総会報告のタイトル

報告者: 佐藤隆三 (THK-OB) 



新しい工夫した運動が広がるも「せめぎ合いの状況」


 11月26日、第6回総会が栄1丁目の愛知県青年会館3階第12会議室で行われました。この日は青空が拡がっていましたが、風が冷たく、冬の兆しを感じさせる日です。

沖野晧一代表運営委員

総会議長を務めた沖野晧一代表

 総会は予定通り午後1時15分に大西文一郎代表運営委員の開会宣言で始まりました。大西代表から総会議長に沖野晧一代表が推薦され拍手で承認されて沖野さんが議長を務めました。
 来賓挨拶は愛大の垣内先生からいただきました。垣内先生は改憲問題が、震災や原発事故、TPPなどの陰に隠れているが、憲法の条文そのものを変えず実質的な改憲が行われつつある。特に、海上自衛隊がアフリカに基地を造ったことや、南ソマリアへのPKO派兵問題など、カオスな状況にあると挨拶されました。


経過報告をする櫛田事務局長

経過報告をする櫛田事務局長

 そのあと櫛田事務局長がこの1年の経過報告を行いました。そのなかで秋に行われた「浜岡原子力館見学ツアー」ついて触れ、これまで戦跡めぐりを何度かやったが参加者が10名を超えることがなかった。ところが今回は大勢の方の参加を得てとてもよかったと報告しました。雨で中日ビアガーデンから「嘉文」に変更になった納涼懇親会も嘉文の方が静かでゆっくり話し合うことが出来た。会報では会員紹介が企画され、それまで知らなかった会員のいろいろなことを識ることができ、もっと早くからやっていればよかったという報告もありました。


情勢報告をする大西五郎代表

情勢報告をする大西五郎代表

 続いて大西五郎代表から情勢報告が行われました。最近は九条をめぐる情勢がめまぐるしく動き、議案書に書いた情勢では追いつかないため新たに文書で情勢が追加され、それも含めた情勢の特徴が説明されました。震災復興やTPPに目が向けられている背後で衆参両院で憲法審査会の委員が選任され、改憲のスタートが切られたことや、国会議員の過半数の賛成で改憲発議ができるようにする憲法96条改正を目指す議員連盟の動き、紛争が予想される南スーダンにPKOとして施設部隊を派遣することとそれに伴う武器使用基準の緩和の動き、更には、集団的自衛権の行使となる米軍機への空中給油実施の覚書が交わされたことなど改憲を策謀する動きが強まっていることが報告されました。
 そのあと、活動方針と会計報告が行われ、議案の審議に入りました。
 まず司会の沖野さんから最近、中国の軍事力に関連した報道がちらちらと出て、それが議論を広げるのではなく、いかにも憲法が邪魔だという風潮を作ろうとしている。また、身近な問題では、地域の公民館や公的な建物で、九条の会が使用を申し込むと妨害というか敵意をもって対処してくる。建前としては政治団体や、政治的なもの、宗教的なもの、物品販売の3つは原則として貸さないというのだが、それが条例や規則ではなしに、恣意的な判断でなされる。そのようなことが身の回りで増えてきていると指摘がありました。
 そのうえで身近な問題提起も含めて会場の発言を求めましたが、特に発言もないので、司会者からの指名で、大西五郎さんが愛知における九条運動の拡がりを報告しました。
南天の実  特徴は、新しい工夫をした運動が広がっていることです。
 岩倉九条の会では「九条酒場」といって、会員のところにつまみを持ち寄って、そこでお酒を飲みながらいろんな議論をする。
 尾張旭九条の会では、会報に載った戦争体験記を1冊の本にまとめ販売している。
 中川区には九条の会が3つあります。これまでは別々の活動だけでしたが、昨年の7月に合同で集会を開きました。
 瀬戸市には九条の会がたくさんありますが、一つにまとまった活動が行われています。
 私たちは昨年知多半島戦跡めぐりをしましたが、ホームページを見た知多の教員九条の会の人から問い合わせがあるなど、お互いの運動が連携を深めています。
 今年、愛知県下で九条の会が5つ生まれました。
 改憲派が動きを強めているが九条の会も運動を強めていて、今や「せめぎ合いの状況」になっているというのが現在の状況ではないかと思います、と報告されました。

 つづいて穴澤仂さんから岩倉九条の会の活動について報告がありました。
もみじ  岩倉九条の会は8月に平和集会、12月は結成月なので総会と2つの大きな節目があります。その間、今年の秋には愛知県の戦跡めぐりで、瑞浪にある戦争中の地下軍需工場の遺跡を見学してきました。
 また、5つの小学校区で地域の班をつくろうと手探りしています。日常的な情報交換の場として「九条酒場」を開いております。お酒の飲めない人もやってきます。11月は沖縄問題の酒飲み会になりました。たいへん勉強になりました。
 会員数は千名ぐらいで、毎月発行する会報で千人突破を目指しています。岩倉の街は小さいんですが、それでも千人の会員の顔がよくわかんないです。ポストに会報を放り込むだけでは判らないので、顔の見えるような九条の会にしたいのですが、そこまで到達しきれていません。
 わりあい休み無しに活動しているのですが、ただ、この程度の活動でいいのかというのはみんな持っています。手探り状態というところでしょうか。

 そのあと、水野司郎さんが瀬戸市の菱野九条の会の活動について紹介しました。
 A3で2ページの活動報告を菱野団地7500世帯に全戸配布しています。これまで発行したものを1冊に再編集して、事務局の方が、先日の東京での全国交流集会に持っていきました。非常に評判がよく飛ぶように売れました、とのこと。

 九条の会は確実に勢いを増しています。しかしこの程度の運動で憲法9条を守り切れるのかという切実な情勢にあることも浮き彫りにしました。

新事務局長の水谷芳孝さん

新事務局長の水谷芳孝さん

 このあと次期役員の選出が行われ、続いて第1回運営委員会があり、下記のような体制で1年間がんばることになりました。

 退任されたのは坪井龍雄さんと吉野源一さんです。また、高橋俊次さんは病気回復により復帰です。
 かけがえのない憲法9条を守るために全会員が一丸となって取組みを強めていきましょう。
 最後に「総会アピール案」が高橋俊次・運営委員の朗読で提案され、全員一致の拍手で確認されました。

 総会後に、第2部として愛知大学九条の会と合同で講演会を開催しました。講演内容は今の憲法上の危機を判りやすく教えていただくものとなりました。



関連記事

    注目  第6回総会アピール

    注目  第6回総会議案書



選任された第6期の運営委員は以下の通りです。(敬称略)

第6期運営委員

代表
 運営委員

大西五郎(企画)、下島光男、沖野晧一、大西文一郎、野原仁

運営委員

水谷芳孝(事務局長、印刷)、櫛田稔(事務局次長、物販)、立松清隆(会計)、佐藤隆三(広報)、岩田孝行(物販、会場手配)、安田昭雄(印刷)、水野磯子、高橋俊次、穴澤仂、大木捷代、馬渕英行、浅倉敬幸、諏訪誠彦

会計監査

井上鉄郎



第6期運営委員


総会「目次」に戻る