「憲法九条こそ平和を守る力」
    を仲間に広めよう



  戦争の放棄と戦力の不保持を宣言した日本国憲法第九条は、今や輝きをもって世界に広まっています。スリランカで、韓国で、ニュージランドで、さまざまな国で、アメリカの退役軍人の間でも、この九条を自国の憲法の条項にとり入れようという運動が広がっています。
   二度の世界大戦を経験した世界の人々は、戦争のない平和な世の中を心の底から求めており、武力によって平和はもたらされないことを身をもって知っているからです。
水仙の花   それに反してわが国では、戦争ではなく第九条の方を放棄して、武力を持つことを正当化しようとする動きが強まっています。アメリカの"自衛"戦争に参加して自衛隊をイラクへ、インド洋に派遣し、イラクの、アフガニスタンの一般市民を殺戮する爆撃や、地上軍の軍隊輸送に協力しています。
   憲法第九条を踏みにじる行為です。
   こうした動きを進めようとしている勢力は、集団的自衛権が行使できるように改正する必要があると主張し、「日本国憲法は占領軍の押し付けによって生まれた。第九条は第二次大戦の相手国である連合国への詫証文だ」と主張しています。これは歴史を偽る議論です。
   1920 年第一次世界大戦後の国際連盟憲章、1928 年のパリ不戦条約、1945 年第二次世界大戦後の国際連合憲章は、いずれも国家の政策の手段としての戦争の放棄を謳っています。
   戦後のヨーロッパでは、国家間の紛争を除去し、平和を確かなものとし、国家間の対立をなくすために欧州連合(EU)を築きました。こうした不戦の流れを一番最初に国の憲法に採り入れたのが日本国憲法第九条です。
   憲法第九条は、日本人の心であると同時に世界の人々の願いでもあるのです。私たちは、憲法九条を改悪しようとする動きには断固反対し、積極的に日本の、世界の人々の間に九条の平和の理念を広めるために力を尽くします。そのためにまず放送の仲間に憲法九条こそ平和を守る力であることを広めるために力を尽くします。
   そのことを、私たちの第二回総会の総意として確認します。


2007年11月10日


東海放送人九条の会第二回総会



総会「目次」に戻る