結成3周年記念講演のタイトル

2009.12.9   大西五郎  



  第四回総会の後、総会と同じ会場で記念講演会を行いました。今年も愛知大学九条の会と共催で、演題は「イスラームの求める平和とは〜誰がイスラームを<敵>に仕立てたいのか」。講師は愛知大学国際コミュニケーション学部の鈴木規夫教授(イスラーム研究者)でした。



イスラームとは


講師の鈴木規夫先生

講師の鈴木規夫教授
   <愛知大学コミュニケーション学部> 

  日本では「イスラム」と呼ばれてきましたが、最近はアラビア語の発音に忠実に「イスラーム」というのが正しいとされるようになりました。
   「イスラーム」というのは「唯一神のアッラーへ絶対帰依すること」という意味で、「絶対帰依する人」を「ムスリム」と呼びます。「イスラーム教」「イスラーム教徒」という呼び方は西欧の人たちが便宜的に名づけて呼んでいる言葉なのです。
   イスラームはサラーム(平和)とも意味がつながっており、イスラームのひとたちがあいさつとして交わすアッ=サラーム・アライクンは「あなたに平安あれ」という意味です。



世界は一つになるという信仰


  最近キリスト教世界とイスラーム世界の「文明の衝突」というようなことが言われますが、イスラームの教えの中からは「文明の衝突」論は出てきません。 もみじ イスラームではアッラーが唯一でありながら99の名前を持つ(様々な姿になって現れる)と考えられていますが、「一の中の多と多の中の一」というとらえ方をします。ですから、現在いくつかに分かれているかのように見える世界文明も、それぞれの多様性を持ちながらいずれは一つのものになっていくと考えています。ムスリムの人たちは礼拝、断食、喜捨など独自の生活規範を持っていますが、相手にそれを押し付けることはしません。
   つまりムスリムの人の発想からすれば、いずれこの世のすべての人がイスラームに帰依することになる、それは力で達成するものではないと考えています。「イスラーム=テロ」というのは作られたイメージなのです。ではなぜそのようのイメージが作られたのか、誰が作ったのかが問題です。



「イスラーム過激派」はイスラームの鬼っこ
――アメリカによって作られた――


  イギリスのBBCが制作し、英国アカデミー賞を受賞し、日本でもNHK―BSで放送された「"テロとの闘い"の真相」という番組がイスラーム過激派がどのように誕生したかを追跡しました。それによりますと、アメリカでは、聖書の文言を絶対視するキリスト教原理主義が生まれ、福音派と呼ばれますが、ベトナム侵略を支持し、共産主義への憎悪をふくんだ宗教右翼を形成してネオコンと結びつきます。一方、イスラームを守るため戦う"ジハード"に参加する戦士が「ムジャヒディン」を名乗ります。いずれも現代の行きすぎた自由主義・個人主義が社会崩壊の原因だと考えました。
   1979年末のソ連によるアフガニスタン侵攻に対してアメリカはムジャヒディンに資金と武器を提供します。このムジャヒディンの中にオサマ・ビン・ラーディンがいました。いわゆるイスラーム過激派はアメリカによって作られ、利用されてきたのです。



自爆テロはイスラームの教えに反すること


  2001年の9・11事件後、ネオコンはかつてのソ連をモデルに、イスラーム過激派を「邪悪な敵」に仕立て上げます。しかし、9・11やマドリードの列車攻撃のような無差別テロに走る個人やグループも存在しますが、「高度に組織された秘密の国際テロネットワークがいつ西欧社会を攻撃するかわからない」というのは妄想に過ぎません。
   イスラームの考え方では、人は死後アッラーの審判を受け、善い行いをした者は楽園に行き、悪の行いをした者は地獄で火に焼かれるといいます。世界貿易センターなどへの自爆テロは自殺を禁じ、劫火に焼かれることを最も忌み嫌うムスリムにとって相容れない行為なのです。



アメリカはキイスト教原理主義・新保守主義に
いかに乗っ取られたのか?


  アメリカ出身のフランスの政治経済学者スーザン・ジョージは「Hijacking America(邦訳:アメリカはキイスト教原理主義・新保守主義にいかに乗っ取られたのか?)」で、ブッシュ政権下のアメリカの政治は劣化し、急進的キリスト教右派がアメリカ型ファシズムの萌芽になっていると言います。スーザン・ジョージはキリスト教原理主義の新自由主義(ネオリベラリズム/ネオコン)の「教義」を次のように分析しています。


○ 市場による解決は国家による規制や介入よりも常に優先されるべきである。
○ 低率の税金、とりわけ富裕層のためのそれは、より大きな投資を保障し、したがって繁栄を保障する。
○ 貧しい人がいるとしても責められるべきは自分自身である。なぜなら勤労は常に報われるから。
○ アメリカ合衆国は、その歴史、理念、高度な民主主義制度で秀でており、したがってその経済的・政治的・軍事的力を用いて他国の内政に介入し、自由市場と民主主義を推進すべきである。

(この他にもいっぱいありますが、小泉・安倍政権の政策はこれと同じです。)



ムスリムはなぜアメリカのキリスト教右派の
<敵>に仕立て挙げられるのか?


  キリスト教原理主義は、ムスリムの究極的な意図が「自分たちの宗教をわれわれ全員に押しつけること」(そんなことはないのですが)であり、イスラエルでの恐るべき最終戦争(ハルマゲドン)は不可避であると考えています。アメリカ福音派は、「キリストの再臨」のためには聖地イスラエルを含む中東の大部分を支配しなければならないと考えています。
南天の実    アメリカ福音派で最も影響力のある人物といわれるティム・ヘライは、合衆国憲法修正第一条の「連邦議会は、国境を樹立し、あるいは信教上の自由な行為を禁止する法律、または言論あるいは出版の自由を制限し、または人民が平穏に集会し、また苦痛の救済を求めるため政府に請願する権利を侵す法律を制定してはならない。」の廃止を主張しています。かれらのいう「最終戦争」に備えるため、アメリカ合衆国が「国教」により統治される神政政治となり、聖書が国の最高法規となるべきだと考えているからです。
   キリスト教右派はキリストが再臨するためには、イスラーム主義者が反キリスト者としてネオリベラリストの<敵>でなければならないと考えています。したがって「テロの危機」は常時醸成されると主張します。イスラーム過激派が自爆テロという非平和的手段によって自己の存在をアピールしようとしていることはイスラームの考え方とは矛盾しますが、外部からの構造的な抑圧に抗するためのギリギリの手段であるともいえます。

   鈴木先生は最後に、イスラームは戦争のある世界をありのままに認識しつつ「地上の平和」を信仰するシステムである。イスラームは決してテロの集団ではないと強調されました。





総会「目次」に戻る