障



  東海放送人九条の会と愛知大学九条の会では、軍事ジャーナリストの前田哲男さんを講師に迎え、11月10日午後3時から共同で憲法講演会を開きました。
   講演会には、東海放送人九条の会から28名、愛大や一般の方も含め65人の方が講演に聞き入りました。


    憲法9条の 具現化を!

前田哲男さん講師に 講演会開催


  前田先生の話は、休憩無しに1時間半におよぶ密度の濃いものでした。とても紙面に要約できるものではありませんが、その一部を紹介しますと・・・・・

  アメリカは、アメリカの国益を最優先し、アメリカの考え方・基準をグローバルスタンダードにしようとし、国際紛争は最強の軍事力・軍事同盟をバックに敵対関係国に圧力を加え、先制攻撃も辞さない考えで自国の安全保障を実現しようとしてきた。

講演会風景

  日本は9条がありながら、アメリカの意に沿って朝鮮戦争を境に警察予備隊、保安隊、自衛隊、日米軍事同盟強化と軍事力強化を最優先にして進めてきた。 冷戦構造時代は、ソ連を仮想敵国に見立て「専守防衛」で自衛隊強化を進めてきた。
  冷戦構造崩壊後は、仮想敵国論も崩壊し現在は専守防衛より米軍に協力することを最優先にした「国際貢献」論で法整備を進めている。
  防衛庁を防衛省に昇格させ、自衛隊の目的はこれまでの「専守防衛」に付け加えて「国際貢献」を日常業務と位置づけた。国旗・国歌法制定、教育基本法改悪で愛国心を植え付け戦争できる国民作りに力を入れてきた。
  戦争するためには、憲法第9条が邪魔している。安倍内閣は9条改悪の為に登場したが、改憲するのには時間が掛かり、国民投票が要る。それまで待てないとして、「集団的自衛権行使」が何時でも出来るようにするため11人で構成する諮問機関を今春作って、9月にも答申予定したが安倍政権投げ出しで11月末答申となった。(報道によれば、来年1月以降に延びた)
  (1) 米国本土向けのミサイルを日本上空で自衛隊が撃墜する。 (2) 米艦と併走する自衛艦は敵国から米艦攻撃があったら自衛艦も一緒になって反撃行動に出る・・・など4項目の行動を現行9条の下でも合憲とする答申を出させようとしている。
  こうした答申が出るまでもなく「日米統合実働演習」が11月に入って16日迄行われている。
  史上最大の海上自衛艦90隻、航空自衛隊機400機が米軍指導の下に米軍と一体で訓練を行っている。
  こうした事実は、テレビなどマスコミがほとんど報じていないので多くの国民は知らないでいる。


軍事安全保障は軍拡競争の繰り返し

  軍事力に頼った安全保障の宿命は、軍事力を強めれば強めるほど周辺諸国に脅威を増やし続け、軍拡競争を繰り返す。米ソ冷戦構造がそうだった。この軍事強化で衝突すれば両国民が共に死滅する。
  それだけではない。人類が絶滅するかも知れない。
  だれも勝者はいない。
講演会の参加者   アメリカは今、敵か、味方かを常に二者択一で分け敵を見つけてタタク、勝つか負けるかの軍事優位の安全保障で一貫している。
  今、北京で6カ国協議が進められているが、この終着は南北朝鮮の休戦状態を終わらせ、平和条約の調印だ。
  独・仏は、部分的に軍隊(800名の旅団)を共有する新しい実験をやっている。EUはやがて外交官を共有するようになる。
  92年2月に調印されたマーストリヒト条約は、ECの経済・政治統合の推進を目的として、(1) 欧州連合(EU)を創立し、 (2) 経済・通貨同盟の設定、 (3) EU共通議会、 (4) 共通の外交・安全保障政策、 (5) 欧州市民権等を規定し、 (6) EU憲法制定を目指した。
  東京空襲、広島、長崎という地獄を知ってしまった私の安全保障は、EUの前進に見られるように公正で共有できる安全保障(コモンセキュリティー) だ。
  周辺諸国に対する脅威の除去、すなわちどちらも勝者に出来る安全保障だ。
  9条こそ日本の安全保障と信ずるならば、方向は憲法前文に書いてあり、9条がある。9条はベカラズである。戦争禁止、戦力保持禁止だ。ダメダメダメだ。じゃー何をするか。
  戦争の地獄を知っている私の年代はこれで良かった。 地獄を見たことのない若い世代に9条を伝え、憲法を具現化するには、政府の解釈改憲、明文改憲に対し「これで良いのかどうか」を対置して政策を作って9条守っていく必要がある。
   人間の安全保障として、9条は普遍的な価値を持っているし、国際性を持っている。9条は、遺産であり、遺言である。拘束力のある遺言として残そう。



総会「目次」に戻る