第4回総会開く


  東海放送人九条の会は11月14日(土)午後1時30分から愛知大学車道校舎を借りて、第4回定期総会を行いました。
   朝まで激しく降り続いた雨が昼前から晴れ間をのぞかせます。幸運なスタートとなりました。会場となった2号館は旧館で、エレベーターがありません。3階まで上がるには途中で休憩が必要な歳になった方が何人かおられます。
   午後1時30分、定刻に総会は始まりました。大西文一郎代表委員の開会宣言のあと、議長に浅倉敬幸さんを選出。愛大九条の会の田川先生から来賓の挨拶をいただいたあと議案審議に入りました。

議長の浅倉敬幸さん

議長の浅倉敬幸さん

  経過報告に立った櫛田事務局長は、「11月2日に印刷してみんさんにお届けした総会議案書の『主な活動と総括』の要点だけご説明します」と断わり、運営委員会を毎月1回定例で開催し運動や、学習会などを進めてきたことを紹介し、一年間をふり返りました。
   昨年の総会は、11月15日に、同じ愛知大学の車道校舎をお借りして開催しました。参加者は24名でした。今日は23名の出席になっています。
   この日は併せて、「メディアの憲法報道を問う」という記念講演を中日新聞の論説委員で中京大学教授の飯室勝彦さんを講師に迎えて行いました。ここで、メディアが憲法に関してどう報道しているかについて、飯室先生は4つの問題点と風の怖さ指摘なさいました。
   会報「東海Cue」も予定通り隔月発行で6回発行することが出来ました。立松清隆さんにずっと編集長をやって頂いております。お陰で、私たちの活動が会員の方にしっかりと伝わっているものと思います。
   ホームページも昨年1月開設以来2年近くなりますが、7千くらいのアクセスをいただいております。
   4月7日には、元CBC論説委員の下島光男さんに「田母神発言と15年戦争への道」というタイトルで講演して頂きました。15年戦争へどういう形で突入していったのか、歴史をふり返っるなかで、田母神氏の過激な発言が何を意味するのかについて詳しく解説していただきました。

経過報告をする櫛田事務局長

経過報告をする櫛田事務局長

  8月には「映像作品を見て語る会」を開催しました。ここでは、映画「蟹工船」などを見たあと、中日ビル屋上ビアガーデンで懇親会を行い、NHKスペシャルJAPANデビューの「アジアの一等国」への右翼の策動などについて話しあいました。
   9月30日には戦時中の地下軍事工場跡地と自衛隊基地見学ツアーに行きました。空襲が激しくなった敗戦間近、戦争継続のために可児市などの山のなかに洞窟を掘って、三菱発動機や川崎航空機の軍事工場を移設し、ここで兵器生産をやろうとしたものです。このことはほとんど知られていません。平和委員会の高橋さんに案内していただき、見ることが出来ました。
   今年2名の方が新しく入会されました。CBC−OBの方とNBN−OBの方です。一方で、CBC−OBで呼びかけ人だった伊東俊雄さんがお亡くなりになり、ほかに1名の退会者が出て、現在の会員は139名となっています。
   このあと、事業活動と財政活動について報告があって、櫛田事務局長の経過報告は終わりました。 つづいて、大西五郎代表委員により情勢報告が行われました。



九条まもれの声をもっと大きく


最近の九条をめぐる特徴は、九条の会が全国的にどんどん拡がっているということです。
   愛知県だけでも、もう260になったんじゃないかと云われています。
   そういうふうに拡がるなかで、従来保守系と云われた人たちもどんどん運動に参加してきています。思想・信条の違いを乗り越えた九条の運動というのが拡がっています。

情勢報告に立った大西五郎代表委員

情勢報告をする大西五郎代表委員

  例えば、つしま、かにえ、さやの3つの九条の会が合同で行った講演会に、津島市と蟹江町、それにそれぞれの教育委員会が後援するということが生まれています。安城の九条の会の集会でもそうです。
   もう一つの特徴は、若い人の参加が最近目立って増えてきているということです。この愛知大学の九条の会も先日、「若者の語る平和」という集会をやりました。そこでは、この地方の大学の人たちが、平和の問題を自分たちはどう考え、どう取り組んでいるかというのを発表しました。
   11月3日に愛知九条の会がノーベル物理学賞を受けた益川敏英さんの講演会をやりました。講演会のあと「若者と語る」というのをやったわけですが、若い人たちが平和の問題を非常に真剣に考えているということが浮かびあがってきました。
   それから、海部郡の佐屋町、いまは愛西市となっていますが、佐屋町の九条の会でやった集会でのことです。高校1年生の子が参加しました。その子が中学生のときに8月6日の広島平和記念祭に参加をした。その時、感想文を中学校へ出したわけですが、それを持ってきて読み上げてくれたわけです。そこには、平和の問題をずっと考えて行きたいという感想が書かれていました。それを聴いて、会場にいたご婦人方が来年の8月には私たちみんなで行きましょうって話し合い、決まるというようなことが起こっております。

総会風景   このあいだ総選挙が行われたんですが、総選挙の結果新しい衆議院議員になった人たちの51%ではありますが過半数が、憲法九条を変えることには反対であるということを毎日新聞のアンケートに答えています。
   それから新憲法制定議員同盟などという改憲を促進する議員たちがいるんですが、その大物議員たちがどんどん落選しました。
   いま、国民全体でみれば憲法改正に賛成というのは過半数です。でもそれは、例えばプライバシー権とか環境権などを憲法に盛り込むために改憲するんだというようにまやかしの議論をして改憲の機運を作ろうとしているのに、どっちかというと引っかかって改憲に賛成ということになるわけです。それでも、九条を改正するかどうかということになると、やはり、過半数は九条を変えるなということになるのです。総選挙ではそういうことが反映されたんだろうと思います。
   それと同時にオバマ米大統領が、アメリカは核を使用した国として核廃絶に道義的責任を持っているという演説をプラハで行いました。そのことから、更にいま世界的に、非核、核兵器をなくそうという方向へ世界の政治が動いています。しかし、新しく政権についた民主党のなかには、まだ憲法九条の問題で揺れてる部分があるわけです。新しく防衛大臣になった北沢俊美という人が、インド洋での給油活動を続けた方がいいんじゃないかとか、それがダメならソマリアの海賊対処行動を行っている艦船に給油したらどうだ。あるいは、ソマリアの平和維持軍のなかに自衛隊員を何人か、軍隊ではなく連絡要員としての参加ならどうか、などと言い出しています。そういうような形で民主党の中でも未だ揺れております。
香嵐渓のもみじ   さらには、社民党、国民新党と連立政権を作ったんですが、その連立政権の三党合意のなかにですね、こういう条項があるわけです。唯一の被爆国として日本国憲法の平和主義を初め、国民主権、基本的人権の三原則の遵守を確認するとともに、憲法の保障する諸権利の実現を第一とし、国民の生活再建に全力を挙げる、こういうことを云っているわけです。
   憲法の平和主義を守ると云っていますが、九条を守るってことを明確に云っていないわけです。ところが、民主党の小沢幹事長は、国連の決議があれば自衛隊をPKF(国連平和維持軍)へ派遣することも考えるってことを云ってるわけです。PKOでなく、PKF、つまりFORCES、軍隊へ派遣するということです。
   もっと九条をちゃんと守れ、集団的自衛権の発動っていうのは憲法上出来ないんだってことで、みんなの声をもっと大にしていくことが今必要になっているんじゃないか、そういうせめぎ合いの状況が起こっているんじゃないかというのが情勢の特徴だと思います。
   続いて櫛田事務局長から活動方針の提案が行われました。



かってな憲法解釈を許すな


全部で12項目上げております。そのうちの「3.自公政権に代わった民主・社民・国民新党による新連合政権の動きに注目し、国会が、国民投票法にもとづく憲法審査会の始動をさせないよう活動します。」は今回新しく付け加えたものです。
   来年5月には国民投票法の規定で、いつでも改憲発議ができる状態になります。今は改憲の動きはなりを潜めていますが、来年の5月以降、あるいは7月の参議院選挙で、改憲派が過半数を取れば表面に出てくるということも十分あり得ると思います。そういう点で、今は改憲の動きがないからと安心することは出来ないと私は思っています。
   その他については従来の方針とあまり違いません。ただ、「2.集団的自衛権をはじめとする解釈改憲による九条改悪を許さないよう活動します。」は大切です。
真っ赤になった南天の実  海外で自衛隊が武力行使を含めた活動をすることは、いまは憲法上の制約があります。でもこの憲法解釈を法制局ではなく、政治家が判断すればいいという動きが最近あります。
   憲法解釈はこれまでも、時の政権に有利なように内閣法制局によって行われてきました。しかし、それでもその解釈改憲には一定のつじつま合わせの制約がありました。それが政権を構成する政治家のかってな解釈で九条がどうにでもなるようなことになると、とんでもないことになります。
   明文改憲はしないけれども、中身はどんどん骨抜きにしていく。これは、警察予備隊から一貫して今日までつづく歴史だと思いますので、その点では注意深く見守っていく必要があるかと思います。
   続いて、決算報告と会計監査報告が行われました。

   2009年度の一般会計から報告します。
   私たちの会を一年間運営していき、その間にカンパもなく、事業会計からの繰入もないと仮定すると、年間13万円から15万円程度の赤字になります。その赤字分をカンパと事業会計からの繰入で補うという財政構造になっています。
   昨年度はカンパをたくさんいただきました。255,880円いただきました。心よりお礼申しあげます。このカンパのおかげで事業会計からの繰入をせずに黒字決算をすることが出来ました。カンパについて、詳細に報告しますと、1グループから9万円いただきました。1万円カンパして下さった方が5名いらっしゃいます。9千円が1名、5千円が8名、3千円が11名、2千円が10名、千円が12名の方です。合計、47名と1グループから貴重なカンパをいただきました。
紅葉したナナカマド   この結果、単年度でみて136,195円の黒字となり、次年度に208,492円繰り越すことが出来ました。
   事業会計では、「改憲論のトリックを斬る」のパンフは完売しました。今は、学習会のDVD販売が主力になっています。1年間で86枚のDVDを販売しました。
   一般会計への繰入がなかっので、利益分はそのまま来年度の繰り越しになります。

   そのあと、会計監査から監査報告がありました。
   議案は一括して採決が行われ、拍手で採択されました。

   その後、役員改選が行われ、全運営委員が次年度も引き続き運営委員として頑張ることになりました。 その後、代表運営委員の選出が行われ、これまでの4氏、大西文一郎氏、沖野皓一氏、野原仁氏、大西五郎氏に加え、「田母神発言と15年戦争への道」で講師をしていただいた、下島光男氏が新たに選任されました。

   最後に運営委員会からアピール文が提案され、大木捷代さんによって朗読されたあと拍手で確認して本日の総会は全日程を終了しました。



総会「目次」に戻る