第5回総会開かれる

力を合わせてがんばろう
田川先生の挨拶を聴く総会参加者

報告:佐藤隆三 (THK-OB)    



 いつもは11月に開催していた総会が今年は会場の都合で12月になりました。12月の風は冷たい。それでも晴れ上がった青空が高く澄んでいた。会場はいつものように愛知大学の校舎をお借りしました。

愛大田川光照教授

愛大九条の会、田川光照教授

 運営委員は準備のために12時45分集合です。ところが私は30分ごろに着いてしまった。今日は愛大は休校日で回転式のドアは閉鎖されていた。しばらく冷たい風にさらされて待っていると、大西五郎さんと愛大の田川光照先生がやってきた。二人は警備員室の入口から「先生どうぞ」と言われて入って行った。ちょうどそのときやって来た水谷さんと私がまたビル陰の寒い回転ドアの前で待つことになった。しばらくしてやっと回転ドアの横の入口が開かれました。

 午後1時30分、「代表」最年長、下島光男さんの開会宣言で総会が始まり、議長に沖野皓一さんを選出しました。 来賓挨拶は愛大九条の会の事務局長、田川先生からいただきました。田川先生は、普天間問題が迷走するなか、尖閣や朝鮮問題を背景に、菅首相が拉致被害者救済のためには自衛隊を派遣しなければならないと発言したことを批判し、私たちも気を引き締めてやっていかねばならない、と挨拶されました。



この1年をふり返って


 最初の議案は「経過報告」です。事務局長の櫛田稔さんが報告に立ち、「主な活動と総括」としてこの1年間の活動を議案書に沿って説明しました。

経過報告する櫛田事務局長

経過報告する櫛田事務局長

 そのなかで、会報「東海Cue」を隔月発行し、会の活動や九条をめぐる情勢、課題をお伝えしてきましたと報告。特に10月に行ったアンケート調査の結果についてふれました。残念ながら回答があったのは140名のうちの24名と回収率は非常に悪かったのですが、一つのバロメータとして捉えています。寄せられた回答では、会報を読んでいる人がほとんどであり、編集内容についてもこのままでいいというものでした。ただ、「会員のこえを幅広く反映すべきだ」という意見もあり、今後の編集に生かして行きたいと思っていますと述べました。

 毎年4月に学習会をやっていますが、今年は大西五郎代表委員を講師に「マスコミは政治をどう伝えているか」というテーマで行いました。参加者は20名でした。そのなかで、財界に取り込まれたマスコミが明らかにされ、全国紙やテレビのキー局の報道局長や編集にかかわる人たちが21世紀臨調に多く入っているのに驚きました。また、政治報道より視聴率のとれる政局報道が主流になっていることが指摘されました。

 毎年8月には映像作品をみて語る会を行っていますが、今年は「沖縄返還と密約 〜アメリカの対日戦略〜」を視ました。これは、NHK−BS1の世界のドキュメンタリーという枠で、沖縄返還記念日である5月13日に放送されたものです。沖縄返還には幾つかの密約がありますが、この番組では、その密約に至った経緯が詳しく述べられています。また、どうような交渉の結果でアメリカは返還後の基地の自由使用を手にしたのかも詳しく検証されています。
 この番組を見た後、中日ビル屋上ビアガーデンに移動して乾杯したと報告しました。

 このあと、昨年の衆議院選挙では沖縄の普天間基地を最低でも県外に移設と約束して政権交代をなしとげた民主党政権が公約を踏みにじって、名護市辺野古への移設を日米で合意したこと。そのあとの鳩山由紀夫首相の降板、菅直人新首相も日米合意を遵守すると発言して沖縄県民の期待を裏切ったこと。それに対して沖縄県民の闘いが拡がり、普天間基地を人間の鎖で結んだことの報告がありました。



今、情勢は凄く動いている


 次に大西五郎代表委員から憲法をめぐる情勢についての報告がありました。

情勢報告する大西五郎代表運営委員

情勢報告する大西五郎代表運営委員

 大西さんは、最初に九条の会の運動が拡がってきていることを取り上げ、また一方ではなし崩し的に九条を変えていく動きも強まっていると指摘しました。
 今は情勢が凄く動いています。武器輸出三原則見直しという問題がありましたが、政府は最初防衛大綱の見直しのなかに書き込むという方針を出しました。しかし、国会の情勢がおかしくなって社民党の協力を得なければならないので防衛大綱に書き込むのは諦めました。ところが10日の新聞によりますと、防衛大綱に「見直す」と書き込むのはやめたけれども、非核三原則の「見直しを研究することは必要だ」と書き込むと報道されています。
 最近、菅首相は朝鮮で、もし何らかの動乱が起こった場合には自衛隊を韓国に派遣して邦人の保護にあたると発言しています。初めは拉致されている人を連れ戻すために38度線を越えて北の方まで行くと言っていました。ところが反響が非常に大きいものですから、昨日の段階になって、韓国にいる邦人を保護するんだと言い換えています。
 最近の民主党政権というのは自民党政権がやれなかったようなことまでどんどんやっていくという、憲法「改正」の勢力としては自民党よりむしろ民主党の方が問題じゃないかと言われる状態になっています。

 こういう状況ですが、私たちの「九条まもれ」という運動はいろんな形で拡がっています。  毎年12月8日に行われる「平和のともしびウォーク」という行動があります。昭和区九条の会が呼び掛けて始まった行動ですが、今年は500人以上の人が参加して、朝日新聞が3段抜き、写真つきで紹介しています。そういう風に九条の会の運動が社会的な現象として認められるような事態も一方で起こっています。
 なし崩し的な改憲と闘い、向き合っていくうえで九条の会の運動を大きく拡げていくことが一番重要だ、そういう情勢じゃないかと思います。



坂東弘美さんの朗読でアピールを採択


 つづいて、水谷芳孝事務局次長から活動方針案が説明されました。

活動方針を提案する水谷芳孝事務局次長

活動方針を提案する水谷芳孝事務局次長

そのなかで、水谷さんは、 「アメリカが一番気にしているのは憲法九条です。九条があるから無理難題も抑えられているという歴史的な経過もあります。一般市民が憲法九条を守るというこの運動を地道に進めることが、政権政党があっち行ったりこっち行ったりすることの歯止めになるので会の活動にご協力をお願いします」と述べました。

 議案の最後は会計報告です。今年度は事業会計からの繰入を必要としないほどカンパが集まりました。48名の方から総額で16万7千円のカンパを頂いたことは運動を進める上での大きな支援になりました。特にカンパの元が貴重な年金です。それだけにありがたみもひとしおです。ぜひ、来年度もカンパで運動を支えて下さいという訴えが佐藤会計担当からありました。
 会計監査報告は、阿部富五郎さんが体調を崩し出席出来なかったため、議案書に添付された監査報告書での報告となりました。

 議案は討議のあと一括で採決され、全員が拍手で承認しました。

 そのあと役員改選に入り、現運営委員が全員留任しました。なお、会計監査の阿部富五郎さんは体調不良のため辞任され、後任には井上鉄郎さん(CBC-OB)が選出されました。

 新役員を代表して大西五郎さんが、選任された代表運営委員と、運営委員、事務局体制について紹介しました。全員再任ですが、事務局長と事務局次長については少し含みがあります。櫛田さんがずっと事務局長をやってきたのですが本人からそろそろ交替して欲しいという要望がありました。それで、この1年はこの体制で行きますが、水谷さんに引き受けて貰えるような体制をこの1年間で作っていこうということを含みにして櫛田さんに留任してもらいました。
 また、佐藤が広報を担当し、立松さんが会計を担当することも報告されました。

 そのあと、中京テレビだけでなく中国の北京放送でもアナウンサーをしていた坂東弘美さんによってアピール文が朗読され、「今こそ憲法9条守れの旗を高く掲げよう」というアピールが全員一致で採択されました。

 最後に大西文一郎代表運営委員が閉会の挨拶をしました。このなかで大西さんは、「いま憲法改悪の非常に危険な状況に入ってきてると思います。我々九条の会の役割もこれから益々重要になってきます。皆さんと力を合わせて頑張っていきたい」と挨拶して総会は滞りなく終了となりました。今日の総会参加者は全部で19名でした。



選任された第5期の運営委員は以下の通りです。(敬称略)

第5期運営委員

代表
 運営委員

大西五郎、下島光男、沖野皓一、大西文一郎、野原仁

運営委員

櫛田稔(事務局長)、水谷芳孝(事務局次長)、立松清隆(会計)、佐藤隆三(広報)

安田昭雄、岩田孝行、水野磯子、坪井龍雄、穴澤仂、大木捷代、馬渕英行、浅倉敬幸、 吉野源一、諏訪誠彦

会計監査

井上鉄郎



総会で新しい運営委員が選任されました

総会で新しい運営委員が選任されました



総会「目次」に戻る