第3回定例総会報告


第3回定例総会風景


  東海放送人九条の会は第3回定例総会を11月15日(土)午後1時30分から名古屋市東区栄筒井の愛大車道校舎新館9階903教室で開きました。
四季桜   総会出席者は24名でした。
   大西文一郎代表委員による開会宣言のあと、沖野皓一代表委員を議長に選出。愛知大学九条の会事務局長の田川教授から来賓の挨拶をいただいたあと、報告事項の説明に入りました。

   最初は経過報告で、櫛田事務局長が行いました。
   第2回総会で第2期運営委員が選出され、その後の運営委員会で代表委員、事務局員が選出されたことに簡単に触れたあと、一年間の主な活動について説明が行われました。
   総会後の前田哲男さんによる講演には一般から28名の参加をえて、総勢65名になったことは、11月3日の愛知九条の会の講演会などで大量のビラ撒き宣伝を行ったことの効果の現れだと評価しました。
   今年の1月11日に念願のホームページを開設したことに触れ、原稿をどしどし寄せて下さいとの訴えもありました。 学習会「日本国憲法の原点がここにある」は参加者が17名にとどまったが、その後学習会の様子を映像化し、DVDにして販売することで日本国憲法が押しつけられただけではないことを明確にする役割りを果たしたことが説明されました。
   昨年名東区に開館した戦争と平和の資料館「ピースあいち」を訪ねた企画や、京都の立命館大学国際平和ミュージアムを日帰りで見学した企画の説明がありました。立命館ではボランティアガイドの広瀬さんの説明が素晴らしく、自由見学なのにみんな広瀬さんに付いてまわったことが紹介されました。
   映像作品を見て語る会では珍しい映像を見ることが出来たとの紹介もありました。
   当会の強みである、放送に携わった経験を生かした活動として講演会の撮影、編集、DVDの制作や、地域の九条の会から講師依頼を受けて行われた大西五郎代表委員の講師活動が紹介されました。



憲法守れの手を緩めず


  情勢報告は大西五郎代表委員が、憲法を巡る最近の動きの特徴について説明しました。
   この一年で特筆すべきことは、名古屋高裁による「イラク派兵違憲」判決です。議案書に参考資料として「イラク派兵違憲の論拠」と「平和的生存権」について判決文を抜き出してあるのでぜひ活用して下さいという訴えで報告が始まりました。
四季桜   今年の憲法記念日に各社が世論調査結果を発表したが、どの調査結果も九条を改正すべきだは少数にとどまっていると指摘し、九条の会は全国で7千を超えているが、いまでも次々と九条の会は作られており、11月に開かれる九条の会全国交流集会では8千を超えたとの発表があるかもしれず、運動は前進していると評価しました。
  また、韓国やスリランカに九条の会がつくられ、コスタリカでは軍隊を持たない国造りが行われており、日本国憲法九条は「これこそ人類にとって必要なもの」と評価されていると指摘しました。
   一方、改憲派議員で固めた麻生内閣は、改憲のための国民投票制度の実施に向けての準備費用として52億円を来年度予算の概算要求に盛り込み、新憲法制定議員同盟は、今年新たに民主党の鳩山幹事長や前原前代表を顧問や役員に迎え、民主党を抱き込んだ改憲推進を狙っていると指摘。
   表面的には改憲の動きが弱まっているように見えても、「憲法を守れ」の手を緩めることはできない情勢だと訴えました。



今後ともカンパにご協力を


  活動方針の提案では、昨年とほぼ同じような方針が示され、新たに、「ホームページの充実と周知に努めます」が追加されたことが紹介されました。
   提案に立った水谷芳孝事務局次長は、これらの活動は運営委員や事務局員まかせにせず、各会員が積極的に取り組むことが重要だと指摘しました。 四季桜

  一般会計の収支報告では、カンパが集まらず心配したが、10月の会報で「財政健全化カンパ」を訴えたところ、これに応じて29名の方から総額11万7千円のカンパを頂き、健全財政のメドが立ったとの報告がありました。このカンパは来年度の収入になるが、元名古屋テレビ労組からいただいた特別カンパ10万円を1年で食い潰さずに済んだと評価していると説明がありました。
  また、討議の中で、議案書では来年度は「会費制」を含めて検討するとしていましたが、「財政健全化カンパ」により会費制の検討は必要なくなったとの見解が示されました。
  ただ、事業収入は伸び悩んでおり、今後もカンパの重要性は大きくなるばかりなので、皆さんのご協力をお願いしますという会計担当の佐藤隆三さんの訴えがありました。
   会計監査報告では阿部富五郎さんから、会計監査をして財政事情が判りカンパをしてしまったという報告がありました。



新たに坪井龍雄さんが運営委員に


  議案は時間の都合で、一括採決となり全員一致で承認されました。
   また、役員改選では、2年間運営委員を勤められた、ともにCBC−OBの高橋俊次さんが健康上の理由で、西山雅啓さんが地元での活動に専念するため退任されました。新たにCBC−OBの坪井龍雄さんが運営委員に選任されました。
   代表運営委員は引き続き、大西五郎氏、大西文一郎氏、沖野皓一氏、野原仁氏が選任されました。

   最後に、大木捷代さんによってアピール文が読み上げられ満場一致で採択されて総会を終了しました。

(アピール文は「総会特集」に掲載してあります。)



盛り上がった懇親会


  総会のあと、第2部記念講演会、第3部懇親会とつづきました。 愛大のすぐ南側、桜通りの交差点を渡ったところに居酒屋「もみじ」があります。そこで午後5時30分から懇親会が行われました。
ムラサキシキブ   愛大九条の会から3名、東海放送人九条の会から11名が参加、記念講演会の講師、飯室勝彦中京大学教授を囲んで楽しく歓談しました。
   自己紹介のとき、元論説委員の下島さんが田母神発言は、戦前の三月事件を思わせると危機感を表明しました。三月事件は1931年、日本陸軍の橋本欣五郎中佐ら中堅幹部によるクーデター未遂事件です。この事件は闇から闇に葬られて大きな問題にならなかったために、これにつづく十月事件や五・一五事件、二・二六事件へと繋がって、日本を無謀な戦争に引きずり込んで行くきっかけとなった事件です。
   下島さんの指摘に同感の声が上がっていました。
   自己紹介のあとは、講演では聞きそびれたことを飯室教授に訊ねたり、記者時代の飯室教授の体験談を聞かせてもらったりと和やかな歓談がつづきました。
   「もみじ」は掘りごたつ式になっておりゆっくりと落ち着いた雰囲気です。土曜日のせいか客も少なく貸し切りのような席で楽しい時間がゆっくりと過ぎていきました。


総会で会計報告を聞く参加者


総会「目次」に戻る