東海放送人九条の会第4回総会アピール

「九条守れ」をいつでもどこでも声を大にして



  九条の会が全国で次々に生まれています。九条の会の講演会などの行事に参加する人も増えていることが全国の九条の会から報告されています。つしま、かにえ、さやの3つの九条の会が合同で行った品川正治さんの講演会に津島市と蟹江町、それにそれぞれの教育委員会が後援し、津島市の副市長や蟹江町の元町長が参加するなど、保守系といわれる人の間にも九条の大切さが浸透しています。私たちの会でも、九条署名は訴えれば誰でも応じてくれると1人で200人近い人の署名を集めた経験も生まれています。
   先の総選挙の結果、憲法改正推進派の「新憲法制定議員同盟」の大物議員が多数落選しました。新しい国会議員の過半数が憲法9条は変えるべきではないとアンケートに答えています。新しく政権についた民主党・社民党・国民新党連合政権では、鳩山首相、岡田外相はインド洋での多国籍軍への自衛艦による給油活動を延長しない方針を示しています。
   「九条を守るべきだ」という世論が選挙を通じてこのような結果をもたらしたのだといえます。
   九条の会は日本だけではなく、カナダ・バンクーバやスリランカ、韓国などにも広がっています。アメリカの復員軍人の間で「九条を合衆国憲法に」という署名運動も起きています。スペイン領カナリア諸島のグランカナリア島には「ヒロシマ・ナガサキ広場」が設けられ、そこにスペイン語の九条の碑が掲げられています。
   さらに、アメリカのオバマ大統領は核廃絶を世界に訴えています。オバマ大統領は「話し合いによる平和」を唱え、ブッシュ前政権の覇権主義から国の方針を大きく変えようとしています。世界の2000の市が参加する平和市長会議は広島・長崎の市長の呼びかけた「2020年までに世界から核兵器をなくそう」という決議を採択しました。核爆弾による悲惨な被害を受けた日本が生み出した「日本国憲法第九条」は世界の指標になろうとしています。
   しかし、日本国内にも北朝鮮に対しての先制攻撃論や田母神元空幕長のように核武装を唱える勢力も根強く残っています。憲法改正の手続を決め、国会で改正論議が解禁される国民投票法の施行が来年5月に迫っています。鳩山首相は今は憲法改正を口に出していませんが、元々憲法改正して自衛軍を持てるようにしようということを主張していました。鳩山首相が「憲法改正」を言い出せないように運動を広げていく必要があります。
   この第4回総会を期に、これまで以上に、いつでも、どこでも、「憲法九条を守ろう、生かそう」という声を大にしていくことを確認しましょう。


2009年11月14日

東海放送人九条の会 結成3周年・第4回総会



総会「目次」に戻る















四季桜