< 主な活動の総括 >



1.第2回総会と運営委員会、事務局会議


  昨年11月10日(土)13時半より愛知大学車道校舎の2号館231教室にて、結成1周年の第2回定時総会を開催しました。総会参加者は26名で、下記のように第2期運営委員20名を選び、運営委員の中から代表3名、事務局員7名を選出しました。

 

代表運営委員:大西五郎、沖野皓一、野原 仁、大西文一郎(新)

 

運 営 委 員 :下島光男、穴澤 仂、諏訪誠彦、水野磯子、西山雅啓、大木捷代、吉野源一、高橋俊次、岩田孝行(新)

運営委員兼事務局員 :櫛田 稔(事務局長)、水谷芳孝(事務局次長)、佐藤隆三(会計)、立松清隆(会報)、浅倉敬幸、安田昭雄、馬渕英行

 

会 計 監 査 :阿部富五郎(新)


  運営委員会は、毎月1回定例で開催し、情勢討議、取り組みの経過報告と活動方針の具体化を討議しました。会費収入が無いなかで一般会計とパンフ販売・DVD販売などの事業会計の点検報告も併せて毎月行ってきました。
   20名の運営委員の中には、体調不良で入院・療養生活、現役で仕事多忙、諸活動で多忙などの理由もあって、出席率は常時50%位に固定されていました。
   事務局会議は、ほぼ毎月開催し、運営委員会で決定した方針の具体化、方針案の検討、会報の編集・印刷・発送作業、事業活動の具体化など、運営委員会で出来ない部分を補完してきました。



2.「9条こそ日本の安全保障」前田哲男さん講演


  11月10日(土)愛大車道校舎で、第2回総会終了直後に愛知大学九条の会と共催で軍事・外交・安全保障問題の第一人者であり、ジャーナリストの前田哲男氏(沖縄大学客員教授)の講演を聴きました。
ホトトギスの花   前田先生の講演では、アメリカは世界最強の軍事力を保持し、朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガン・イラク戦争など、第2次大戦後も世界中で戦争を起こしてきた。軍事力優先の安全保障は、軍事力で勝つか負けるかであり、際限ない軍事エスカレートを呼び、結局平和は保てない。周辺諸国に対し、如何に脅威を取り除くかが大切だ。9条は周辺に脅威を作らず、脅威を取り除き平和を作り出す普遍的価値を持っている・・・と話されました。
   一般参加者を含め参加目標は、教室の椅子の数に合わせた多めの250名に設定しました。
   講演宣伝ビラは2500枚以上印刷し、11月3日開催の愛知九条の会が市公会堂ホール行った小林直樹東大名誉教授の講演会などでほぼ全部配布しきりました。
   その結果、65名(放送28、愛大6、一般28)の方々が前田先生の講演を聴いて下さいました。当会員の参加者は会報などで呼びかけた結果20%の出席率でした。愛大関係者は当日、大学の行事がいくつか重なったにも関わらず教職員を中心にご参加いただきました。また主催者団体以外から28名の参加をいただき、宣伝効果がはっきりあったと評価できます。



3.会報「東海Cue」を隔月発行


  会報「東海Cue」は、隔月で6回(創刊号より12号)発行して参りました。
   会報は、憲法改正や解釈改憲の動きはもちろん、4月17日に名古屋高裁が下した、空自のイラクにおける多国籍軍兵士輸送活動は憲法9条1項に違反という判決内容についても詳しく解説しました。
   会報は、会の活動を全会員に知らせ、運営委員会と会員とを結ぶ大事な役割を果たしています。
   半数の会員にはEメールで、残る半数の方々にはヤマト運輸メール便にて配送しています。
   8月発行の会報では、会員の近況をお知らせいただくよう返信葉書を同封しましたが、「会員の声」を50名以上の方々から寄せていただきました。「会員の声・近況」も時々伝えようと考えています。



4.インターネットホームページ開設
      URL:http:www.tokaicue.com


  本年1月11日、念願の「東海放送人九条の会」ホームページを開設しました。
   ご覧になった方々には説明を要しませんが、主な目次としては「ものみやぐら」「活動報告」「会の紹介」「総会特集」「会員の声」「私の戦時・戦後体験」「イベント案内」などです。
   これまでに約18名の会員から原稿や写真などを寄せていただき掲載しています。まだまだ「原稿投稿者が少ない」という意見と、「県下にある他の九条の会のホームページと比べ新しい情報が次々とよく掲載されている」という2つの評価を戴いています。
   編集部では、更に多く会員の声や意見をお寄せ下さるよう待っています。
   開設後10ヶ月で、延べ3,026人(10月10日現在)の方々にアクセスしていただいています。



5.「日本国憲法の原点がここにある」講演会


  当会が主催し、大西五郎さんが本年4月5日講演した「日本国憲法の原点がここにある」は、国際連盟憲章(1920年)から、パリ不戦条約(1928年)、ポツダム宣言(1945年7月)、国際連合憲章(1945年10月)、マッカーサー3原則(1945年10月)、憲法研究会の憲法草案要綱(1945年12月)、GHQ憲法案(1946年2月)、日本国憲法に至る迄の歴史をひもときながらの講演でした。
   参加者は会員15名の他に外部から一般参加者2名で合計17名でした。事前に内外にわたる宣伝と参加呼びかけをしましたが、前田哲男先生の時のような宣伝規模に至りませんでした。



6. ピースあいちを見学して九条を語る会


  5月14日、名東区に昨年春開館した戦争と平和の資料館「ピースあいち」を見学して九条を語る会を開催しました。
   はじめに、会館の方から設立の経過とNPOとしての運営に至った経過説明を受けた後見学しました。
   展示された鉄兜、ゲートル、召集令状などの戦争遺品は、市民からの協力で集められたそうです。
   名古屋空襲、豊川海軍工廠、岡崎、春日井、一宮などの空襲写真が展示され、戦争地獄を思い出させました。最後に「昭和と戦争、語り継ぐ15年戦争」のビデオ作品(60分)を鑑賞しました。
   ピースあいちには、戦争を知らない世代に見て欲しい展示物が沢山あります。参加会員は10名でした。



7.映像作品を見て語る会


  8月18日(月)名古屋市教育館で、昨年に続くDVD作品を見て語る会を開催しました。
   今回は、5月開催の「9条世界会議」に向けて作られた「世界は9条に恋している」を先に上映。
   このDVDは世界各地から日本の9条に関してメッセージを伝えていました。
   米ロなどから持ち込まれる「武器援助があるから戦争が絶えない」とアフリカ国民。イラクやアフリカ諸国民から見て「9条は夢であり、理想的な存在である」というメッセージが伝わってきました。
   続く2作品は、歴史に学ぶ「文明開化から敗戦までの日本」、「第一次世界大戦」でした。これらの作品はあまり見ることができない明治初期からの日本の映像や第一次世界大戦の記録映像をふんだんに使った見応えのある作品でした。
  参加者は昨年の8名を上回る12名でした。
   終了後11名が、そのまま中日ビル屋上のビヤガーデンに移動して納涼懇親会に参加しました。



8.立命館大学国際平和ミュージアム見学バスツアー


  9月25日、名神高速バスに乗って京都の立命館大学国際平和ミュージアムを見学するバスツアーを行いました。世界には100館を超える平和博物館があるそうですが、立命館大学が世界の大学に先駆けて1992年に史上初の「大学立平和博物館」を開設しました。
散歩で見かけた可憐な花    名古屋、岐阜、浜松などから参加した15名は、末川記念館のレストラン「カルム」で昼食をとり、国際平和ミュージアム玄関前で記念写真を撮りました。その後、ボランティアガイド広瀬澄子さんによる満州事変から始まる「15年戦争」における日本の「加害の歴史」をあらためて学びました。
   続いて朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争に至るまでの「現代の戦争」展を見た後「平和創造展示室」を回り、上田市にある戦没画学生の慰霊美術館「無言館」の京都分館を駆け足で見学しました。
   その後、立命館から徒歩10分の距離にある金閣寺を見て帰りのバスに乗りました。



9.地域の講演会・イベント活動にも参加


  第1期に続き、愛大九条の会と共催して講演会を開催したり、地域の他団体が主催する講演会やイベントをホームページや会報、メールでご案内してきました。
   その主なものは、放送OB会、JCJ東海、市民と言論実行委員会、8.15平和を語る8月名古屋集会、愛知憲法会議、愛知九条の会、愛大九条の会、9条の会名古屋などの講演、催し物でした。
   これらの諸行事に対する参加者は、運営委員が中心で、一般会員の参加がまだまだ少ないのが現実であり、参加し易くする工夫が必要です。



10.新しく3名の方が入会、会員総数139名


  今期新たにNHK−OBの方3名が入会されました。しかし、CBC−OBの2名の方がお亡くなりになり、9月末現在の会員総数は差し引き139名(OB128名、現役11名)です。
   会員の内訳は、NHK33(現2)、CBC42(現1)、NBN34(現3)、THK12(現1)、東海ラジオ11(現3)、出演者・関連・その他7(現1)であり、どこも現役が少ないのが特徴です。
   会員拡大は、結成総会以降頭打ちに近く、NHK−OBの方の入会が続いているのが僅かに救いです。
   会員拡大が停滞している背景には、改憲まっしぐらの安倍内閣に代わった福田内閣が表だった改憲推進をやりたくても出来なかった、ということもあり危機感が薄れた面があります。しかし当会としては、せっかく新しい入会リーフレットを作ったにもかかわらず、それの活用や会員拡大方針の具体化ができず、会員伸び悩みの要因となりました。



11.事業活動


[1]  「改憲論のトリックを斬る」パンフ発行と普及活動


  愛大の長峯准教授に結成総会で講演していただいた「改憲論のトリックを斬る」は、昨年2月にパンフレットにし、もっと多くの人々に「改憲論のゴマカシ」を理解していただくために有料販売してきました(前年度、日本の青空上映会8会場、学習会など13会場で約2,000冊弱販売)。
   今年度は、日本の青空上映会の7会場、学習会など5会場で400冊を有料普及しました。 初版から5訂増補版まで計3,000冊を印刷し、9月末までに小売り300円(卸200円〜300円)にて計2,385冊を有料普及しました。
   3,000冊の内、無料贈呈241冊、廃棄処分288冊を差し引いた在庫は96冊、ほぼ完売に近い状態にまで到達しました。
   事業全体の売上は216,850円、純利益は110,324円、予想以上に普及した要因は、

(1) 迫り来る改憲論に反論する的確な長峯先生の講演内容が解りやすく幅広い支持を受けた。
(2) 九条の会をはじめ、各種の講演会、シンポジウム会場にお願いして販売普及活動を持続させた。
(3) 特筆すべきは、愛知県下で上映された映画「日本の青空」上映会場で鈴木安蔵の映画を見たお客さんから、巻末にある鈴木安蔵らの書いた憲法研究会の「憲法草案要綱」と現行憲法比較に関心を持って購入していただいたことです。


[2]  「日本国憲法の原点がここにある(憲法比較三案)」


  当会代表の大西五郎さんが、(1) 憲法草案要綱、 (2) GHQ憲法案、 (3) 現行憲法の3つを関係する条文毎に比較できるように編集しました。
   このパンフレットは、鈴木安蔵ら憲法研究会提案の「憲法草案要綱」が源流となって現行憲法にいくつか反映していることが学びとれる内容になっています。
   今日までに単体で445部(100円売り)、大西DVDとセットで66部、累計511部を普及しました。


[3] DVDの普及活動


  昨年11月10日に行われた第2回総会の前田哲男さんの講演、「九条こそ最大の安全保障」を、当会は初めてビデオカメラで撮影・編集し、DVD化しました。それを愛大関係者を中心に52枚販売しました。
   4月5日、大西五郎さん講演の「日本国憲法の原点がここにある」は、講演内容が良かったにもかかわらず受講者が17名と少なく、もったいないの意見があってDVD化し、多くの会員や外部の人たちに学習してもらうため販売しました。
   この大西DVDは、85枚製造し9月末現在、数回の地域学習会などで66枚売れました(テキスト代込み500円)。



12.放送活動の経験を生かした活動


  放送に携わった経験を生かした活動として、

[1] 講演録の撮影・編集・DVD化の制作をすすめ、講演に参加できなかった会の内外の人たちに映像で講演を聴いていただくことに貢献出来ました。
[2] 現役時代に番組広報活動の経験を生かした会報編集、現役時代の記者経験を生かした愛知九条の会からの広報活動依頼による協力など地域の九条の会活動にも貢献できました。
[3] 会員の中には、放送の仕組みやジャーナリズムの研究活動を行う人もおり、地域の九条の会から講師依頼を受け、大西五郎代表を講師派遣しました(稲沢九条の会、犬山九条の会、東区九条の会)。



13.財政活動


  本会は会費を徴収しないということで運用していますので、(1) 入会金、(2) カンパ、(3) 事業活動の収益 から全ての活動費を捻出しています。
   今年度一般会計の基礎的支出は232,168円で、基礎的収入は168,200円でした。基礎的収支だけで見れば63,968円の赤字でした。この赤字を補うため、前期からの繰越金と事業会計から136,265円を繰り入れています。
   元名古屋テレビ労組からの10万円カンパが無ければ、事業会計の次期繰越金140,073円を取り崩すしかありませんでした。収入が不足すれば、会報発行などの活動を制限することになりかねません。
   次年度の事業会計での剰余金は今年度ほど期待できません。自主カンパ活動を定期的に繰り返して収入を確保し、財政の健全化をはかることが重要です。



総会「目次」に戻る









北区楠公園のキンモクセイ